« 淀川 当たり竿 | トップページ | 淀川 納得のサイズ »

2024年4月30日 (火)

紀の川 第21回紀の川鯉釣り大会

21回目を迎えた紀州野鯉の会の一大イベント、紀の川鯉釣り大会。
この大会は紀の川全域が対象となる年に一度の大会で、各自思い思いの場所で奮闘。
駄目元は狙い通りのスタート。
その後に自らが招いた後悔と、ようやく訪れた安堵。
まぁ、何だかんだと楽しい大会でした V(^0^)

20240429_132711

コロナの影響で従来通りの大会となったのは3年ぶり。
日程は28日(日) 0:00から29日(月) 12:00まで。
そこで駄目元は優勝の確率が高い小田井の堰を選び、27日(土) の 17:00過ぎには竿出し。
そして3本の竿のうち1本は、竿先にエサを置くといった感じ。
そこは明るいうちはエサが丸見えになる、護岸の一部が棚になっている部分。
しかし夜になると絶対に鯉が寄ってくると確信しているんです (^ー^* ) フフ♪

すると暗くなった 19:00頃にセンサーが反応。
車から出ると遠くから聞こえてくるクリック音。
当たったのは狙い通りの、あの棚狙い。
竿を持つと、まぁそこそこ。
久しぶりの夜中の釣りにドキドキしながら釣り上げたのは79cm
まさに「どうだ」ですね V(^0^)

20240427_190657

その後3人のメンバーがこの護岸にやって来て、最終的には7人が集合。
やはりこの場所は優勝の確率が高いだけに、誰もが狙ってくるんですよ V(^0^)


さてさて・・・・
日付が変わっていよいよ大会がスタート。
すると 00:20頃、幸先良く駄目元のセンサーが反応。
当たったのは、またまた棚狙いの竿。
まさに狙い通り (^ー^* ) フフ♪

そして上がってきたのは71cm
おそらく大会第一号だと思うものの、このサイズでは優勝は無理。
ちなみにこの大会は最後に検寸場に持ち込まなければならないものの、迷うこともなくリリース。
何たってここまで狙い通りに事が進むと、直ぐにサイズアップが釣れるさ。
大丈夫・大丈夫 (^ー^* ) フフ♪

20240428_163849

その後はアタリが無いまま夜明けとなり、
時間ととも宴会状態。
釣りの事を忘れない程度に、アルコールが進む・進む。
これがまた楽しい。
しかし全くアタリが無い。
でも大丈夫。
夜になれば棚狙いで釣れるさ!
そう確信していても、この一帯で誰一人アタリが無いとチョット不安。
もしかしてこのまま、幻の71になってしまうのかな? ヾ(--;)オィオィ

ちなみに他の場所では爆釣しているメンバーや、その真横で全くアタリが無いメンバー。
早くから対象魚をキープしているメンバーなど、それぞれが悲喜こもごも。
とにかく駄目元は夜に賭けているのさ! V(^0^)

それまでの疲れが溜まったのか、いつになく早めに寝ていた駄目元。
すると 21:15頃に待望のセンサー。
車から出ると心地良いクリック音。
やっぱり夜だな。
ところが竿の場所に行くとクリックが無く、残念ながらのバラシ。
あぁ~~、せっかくのチャンスが・・・・
いや、まだ大丈夫。
紀の川の神様。
お願です、釣らせて下さい (^^ゞポリポリ

すると願いが通じたのか、最終日の 02:00頃にセンサーが反応。
叩き起こされた駄目元は気が焦って何かとバタバタ。
その間も延々とクリック音が鳴っている。
おそらく100m以上は出されたか?
ライトに照らされるラインの角度から、かなり遠くまで走って行ったのが分かる。
これは絶対にものにしなければ! (^○^)ファイト!!

鯉の抵抗はそこそこ。
ただいくらラインを巻いても、まだまだ遥か先。
そのうちにこちらに向かって走ったのでしょう。
急に軽くなり、まるで針外れのような状況。
不安な気持ちが入り乱れるなかようやく掛かっている事が分かると、後は超安全モード。
決して無理をせず大事に取り込んだのは78cm
有無を言わさず、これは絶対にキープです (^^;)ツ アハハ

20240429_135132

そのまま夜が開け、近くの状況を視察。
どうやらこのままだと、駄目元の優勝は無理みたい。
でもまだ時間はある。
一発逆転が起こる可能性だってある。
川の状況は前日までとはうって変わり、良く鯉がもじっている。
チャンスはある。
しかしエサが持たない。
おそらくはガメラの仕業でしょう。
困った奴らだ ( ̄へ ̄|||) ウーム

すると 11:00頃にTみさんのセンサーが反応し、駄目元を上回るサイズをゲット。
やっぱり諦めてはいけない。
あと1時間、何が起きるか分からない。
しかしアタリは無く、そのまま終了。
あぁ~~あ、今年も優勝は出来なかった o(._ . )o ショボーン

20240429_144354

結局は爆釣していたF井さんが88cmを釣り上げて優勝。
その隣でたった1本だけ釣り上げたI尾さんが、82cmで準優勝。
終了1時間前に80cmを釣り上げたTみさんが3位。
駄目元は訳ありで5位。
何故なら80台をキープしていたのに、逃がしてしまったメンバーがいるから。
ほんと、最後まで何が起きるかわかりませんね。
何なら駄目元の上全部、逃がしてくれたら良かったのに (^0^)/ ギャハハ


|

« 淀川 当たり竿 | トップページ | 淀川 納得のサイズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 淀川 当たり竿 | トップページ | 淀川 納得のサイズ »