« 三方五湖 今年はボーズ | トップページ | 淀川 心も小春日和 »

2021年11月14日 (日)

紀の川 第59回一本勝負鯉釣り大会

59回目を迎えた紀州野鯉の会恒例、一本勝負鯉釣り大会。
今回は一泊二日の日程で参加者は4名。
そしていつものように宴会がメインながらも、珍しく釣果の方もなんとかかんとか。
とにかく今回も楽しい大会でした V(^0^)

Dsc_0823

大会は13日・土曜日の 10:00から14日・日曜日の 12:00まで。
場所は通称クラダシ。
現地には 9:00過ぎに到着し早速下見をしてみると、思っていた場所に鯉の姿が。
但しサイズ的にはちょっと不満。
それに宴会場所から離れているのがネック。
それが一番の悩みどころなんだよな _(^^;)ツ アハハ

そして最終的に選んだ場所は、なんと欲張って二ヶ所。
ひとつは宴会場所の目の前に2本と、あと1本は100mほど離れた最初から目を付けていた場所。
駄目元的には保険を掛けたつもり。
要するに優柔不断なんですよ _(^^;)ツ アハハ


場所さえ決まれば、あとはさっさとセッティング。
最初の仕掛けを投げ入れたのは 10:45頃。
まずは宴会場所前の2本から投げ入れ、その後100mほど離れた1本を。
そして3本とも投げ終え宴会場所へと戻って来たまさにその時、ピッと1回だけセンサーが反応。
まだ受信機のアンテナを付けていない状態で動作が不安定なだけに、「えっ、なに」状態。
すると目の前の竿からクリック音がジィィィ~~~!
その時F川会長が車で何処かへ行こうとしていたので慌てて、
「来た来た来たぁぁぁ~~~!」
と思わず大声で連絡。
その声にS司さんから、
「嘘やろ、ほんまか」
と疑いの声。
釣り初めておそらく5分以内。
そらそう思うでしょうね _(^^;)ツ アハハ

手応えからすると明らかに本命、されどサイズ的にはちょっとね。
ただここは地元の某鉄橋とは違い、あまり根掛かりがないだけに余裕・余裕。
そして幸先良く上がってきたのは70cm
このまま逃げ切れるサイズではないものの、とにかく久々の釣果だぜ! ъ( ゜ー^) イェー♪

Dsc_0816

ところが喜びもつかの間。
30分と経たないうちにF川会長のセンサーが反応。
駄目元的には嘘やろ、止めてくれの心境。
しかしそんな願いも虚しく、相手は明らかに本命。
そして姿を表した時にはサイズアップを確信し、その後の計測の結果は76cm
あ~~あ、駄目元の天下は30分で終わってしまった (_ _。)・・・シュン

Dsc_0821

ところでこのF川会長。
駄目元が釣ったあとに逆転って、これで何回目かな?
相変わらずKYな人だわ _(^^;)ツ アハハ


その後 12:30頃にF川会長が62cmを追加し今日は調子が良いと思ったものの、アタリはそれ以降バッタリ。
こうなると完全に宴会モード。
そのうちにT中さんも遅れてやって来て、これで全員集合。
当然アルコールが進むってもんですよ _(^^;)ツ アハハ

Dsc_0830

そのまま日が暮れ、辺りは一気に寒くなってくる。
こうなると暖を取るため当然のように焚き火。
ここのメンバー達、ほんとに焚き火が好きなんですよ _(^^;)ツ アハハ

Dsc_0831

焚き火の効果もあり、宴会は益々盛り上がる。
そして皆がかなり出来上がっていた 22:40頃、突然S司さんのセンサーが反応。
誰もが嘘やろう見たいな状態で見守っていると、ライトに照らし出された魚体は優勝を争うサイズ。
そして釣り上げた魚体を改めて確認すると、明らかにサイズアップ。
注目の計測の結果は81cm
あ~~あ、やられちゃった。
80台ともなると、もう逆転は無理だわ (/・_・\)アチャ・・

Dsc_0837


その後は何事もないまま大会二日目の朝。
辺りが明るくなってからまずはエサ替え。
それから暫く経った 7:00頃、F川会長のバイトアラームが時々繰り返すようにピッと反応。
ゴミか、それともガメラか。
暫く様子を見ていたものの、竿を上げてみればその先には63cmの本命。
居喰いってやつですかね。
更には 8:30頃にまたまたF川会長。
しかし今回は根に巻かれてしまい万事休す。

Dsc_0840

それを最後にアタリはなくなり、そのまま大会は終了。
これでS司さんの2大会連続、5回目の優勝が決定。
おめでとう御座います V(^0^)


さてさて・・・・・・
今回は4人で11本の竿を並べ、実釣時間は25時間。
結果は5本。
少ないような妥当なような。
そんな事よりも個人的には1か月ぶりの釣果。
やれやれですよ _(^^;)ツ アハハ

|

« 三方五湖 今年はボーズ | トップページ | 淀川 心も小春日和 »

コメント

つるたろうさんへ

釣れたからOKです。
欲を言えばきりがないので。
それにサイズは後から付いてくるもの。
でもやっぱり悔しいですね(笑)

一本勝負は言われる通り一人一本です。
でも泊まり込みの時は特別ルールでフリーなんですよ。

投稿: 駄目元 | 2021年11月16日 (火) 22時09分

お疲れ様でした、何となく目の前まで
寄せたのに逃げられた???(賞)と言う
ところですね・・・?
でも釣果があってよかったね!

一本勝負は竿を一人1本だけでなかったのでは?
 

投稿: つるたろう | 2021年11月16日 (火) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三方五湖 今年はボーズ | トップページ | 淀川 心も小春日和 »