« 紀の川 第18回紀の川鯉釣り大会 | トップページ | 久々の京都観光 »

2021年6月27日 (日)

淀川 呪縛が続く

2週間ぶりとなる地元の某鉄橋。
有難くも適度にアタリをもらい本命も無事にゲット。
でも目標からは遠ざかる一方で、なかなか思うようにはね。
まぁ、これが現実だ _(^^;)ツ アハハ

Dsc_0598

地元でのメーターオーバー。
なぁ~~んてな事は夢のまた夢。
現時点では90どころか、80が大きな壁になっている有り様。
早くそんな呪縛から逃れたい。
釣れる時はいとも簡単に釣れるんだけどな _(^^;)ツ アハハ


26日・土曜日。
例の如く夜明け前に現地に到着。
いつものように "母屋" に1本と "離れ" に2本の竿をセット。
自家製ダンゴと大豆の喰わせで釣り始めたのは 5:00前。
すると 5:15頃に早くもアタリ。
偶然竿先が絞り込まれるのが目に入り、そのままセンサーと心地良いクリック音。
いきなり来ましたよ ( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

当たったのは "母屋" の方で直ぐに竿を持ち状況判断。
どうやら根掛かりは回避したみたいで、まずは第一関門をクリア。
しかし手応えからすると、それほど大きくはない。
頑張って抵抗してくるものの、パワーでは明かに勝負あり。
適度にあしらいながらゲットしたのは70cm
やっぱり想像通りでしたね _(^^;)ツ アハハ

Dsc_0600

こんなに早くも本命が釣れるなんて、あとは余裕・余裕。
まだまだ時間があるので、もう1本ぐらい釣れるかな?
なぁ~~んてね _(^^;)ツ アハハ

すると 6:30過ぎに突然のセンサーと共に心地よいクリック音。
当たったのはまたまた "母屋" の竿。
そこに偶然居合わせる顔見知りの人達。
なかなかのグッドタイミングだけに、多少期待する事もあって・・・・・・
さぁ~~てと、どんな大物が掛かっているんだか (^ー^* ) フフ♪

期待をしながら竿を持つと、手応えは残念ながらいまいち。
ギャラリー達は大きいのかと騒ぐものの、小さいとしか答えようがない駄目元。
そして姿を見た時はゴボウ抜きかと迷ったほど。
結局そんな無茶は出来ずに大事にタモに納めたのは54cm
あ~~あ、ちっちゃいな ヾ(--;)オィオィ

Dsc_0602_20210627213001

この日は曇り空のうえ気持ちの良い風が吹き、イスに座っているだけの身には居心地の良い状態。
これだと暑さに耐える事もなく、のんびりと昼まで過ごせる。
それまでにはもう1回ぐらいアタリが来るかもね (^ー^* ) フフ♪

すると 9:30頃に突然のセンサー!
但し今回はクリック音がなく、直ぐにはアタリ竿が分からない。
いつも受信機の竿番号を確かめないので、時々こういう事が起きるんです ヾ(--;)オィオィ

まず目の前の "母屋" の竿には異常なし。
となれば当たったのは "離れ" という事になり、タモを持ち駆け出す駄目元。
一方でクリック音が無いのは空アタリか、それとも既に根掛かりか。
そんな不安を抱えながら竿を持つと、何かが付いているものの全く引く素振りがない。
これはひょっとしてガメラなのかと嫌悪感が。
結局上がって来たのは40cmオーバーのフナ。
まぁ良いか、3回もアタリを貰えたんだから _(^^;)ツ アハハ

その後はアタリも無く 12:00前に撤収作業に取り掛かろうとしたまさにその時。
突然のセンサーと心地良いクリック音。
当たったのは "母屋" の竿で今日一番の手応え。
但し80に届くかどうか。
それでもワクワクしながらリールを巻いていると無念のスッポ抜け。
あ~~あ、またこれだ ┐(-。ー;)┌ ヤレヤレ

そして残りの竿を上げると、そこには30cmほどのフナが付いていた。
80の壁が立ちはだかるなか、何だか釣れるサイズがドンドン小さくなる。
何故なんだぁ~~~! ヾ(--;)オィオィ


結局本命が2本も釣れた事には素直に喜ぶものの、釣れたら釣れたでサイズがね。
やっぱり気になるもんです。
とりあえず80、欲を言えば90。
お願いしますよ _(^^;)ツ アハハ

|

« 紀の川 第18回紀の川鯉釣り大会 | トップページ | 久々の京都観光 »

コメント

通称ラクダさんへ

確かにこの時期が一番厄介かもしれません。
マイポイントでは比較的釣れる時期なのに・・・・・・
あとは流木などで釣り場が壊されないのを祈るだけ。
早く梅雨明けをしてもらいたいもんです。
その次は暑くて大変ですけども(笑)

投稿: 駄目元 | 2021年7月12日 (月) 20時33分

 アチコチで大雨の被害が出てますが駄目元さんの地方は大丈夫ですか?

 こちらも南部の方はいろいろ大変なようですがおかげで私の地域は大した事がなく大丈夫でした。あともう少しで梅雨が明けるんでしょうがこの時期が一番厄介ですね!

 不謹慎な事を云えば、Tリバーのポイントが藻で覆われてしまってるので大雨で川底がきれいになればいいんですが・・・。(^_^;)  魚もいなくなっては元も子もありませんが。

 小鯉の活性が収って来たらデカイのがド~ンと来るかも知れませんね!!

投稿: 通称ラクダ君 | 2021年7月11日 (日) 21時50分

つるたろうさんへ

サプライズが釣りの魅力の大きな要因だと思います。
だから予想通りの釣りが続くと飽きてしまうんです。
それって駄目元だけでしょうか(笑)

投稿: 駄目元 | 2021年6月29日 (火) 21時40分

全く同感です、釣れたら釣れたでサイズを
気にして欲をねだるのも釣り人の 常・・・?
私も今日は欲張ったがために・・・・・?
数ものびないし 大型にはそっぽを向かれ
帰宅でしたよ。

投稿: つるたろう | 2021年6月28日 (月) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紀の川 第18回紀の川鯉釣り大会 | トップページ | 久々の京都観光 »