« 甲子園でストレス解消 | トップページ | 要精密検査 »

2018年6月18日 (月)

紀の川 第47回一本勝負鯉釣り大会

47回目を迎えた紀州野鯉の会恒例の一本勝負鯉釣り大会。
今回は久しぶりに一人前夜祭を決行し、無事に本命をゲット!
更には珍しく、大会の方でも本命をゲット!
でもね、優勝はまたしても "あの人" にさらわれましたヾ(--;)オィオィ

201806007

久しぶりの紀の川遠征。
この機会に是非とも本命をものにし、更にはダービー(紀の川の仲間内の年間大物賞)も狙いたい駄目元。
その為には15(金)の夜から一人前夜祭を決行!
と行きたいものの、出来るならサッカーW杯は大画面で見たい。
ということで金曜日の夜はおとなしく我が家でサッカーを観戦し、前夜祭は土曜日から決行することに(^ー^* ) フフ♪

 

 

 

16(土)、大会場所となる小田井の堰に着いたのは 15:30頃。
幸いにも辺り一帯に釣り人の姿はなく、迷わず最下流域に陣取り4本の竿をセット。
2本はボイリー、あとの2本はダンゴに大豆とイモでスタートしたのは 16:15頃。
あとは洋酒をチビチビ頂きながら、アタリが来るのを信じるのみ! (^ー^* ) フフ♪
 
ちなみにこの日の作戦は明るいうちは遠投し、暗くなってからは2本を足元の棚狙いに変更。
夜は足元に寄って来る。
勝負はこの足元の棚。
これ、駄目元的勝利の法則。
このクソ暑いなか、明るい時間に釣れるなんて、全く思っていませんからヾ(--;)オィオィ
 
ところが 17:00前、予想に反して早くも緊急出動が発令。
と同時に聞こえてくるリールのクリック音。
当たったのは大豆の竿で、もはや ( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ状態。
手に伝わる感じは小物ながらも、まずはこれでボーズを回避。
と思っていると、急にフワッと軽くなって終了。
それでも "今晩は釣れる!" と、変に自信をつける駄目元。
頭の中では、当然のようにダービーを手にしているのです(^^ゞポリポリ
 
 
続いての緊急出動指令は 19:30頃、ようやく薄暗くなり始めた頃でした。
クリック音は前回よりも激しく、サイズアップは間違いなし。
竿に伝わる重量感からして80台を予想。
ひょっとすると本当にダービーを手にするのかもと、またまた ( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ状態の駄目元。
あとは絶対に無理をせず、確実にゲットするのみ。
だからドラグを緩めて時間をかけて取り組んでいると、おそらく悪戦苦闘しているとでも思ったのでしょう。
50mほど離れた所で釣っていた中国人がやって来て、手伝いましょかと声を掛けてくれました。
「いやいや、大丈夫ですよ」
なぁ~~んて返事をするのもなんだし、せっかくなのでタモ入れをお願いしたのは、お腹がボッテリとした74cm
駄目元の予想は大外れ。
欲に目が眩み過ぎですよね_(^^;)ツ アハハ
 
201806008

ちなみに掛かったのは、駄目元にしては珍しくボイリー。
最近は圧倒的にダンゴの方が成績が良いので、ボイリーはある意味捨て竿みたいなもの。
それだけにラッキーしました  ( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ
 
 
それからは暫く時間が開き、ゆっくりとTVでサッカー観戦。
ただ連続で徹夜をするのも無理なので、寝られる時には寝なければ。
しかし日付が変わって 01:00頃。
ようやく寝掛かった時にセンサーが反応。
しかしまたまたボイリーに来たものの、残念ながらの空アタリ。
ヾ(--;)オィオィ 空アタリなんかで、睡眠の邪魔をするなよな! (▼⊿▼) ケッ!
 
続いても、またまたウトウト状態だった 02:00頃にセンサーが反応。
早速車から出ると、今回ははっきりとクリック音が鳴り響いています (= ̄▽ ̄=)V ヤッタネ
しかし、竿を持つと元気に走るもののそれほど重量感はなく、明らかに小物。
今回イモの方に掛かったのは、予想通り60cmの小物でした_(^^;)ツ アハハ
 

201806009

これを最後にアタリはなく、前夜祭は終了。
とりあえず前夜祭では予定通り、本命をゲットすることが出来ましたъ( ゜ー^) イェー♪
 
 
 
続いて、08:00からは "付属" の大会ですヾ(--;)オィオィ
だって、昼間に釣れるとは思っていませんから_(^^;)ツ アハハ
更に残念なのは、これまでの中で最も参加者が少ない4名による大会。
それでも大会は大会。
場所決めの結果前夜祭の場所は止め、メンバー達が集まる場所にほど近い所へと移動。
そこはそこで、駄目元的には自信の持てる場所なので (^ー^* ) フフ♪
 

 
この日は真夏ほどではないものの、カンカン照りの暑い一日。
こんな時に鯉が喰ってくるなんて、まぁ無理でしょう。
ところが 11:00過ぎ、"あの人" のセンサーが反応。
「えぇぇ~~、またかぁぁ~~~」
駄目元の悲鳴のような心の叫びが届いたのか、結局は空アタリ。
そうそう、今回も "あの人" にやられるなんて、嫌じゃないですか_(^^;)ツ アハハ
 
すると 11:30頃、"あの人" が所要で場所を離れている時に、聞きなれたセンサー音が!
それはまさしく駄目元のセンサー。
しかも、遠くからクリック音も聞こえてきます。
当然 ( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ状態の駄目元。
タモを手に取り、竿の元へと急ぎ足。
"あの人" が戻って来た時に、ビックリさせてやろう! (^ー^* ) フフ♪
 
ちなみにエサはダンゴにイモ。
内心 "狙い通り" と自画自賛。
ところが竿から伝わる感触が小さい!
間違いなく本命ではあるものの、普通に考えると優勝を争うようなサイズではありません。
でもこの大会は、あの悪名高い「1本釣ったら優勝」と野次られる大会。
現に過去には40台で優勝が決まった時があったほど。
それだけにどれほど小さくても、確実にゲットするのみ。
そして上がってきたのは64cm
( ̄へ ̄|||) ウーム ・・・・・・
逃げ切るには無理なサイズだけに、あとは誰も釣れないのを祈るだけか_(^^;)ツ アハハ
 
201806010

この時点でひょっとして優勝かなと、密かに微笑む駄目元。
だってこの真昼間に、そう簡単にアタリは来ないでしょう。
ところが 12:40頃、"あの人" のセンサーが反応。
まさに "止めてくれぇぇ~~" ですよヾ(--;)オィオィ
 
やりとりしている状況からすると、どうやら良い勝負。
駄目元は内心ハラハラ・ドキドキ。
しかし姿を見た時には70前後を確信し、"またしても、やられてしまった" 的な心境。
そのサイズは68cm
駄目元の天下は1時間で夢と消えました(_ _。)・・・シュン
 
201806012

どうですか、このブログではたびたび出演している "あの人"
そうです、あの "只者ではない" F井さんです。
でも次からは、嫌がらせのF井さんと呼ぶ事にします_(^^;)ツ アハハ
 
 
この場所一帯は、80台は十分狙える場所。
それだけに再逆転は十分あり得ます。
ただし、アタリが来てくれればのお話。
ところがそれからは "嫌がらせのF井さん" の独断場。
その後ほぼ1時間ごとに2回センサーが反応したものの、2回ともF井さん。
その結果は58cmと空アタリ。
決してサイズ・アップはせず、他のメンバー達に希望だけは残してくれています。
しかしその実態は、
「こんなサイズも抜けないのか」
と、じわじわ心理的に嫌がらせを繰り返すF井さん。
悔しいよぉぉぉ~~~_(^^;)ツ アハハ
 
201806013

結局F井さんの9回目の優勝が決定。
でも駄目元も、一応大会の方でも本命をゲットしたからね_(^^;)ツ アハハ
まぁ、ダービー狙いには程遠いサイズですが、駄目元なりには楽しめましたV(^0^)
 
 
さてさて・・・・・・
毎年のことながら、この時期の紀の川遠征が終わると、駄目元の鯉釣りは実質的には夏休み。
いやいや、一応釣りには行きますよ。
でもボーズの連続が待っているだけ。
暑いし釣れないし・・・・・・
まさに釣れたらラッキーなんですよ(⌒▽⌒) アハハ!
 

 
<追記>
あとで気付いたことなんですが、駄目元達がせめて70台をと願っていた頃に、鯉釣りの神さまNさんからのメール。
そこにはメーター級がゴロゴロ。
ブログを拝見すると、運まで引き寄せてしまうような、その洞察力。
さすが神さまです。
隠してはいるものの、予知能力を持っているはずです、絶対に! _(^^;)ツ アハハ
 

|

« 甲子園でストレス解消 | トップページ | 要精密検査 »

コメント

つるたろうさんへ

地震の被害、個人的には帰宅難民だったことかな。
でも娘が迎えに来てくれました。
そして今日の通勤、疲れ果てています(笑)

投稿: 駄目元 | 2018年6月19日 (火) 18時32分

地震の被害はありませんでしたか?
いつも同じ方が優勝するのも・・・?
仕方ないでしょうかね?

Nさんの件 彼のブログで拝見しましたよ、
彼も凄いものです。

投稿: つるたろう | 2018年6月19日 (火) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀の川 第47回一本勝負鯉釣り大会:

« 甲子園でストレス解消 | トップページ | 要精密検査 »