« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月25日 (月)

紀の川 第44回一本勝負鯉釣り大会

44回目を迎えた、紀州野鯉の会恒例の一本勝負鯉釣り大会。
この機会に是が非でも本命を物にしたい駄目元は、当然のように前夜祭を決行。
その結果、前夜祭ではなく大会の方でボーズを免れノルマは達成。
駄目元にとって紀の川は、やっぱり相性が良いんですよV(^0^)

201709466

台風の影響で、急遽1週間の順延となった今回の大会。
そのため都合のつかないメンバーも多く、集まったのは6人。
まぁ、これは仕方がないこと。
何を隠そう駄目元も、元々は他に予定があったんです_(^^;)ツ アハハ

しかし今回は、一泊二日の特別な大会。
一泊二日となればメインは宴会で、ついでに鯉釣りヾ(--;)オィオィ
そんな楽しい催しを、そう簡単に諦めるわけにはいきません。
そのため家族で予定していたドライブを、急遽先週に変更したのでしたヾ(--;)オィオィ
まぁ、それもこれも家族の理解があってのこと。
「どうしても、釣りに行きたいんやろ!」
と、諦めてくれました_(^^;)ツ アハハ


現地には22(金)の 23:30頃に到着。
さて、どこで竿を出そうか?
本来なら最近のお気に入り、一番下流側へと行きたいものの、集会場所となる所からは離れているため、あとあと移動するのがちょっと面倒。
という事でこれまで良く竿を出していた、小さな水路の落ち込みの様子を見ることに。
するとそこには80クラスの姿が!
はい、これで決まり。
もはや釣れたも同然です(^ー^* ) フフ♪

早速2本の竿を用意し、1本は足元直下の棚狙い。
もう1本はチョイ投げで、川底の護岸の際狙い。
エサはボイリーで大会が始まるまでエサ替えの予定はなく、ひたすらセンサーからCアラート (カープ・アラート) が鳴るのを待つだけです。
なんたって此処は、夜に実績のある場所。
1本ぐらいは釣れると思っていますので(^ー^* ) フフ♪

ところがそんな甘い考えは見事に外れ、アタリがないまま大会の開始時間となりました。
う~~ん・・・・・・
此処でアタリがないと、今回はちょっと厳しいぞ。
と、ある程度覚悟を決める駄目元です <(; ^ ー^) マイッタマイッタ...


23(土)、大会は 10:00からスタート。
この時点で集まっていた4人による抽選の結果、3番クジを引いた駄目元は、そのまま前夜祭の場所で続行。
本来は人気のある場所にもかかわらず、アタリが無かった事で1・2番のメンバーは敬遠したのかも。
それとも駄目元の竿がそのまま残っているので、遠慮したのかな。
まぁどちらにせよ、駄目元的には予定していた3か所の中のひとつで、更に場所移動もないだけに願ったり叶ったりです(^ー^* ) フフ♪

この大会は、通常竿は一人1本。
しかし今回は特例で、一人3本まで。
という事で早速もう1本追加し、1本はボイリー、残りの2本はダンゴでアタリを待ちます。
ダンゴは今年の春、琵琶湖でその威力を再認識して以来、物凄く信頼を寄せるようになりました。
はい、駄目元は単純なんです_(^^;)ツ アハハ

準備が終わると集会場所へと集まり、昼間っから早くもアルコールタイム。
駄目元に限らず、メンバーの誰もがこちらがメインで、ついでに鯉釣りなんだから当然のこと。
まぁ、こんな事ができるのも鯉釣りならでは。
ただし、道を行き来する人達にとっては、異様な光景でしょうね。
それでも昼間は、まだ竿が見えるだけ大丈夫。
これが夜になると、道端で宴会している異様な集団と思われているはずですよ (/・_・\)アチャ・・

201709468

宴会となれば、アルコールで盛り上がっている時に突然センサーが反応する。
誰もがそんな至福のひと時を願っているものの、そのような機会はなかなか訪れません。
だからなお更アルコールが進むわけで・・・・・・

そんな時、13:40頃についにT中さんのセンサーが反応し、Cアラートが鳴り響きます。
この時点では誰もが半信半疑ながらも、当然、場は盛り上がります。
そしてT中さんの様子をみていると、
「なぁ~~だ、フナか」
と、一安心。
いきなり大物を釣られると、一気に場がしらけますからね_(^^;)ツ アハハ

201709469

続いてのアタリは 17:15頃にF川会長。
宴会の中断を告げる、突然のCアラート。
しかも、ロッドホルダー(ヨーロピアンスタイル)式のセンサーが鳴り響くということは、それだけラインが引き出されているということ。
今回は、まず本命で間違いないでしょう。
個人的には、ある意味 (/・_・\)アチャ・・ ですけどね。
はい、器の小さい駄目元です_(^^;)ツ アハハ

F川会長は対岸近くの馬の背を狙っており、鯉は何かを巻いてその馬の背の向こう側へ。
ラインの伸びている方向と、鯉が暴れている場所が一致せず悪戦苦闘です。
そして時間にして数分、あるいはもっと苦労したのかな?
突然何かの拍子に掛かりからラインが外れ、あとは手間取ることもなく無事にタモの中へ。

201709471

大会第1号は75cm
このサイズならまだまだ逆転は可能と、ある意味ホッとするメンバー達。
この近辺は80台なら十分狙えますからね。
当然、駄目元も逆転する気でいますよ(^ー^* ) フフ♪

 

日が暮れかかるとピチャピチャと小魚が動き始めるものの、思ったほど鯉の動きがありません。
それともアルコールが回り、気付いていないだけなのかヾ(--;)オィオィ
とにかくアタリがないまま、宴会が進みます。
そして 24:00を回った頃かな、駄目元は車に引き上げて寝る事に。

日が変わって24(日)の3:30頃、ついに駄目元のセンサーからCアラートが!
アタリがあったのはパイナップル・ボイリー。
寝起きの体はなかなか順応せず、靴を履くのも一苦労。
一方でクリック音は聞こえず、空アタリと思うとガッカリ。
それだけに竿までの50mほどを、ゆっくりと歩く駄目元。
その時、一度だけジジッとクリック音が鳴り、今度はゴミが頭の中をかすめました(_ _。)・・・シュン

竿先は大きく下流に向いたままピクリともせず、ますますゴミだと確信。
竿を持つと重たいだけで抵抗するような動きもなく、正直なところ諦めていました。
しかし寄せてくる途中で何やら動きがあり、もしかして鯉かなと思うようになる駄目元。
しかも、重たいだけの物がゆっくりと動き始めただけに、かなりの大物と判断。
頭の中では、当然80以上と決めつけていました_(^^;)ツ アハハ


勝手に決めつけた80以上の大物。
それだけに絶対に無理をしないようにドラグは緩め。
しかし実際は慎重になり過ぎて、ドラグはさらにユルユル状態。
巻いても巻いても、直ぐにラインを引き出す大物。
その結果90近くの大物へとさらに錯覚し、必要以上に慎重になり、当然のように頭の中には優勝の文字ヾ(--;)オィオィ
しかしその正体は、なんとビックリ66cm
アルコールで感覚が麻痺していたのか、このサイズで何を勝手にビビッてんだ、駄目元さん <(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

201709472

小さくてもボーズは免れたので、一応写真に撮って即リリース。
とにかく本命が釣れた事で、良かった良かった。
サイズ的にも、ただそれだけの事ですけどねヾ(--;)オィオィ

 

05:30頃、明るくなってくるとメンバー達も活動を再開。
夜中に釣れた事を報告していると、何とF川会長が80台にサイズアップしているとのこと。
( ̄へ ̄|||) ウーム・・・・・
下手に76,7が釣れなくて、ある意味良かった良かった。
何も知らずにキープしていたら、格好悪いしダメージが大きいし_(^^;)ツ アハハ
ちなみにF川会長のは82cmで、01:30頃に釣れたそうです。

201709474

大会二日目、優勝魚が80台となると駄目元的に逆転の可能性が高いのは、最近のお気に入りの一番下流側。
そこは集会場所から300m近く離れていて初めは躊躇(ちゅうちょ)していたものの、この際開き直りましょう。
ということで1本はそのまま残し、2本の竿を大移動。
一応大会なだけに、悔いが残らないように攻めなければ! _(^^;)ツ アハハ

しかし二日目も状況は変わらず、アタリがないまま時間が過ぎていきます。
そんな中で 12:00前、あの只者ではないF井さんのセンサーからCアラートが!
一方、当のF井さんは200mほど離れた竿の所。
どうやらエサ替えの時、間違ってスイッチが入ったままになっているのが分からない様子。
ところが携帯で連絡したところ、別の竿が本当に当たっているとのこと。
結局はウグイが掛かっていたのですが、直後にもまたウグイを追加。
どうやら今回のF井さんは、ウグイに好かれたようです_(^^;)ツ アハハ


結局そのまま終了時刻の 17:00となり、F川会長の2年ぶり4回目の優勝が決まりました。
最終的には6人の参加で竿が10数本並び、30時間で釣れた本命は3本のみ。
ちょっと寂しい釣果ですが、とりあえず駄目元はボーズを回避。
これで今年の紀の川は、最初に1敗はしたもののもっかのところ5連勝中。

さすが駄目元とは相性の良い、紀の川さま様です V(^0^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

ちょっくら自慢(笑)

美術館の続きです。
今回は駄目元の美術鑑賞能力というのでしょうか、いわゆる "絵画を見る目" についてです。
ちょっくら自慢したい事があったのでヾ(--;)オィオィ

お察しの通り、駄目元は絵画にはほとんど興味がありません。
小さな子が、適当に塗り絵をしたような絵の、どこに価値があるのか。
有名なところでは、ピカソの何が凄いのか。
さっぱり分かりません_(^^;)ツ アハハ

しかし感性に合うというか、"これ、良いな!" という絵はありますよ。
今回も何件か、そういうものがありました。
その中の一つで、一番印象に残っている絵。
それは初めて見る絵で、作者の名前も初めてです。
その絵が、お土産用の小さなレプリカとして売られていたのです。
有名な絵が並んでいる中に混じってヾ(--;)オィオィ

という事は、駄目元が知らなかっただけで、そこそこ有名な絵のはず。
という事は、駄目元の絵画を見る目って、決して悪くはないはず。
ただそれだけの事ですが、何だか嬉しくて・・・・・・

どうですか、ちょっくら自慢できるでしょう_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

渦潮と美術館

台風一過の3連休最後の日。
ある目的のため急遽予定を変更し、家族揃って日帰りドライブ。
行先は渦潮で有名な徳島県の鳴門。
前々から、娘が大塚国際美術館に行ってみたいと言っていたので V(^0^)

201709336

今回大塚国際美術館に行くにあたり、現地の潮汐を調べると大潮で時間帯も良く、渦潮見学にはバッチリ!
という事で早めに明石海峡大橋、大鳴門橋と二つの巨大な吊り橋を渡り、徳島県の鳴門へ。
ちなみに渦潮なんですが、これまで何度か大鳴門橋を通る時にチラッと覗くことはあっても、じっくり見た事がありません(^^ゞポリポリ

201709333
 
早速 "渦の道" という大鳴門橋に作られた、簡単に言えば遊歩道を歩いて渦潮の近くへ。
そこでは足元に所々ガラスのような透明な板がはめられており、ちょっとした肝試しにもってこい。
ちなみに駄目元は最初の一歩だけはビビリましたが、あとは平然を装い、渦潮の上の空中散歩を楽しみました_(^^;)ツ アハハ
 
201709370

この渦潮ですが、海面まで相当な高さがあるため、迫力的には不十分。
でも、あのドでかい海がまるで濁流のように流れ、あちこちで渦が作られます。
自然の力って、凄い!
また、こんな濁流のように潮が流れる場所で、よくこんな巨大な橋脚を作ったもんだ。
人間の力も凄い! V(^0^)
 


201709441

続いて大塚国際美術館へ。
ここでは世界の名画など、その超精密コピーが展示されています。
それもただのコピーではなく、陶板で再現された世界初の美術館。
簡単に言えば陶磁器のような、焼き付けられた絵画。
それだけにその色彩は、2000年は持つそうです。
さらに陶磁器だけに、極端に言えば触っても大丈夫。
それらが原寸大で、ズラ~~と展示されているんです。
ちなみに油絵具のような凹凸まで、完璧に再現。
その数、ウ~~ンと・・・・・・
あまり絵画に興味のない駄目元達が、ちょこちょこっとみて回って5時間ほど。
誰もが知る名画や、圧倒的な迫力、色彩で迫る有名な礼拝堂などなど。
それらが一か所で見て回れるなんて、凄い! V(^0^)

ところで人って、有名な物には弱いですね。
よく目にする絵画や壁画では、誰もが決まったようにカメラをパチリ!
さらに超有名な物になってくると、横に立って一緒にパチリ!
まぁ、駄目元もその中の一人ですけどね_(^^;)ツ アハハ
 
201709430

 
ところでこの美術館、想像以上に大きくてちょっと疲れました。
基礎体力が、相当落ちてますね <(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

甲子園は居酒屋!

201709317

12(火)は、嫁さんと甲子園球場にて野球観戦。
と言いながら駄目元は飲む方が楽しみで、いつもビールをゴクゴク!
駄目元にとって甲子園は、ある意味ビアガーデンなんですよ( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

ちなみに3~4年前は可愛い売り子さんと仲良くなり、ビールを買うのはいつもその売り子さん。
しかしその売り子さんがバイトを止めてからは特に固定するわけでなく、とにかく可愛い子から買うように。
それがオジサンの楽しみなんです_(^^;)ツ アハハ

ところで今回、初めて日本酒の売り子さんを見つけました。
嫁さんは前回娘と来た時に飲んだらしく、以外といけるよとの事。
ならば物は試しということで、売り子さんに手をあげて、日本酒ちょうだいポーズ!_(^^;)ツ アハハ

この日本酒、ビールの売り子さんと同じように、背中に背負ったクーラーから注いでくれるんです。
その中身は有名な酒造メーカーの生原酒。
これが意外といける。
それからは、この日本酒ばっかりお代わり。
焼き鳥やら牛スジを片手に、日本酒をグイグイ!
野球観戦はそっちのけで、もはや居酒屋状態です_(^^;)ツ アハハ

ただ問題なのは、日本酒の売り子さんが、圧倒的に少ないこと。
広いスタンドを見渡しても、まず見つけられません。
偶然見つけても、こんどはこちらに来てくれるかどうか・・・・・・
なので、こちらにやって来た時には必ず手を上げる駄目元。
嫁さんはまだ残ってるとぼやくものの、どうせ飲んでしまうし_(^^;)ツ アハハ

でも、ついつい飲み過ぎてしまいました。
所々記憶が飛んでいるんです。
特に7回ウラの、恒例のジェット風船。
全く記憶がありませ~~~んヾ(--;)オィオィ
それまでの事や、帰り道の事はしっかり覚えているのに( ̄へ ̄|||) ウーム

そんなわけで、ジェット風船を飛ばす前に帰ったのかなと悩んでいました。
そんな事を嫁さんに聞くと、
「飲み過ぎや!」
と怒られるのが目に見えているので、聞けません。
ところがカメラには、その時の風景がしっかり残っていたんですよ。
でも記憶が全然ない!
おぉ~~~~怖い怖い_(^^;)ツ アハハ

201709318

とにかく、新たな甲子園の楽しみができました。
って、飲み物が変わっただけなんですけどね。
それよりも、今度はサッカーの試合、ガンバ大阪を見に行きたいなV(^0^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

淀川 一度だけチャリ~~ン

朝晩がすっかり涼しくなり、前回やり残した草刈りをやり終えるべく秘密基地へ。
ヾ(--;)オィオィ いったい何を目標にしてるんだ!
まぁ、良いじゃないですか、どうせ釣れないし。
それでも本人は、釣りに行ったという事で納得しているんだから_(^^;)ツ アハハ

 
土曜日はご乱心のパソコン関連で一日がつぶれたため、日曜日は絶対に行くぞと、決して釣れるわけではない秘密基地へ。
3か月の夏眠から目が覚めると、もはや釣りに行きたい病がウズウズ。
というわけで、現地にはまだ薄暗いうちに到着。
前回の事を思うと、半分でも綺麗になっている秘密基地に、ちょっぴり嬉しい駄目元です( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ
 
早速準備がてら川の様子を見ていると、残念ながら全く気配がありません。
小魚でさえ、ピチャッと跳ねないのです。
ヾ(--;)オィオィ いったいどうなってるんだ?
といってもそんな事は一切気にせず、せっせと準備をする駄目元です。
なんたって、釣れたらラッキーでやってますから_(^^;)ツ アハハ
 
5:00過ぎ、周りが随分と明るくなってきた頃に仕掛けの投入。
とりあえず3本とも遠投し準備完了。
するとその頃から、なんと岸から10mぐらいの所で鯉が跳ねたりもじったりの繰り返し。
「えぇ~~、そんな近くにいたの
 投げ直そうかな
 でも、だからといって釣れるとは限らないし
 ( ̄へ ̄|||) ウーム ・・・・・・
 えぇ~~い、このままで良いや!」

はい、面倒くさがりの駄目元ですヾ(--;)オィオィ
 
 
さてさて、仕掛けを投げ入れたあとは早速草刈りです。
しかし、良いのか悪いのかこの日の天気は晴れ。
真夏の日差しではないものの、それでも降り注ぐ日差しの下で体を動かしていると、直ぐに汗がポタポタ。
暑くてやってられません。
そんなわけで "残りはこんどで良いや!" と、今回も途中でギブアップ。
はい、信念の弱い駄目元です(^^ゞポリポリ
 
一方、暑くて草刈りは止めたものの、朝の時間帯はじっとしていると意外と過ごしやすく、絶交の行楽日和。
なのでイスの背もたれを倒し、の~~んびりとうたた寝。
そんな時に、鈴センサーがチャリ~~ン。
寝ているつもりでも、その鈴の音を聞き逃さない駄目元。
直ぐにどの竿かと注意するものの、おそらく雑魚の仕業でしょう。
その後の動きがありません。
さすが秘密基地、そう簡単には釣らせてもらえません_(^^;)ツ アハハ
 
ちなみに同じ淀川でも、場所によれば真夏のクソ暑い時でも大物が釣れていたみたいです。
秘密基地とは大違い。
逆にいえば、だから秘密基地はいつも独占できるんですよヾ(--;)オィオィ
 
 
この日は暑さを避けて、9:00過ぎには撤収作業を開始。
結局4時間ほどの間に、1回鈴が鳴っただけで終わり。
それでも良いんです。
釣りに行ったという事で、ある程度は納得できる駄目元。
そりゃ、釣れるに越したことはありませんよ。
でも基本は、釣りに行きたい病ですからね_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 7日 (木)

ご乱心!

2週間ほど前。
我が家で、メインに使っているパソコンがご乱心。
どうやら機嫌を損ねたみたいで、ついに引きこもってしまったのです。
確かに予兆は感じていました。
しかし、突然ストライキを起こすとは・・・・・・ε-(ーдー) ハァ

仲直り(コンピューターの修復)を試みたものの、相手は頑なに拒否。
更には最近のバックアップを取っていなかったため、さぁ大変!
とりあえず外科手術で内蔵のハードディスクを取り外し、そこからデータの抽出は無事に完了。
これでデータに関しては、まずは一安心(^。^;)ホッ!

その後再セットアップで動くようになったものの、機嫌がイマイチ。
時々フリーズを起こすのです。
それでも騙し騙し使っていると、またまた引きこもってしまいました(/・_・\)アチャ・・

あ~~あ、この2週間の苦労はなんだったんだo( _ _ )o ショボーン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

淀川 後半戦のスタート

地元でありながら、実に3か月ぶりの釣行。
目的はただ一つ、草刈りですヾ(--;)オィオィ
なんたってあの秘密基地ですから、釣果は全くといっていいほど期待していません。
それでも草刈りかって?
まぁ、そこには長年の愛着と、説明のつかない拘り・・・・・・でしょうかね_(^^;)ツ アハハ


我が家から、自転車で15分ほど。
そんな地元でありながら、
「暑いし釣れないし、今回はやぁ~~~めた!」
と、一度そのように挫折すると、そのままズルズル・ズルズル3か月。
一方で、草がボウボウになるのが気になっていたのも事実。
でもこのクソ暑いなか、釣れたら奇跡のような場所に、わざわざ草刈りに行くのもなんだし・・・・・・
それでも9月になり朝晩が涼しくなると、ようやく行く決心がついたのです_(^^;)ツ アハハ

3(日)、まだ薄暗いなか現地に到着。
3か月ぶりに訪れた秘密基地は、そこに入っていく通路から既に草がボウボウ。
でもそこは時々バサーが通るんでしょう、まだマシな方です。
問題は、バサーには必要としない基地のなか。
もう笑うしかありません。
真夏の3か月間、何もしなければこうなりますよ<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

一方、川の方ですが、数は少ないものの跳ねています。
もじっています。
居るには居るんですが、いつも玄関先の軽い会釈で終わり。
せめてお茶ぐらいと誘っても、相手にもされずそっけないもんです。
もう少し近所付き合いってものを考えてくれたら良いのに(^^ゞポリポリ


5:30頃、3本の竿を並べてスタート。
1本はボイリーで、残りはダンゴ。
今年の春、琵琶湖で爆釣して以来、一番期待するのはダンゴ!
いままではあれほど食パンを押していたのに、この変わり様。
そうです、駄目元は単純なんです_(^^;)ツ アハハ

さて、仕掛けを投げ入れたあとは、いよいよメインの草刈りです。
で、真っ先に手を付けたのが、鯉の取り込み場所の確保。
万が一、奇跡的に釣れた時のことを考えて。
期待はしていなくても、そこはやっぱり釣りですからね_(^^;)ツ アハハ

それからは1時間近く、時々休憩をはさみながらの草刈り。
いくら涼しくなったとはいえ、汗がタラタラ。
それでも曇り空で、随分と助かった方です。
結局この日は、半分ほどでギブ・アップ!
残りは、またこんど ┐(-。ー;)┌ ヤレヤレ


さてさて、釣りの方ですが・・・・・・
この日は奇跡的にも、チャリ~~ンと鈴センサーが2回"も"鳴りました。
両方ともボイリーです。
でも、おそらく正体は雑魚でしょう。
それでもアタリがあっただけで、ちょっぴり嬉しい駄目元です。
何たってここは、ボーズが当たり前の、あの秘密基地ですからね_(^^;)ツ アハハ

ということで、これからはいよいよ後半戦のスタート。
またまた毎週のように、同じような内容の Blog が続くと思います。
でも、奇跡を信じて通いますよ(^^;)ツ アハハ

ちなみに帰り際、目の前で80クラスが川底を漁って、ドロの煙幕を巻き上げていました。
何を探しているんでしょうか。
それが分かれば、苦労しないのにね_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »