« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月21日 (月)

紀の川 最近のお気に入り

前回に引き続き、またまた1か月ぶりの釣行。
場所は前回と同じ、紀の川の小田井の堰。
ダービー(紀の川の仲間内の年間大物賞)を夢見て、今回も一晩だけの夜釣り。
その結果、無事に本命に巡り合えてホッとしています_(^^;)ツ アハハ

201708001

毎度の事ながら、暑いしどうせ釣れないし・・・・・・
地元・淀川の秘密基地も、おそらくは草がボウボウ状態のはず。
それはそれで気になり、釣りに行きたい気持ちはあるものの、いざとなれば億劫になる駄目元。
このクソ暑いなか、わざわざ草刈りのためだけに行くようなものですからねヾ(--;)オィオィ
一方で前回の釣行から1か月も空けば、そろそろ我慢も限界。
という事で今回も、駄目元的に釣れる確率の高い紀の川へとなったのです( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

目指すは、最近お気に入りの小田井の堰。
ここは車の横付けができて足場も良く、それでいて誰にも邪魔されず、おまけにダービーも狙える場所。
さらには単発ながら、今年はこの場所では連勝中。
ねっ! お気に入りになるのが分かるでしょ V(^0^)

そうと決まれば早速F川会長に連絡をとり情報収集。
と言っても最近の釣果なんて、全く気にしてません。
知りたいのは、流れが早いかどうかだけ!
お盆前の台風の影響も、もう大丈夫と思いながら、念には念をいれて。
はい! 駄目元は早い流れが大っっっ嫌い_(^^;)ツ アハハ

 
現地には19(土)の 16:30頃に到着。
当然のように、誰一人として釣り人の姿がありません。
まずはその光景に満足満足。
あっ! 駄目元は決して孤独が好きな訳ではないですよ。
誰にも邪魔されず、駄目元の好きなタイミングで、好きなように釣りをしたいだけなんです_(^^;)ツ アハハ

早速4本の竿を用意し、1本は足元直下の棚狙い。
1本は棚の下、護岸の底のきわ狙い。
そしてチョイ投げとチョイ遠投。
それぞれ別々に投げ分けているものの、本命は棚狙いと、護岸の底。
要するに、夜釣りは足元!
これは、駄目元的鉄則です( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

 
仕掛けを投げ入れたのは 17:15頃。
お日様も傾き始め丁度木陰となり、風も吹いて以外と涼しく、ビールが旨い旨い。
すると睡眠不足の影響なんでしょうね。
不覚にもこの1本のビールにほろ酔い気分となり、ほどなくウトウト状態。
あ~~、幽体離脱していく~~~~~ヾ(--;)オィオィ

ところがそんなほろ酔い気分に、早くもスクランブル要請!
18:00過ぎ、早速センサーが反応し、リールからはサイレン(クリック音)が鳴り響いています。
アタリがあったのは護岸の底狙いの竿。
狙い通りの展開に喜びながらモタモタと長靴を履き、小さな水路を渡り竿の元へ。
その時には、既に50mほど出ていました(^ー^* ) フフ♪

感覚ではそれほど大きくないものの、元気に暴れているといった感じ。
そのやんちゃぶりを楽しみながらもあまり無理をする事なく、時間をかけてネットインしたのは71cmの本命。
まさか、こんなに早く釣れるとはねъъ( ゜ー^) イェー♪

201708002

釣り始めた頃は、まずはセンサーが鳴ってくれるかを心配していたものの、早くも本命を手にすると、あとは余裕余裕。
まだまだ時間は十分にあるし、あと2~3本は釣れるかな。
なぁ~~んて既に謙虚な気持ちは忘れ去り、暴走モードに支配される駄目元です_(^^;)ツ アハハ

しかし思い通りに進むはずもなく、アタリがないまま時間が過ぎていきます。
そして 21:00頃、チョイ投げの竿のエサ替えをしようとした時でした。
よく見ると、ラインが護岸に沿って横に走っているのが分かります。
おぉぉ~~、これはひょとして・・・・・・
正直なところ、かなり期待しながらラインを巻きとる駄目元。
ところが運悪く、どうやら護岸のブロックにラインが巻いている様子。
しかも、いとも簡単にラインがプッツン!
あ~~あ、2本目の本命が・・・・・・
残念! (_ _。)・・・シュン

しかし、既に本命を手にしている駄目元は余裕です。
こんな事も、ちょっとした余興。
ブログのネタが増えたことに喜びました。
一方で、まだまだチャンスがあると実感していたのです_(^^;)ツ アハハ

 
ところがその後もアタリはなく、気が付けば20(日)の 4:00過ぎ。
まだ辺りは薄暗く、エサ替えはもう少し明るくなってからと、再び寝る事に。
すると 4:30頃、ついに二度目のスクランブル要請です(= ̄▽ ̄=)V ヤッタネ

全開の窓から聞こえてくる、ジィ~~~・・・・・・・ジィ~~~・・・・・・・という断続的なクリック音。
嬉しい反面、寝起きの体は直ぐには順応せず、アタフタとヘッドライトを装着。
続いてモタモタと長靴を履き、ようやく竿の元へ。
アタリがあったのは、チョイ遠投の竿。
早速竿を持つと、ゴミのようにとにかく重たい!
それでいて、時々抵抗してくるのが分かります(^ー^* ) フフ♪

ところが、どうも様子が変!
抵抗はしてくるものの走るわけではなく、それでいて時々根掛かりのようにズシッと重くなる。
これは、ひょっとして・・・・・・
何とか護岸まで寄せてきて、ライトで照らし出したのは巨大なガメラ。
ところが幸いな事に、そのあと直ぐに針が外れたのです。
あ~~、良かった良かった(^。^;)ホッ!

一方で姿を見たのは一瞬だったものの、見間違いでなければスッポンだったような気もするのです。
でも針が外れてくれた事は幸い。
スッポンが釣れても、駄目元にしてみれば猫に小判。
逆にその扱いに困るだけですよ_(^^;)ツ アハハ

 
 

その後はまたまた沈黙の時間帯が続き、そのまま暑くなる前に 9:00頃には予定通りに撤収。
今回は80台にも届かなかったものの、無事に本命が釣れて良かった良かった。
ただ欲を言うと、余りにも幸先の良いスタートだっただけに、もう少し期待しちゃったんだけどね_(^^;)ツ アハハ
でも淀川とは違い、さすがは駄目元とは相性の良い、紀の川さま様ですよ V(^0^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »