« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月12日 (月)

新潟日帰りドライブ

1年ちょい振りの新潟。
父親を伴い、叔母(父親の姉)に逢うための長距離日帰りドライブ。
まぁ、ちょっとした親孝行のつもりです(^^ゞポリポリ


前回叔母に逢ってから、早くも1年。
高齢の父親は日ごろ叔母のことは何も言わないものの、機会があれば逢いたいはず。
そこでボーナスが入り、少し懐に余裕の出来た駄目元が、ちょっとした親孝行のつもりで新潟までのドライブを決意。
ついでに、かれこれ20年近く叔母には逢っていない上の妹に話をすると、一緒に行きたいとの事。
ということで日程を合わせると、この週末しかありませんでした。
ただし問題がひとつ、雪の影響がね・・・・・・( ̄へ ̄|||) ウーム

大阪暮らしの駄目元は、日ごろ雪なんてほぼ無縁。
それだけにチェーンなし and ノーマルタイヤの駄目元カーにとって、雪は天敵。
しかも予報では、日曜日はおそらくアウト!
かといってお互い高齢なだけに、春まで待つのも万が一という事もあり・・・・・・
ということで、土曜日の日帰りドライブとなったわけです。
ちなみに土曜日の予報も、駄目元的にはチョイ不安だったんですけどねヾ(--;)オィオィ


大阪を出発したのは 3:00頃。
休憩を取りながら、ひたすら新潟に向かって高速を快走。
しかし、日本海側に出てからは雲行きが気になって気になって。
何たってコロコロ天気が変わり、時々みぞれっぽいのも降ってきます。
おまけに大阪とは違い、早めに冬用のタイヤをとの看板がやたらと目に付き・・・・・・
そして親不知まで来た時には、ついに雪に注意との表示が!
ヾ(--;)オィオィ 目的地はまだまだ先なんだけど、大丈夫か?
ここまで来て引き返すのも、ある意味勇気がいるんだけどσ(^_^;)アセアセ...

途中事故による通行止めで国道に下ろされるハプニングがあったものの、無事に目的地に到着。
久しぶりの叔母との再会もそこそこに、帰りの事を考えると、時々窓の外を舞う雪が気になる駄目元でした(^^ゞポリポリ


そして帰り道、雪とは関係のない、ちょっとしたハプニング。
夜、車のライトが下がり過ぎて、直ぐ目の前を照らすだけ。
背の高い駄目元だからライトが照らしている部分が分かるものの、少し頭のポジションを下げると、ボンネットが邪魔をして照らしている部分が分からないほど。
仕方なしにハイビームに切り替えてみても、それこそ足元を明るく照らすだけでほとんど効果なし。
こんな状態でも高速道路だから何とか走れたものの、何もない山道だったらどうなっていた事かσ(^_^;)アセアセ...

ちなみにライトは、行きしなから気になっていたこと。
「何か見にくい。
 ライト、下がり過ぎてない?」

と、皆が口にしていました。
それが帰りには、さらに悪化したような状態。
一時は途中のインターで降りて、同系列のディーラーを探す事も考えたのですが、直ぐに直るのか分からないため、そのまま帰ることに。
あとで分かった事ですが、駄目元カーのライトは豆球部分(?)が上下に稼働するものの、上まで上がり切らなかったのです。
ライトもハイテクになり、状況に合わせて照らす位置を自動調整するのですが、これでは意味がありません。
ほんと <(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

まぁ、とにかく無事に帰ってこれて、やれやれでした_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

神崎川 予想通りの光景

9月に本命を釣って以来、負け続けの後半戦。
それでいて早くも12月になってしまい、今年はこのまま終わる事がほぼ確定。
しかし最後の悪あがき。
久しぶりに神崎川の、あの光景でも見に行くか!
その結果、予想通りあの素晴らしい光景を目にする事が出来ました(^^ゞポリポリ


例年以上に不完全燃焼が続くこの一年。
正直なところ、すっかり諦めモードです。
それでも未練がましく、スレ掛りでも良いから釣りたい!ヾ(--;)オィオィ
だったら藁をもすがる思いで、神崎川となりました(^^ゞポリポリ

では、なぜ神崎川なのか。
駄目元的には、冬場限定と決めつけている川。
なぜなら小さい時のトラウマにより、あまり神崎川で釣りをしたくないのです。
それでいてある条件を満たせば、冬場でも簡単に大型の群れを見る事ができます。
ただし駄目元の場合、見る事は出来ても、釣る事が出来ないんですけどね_(^^;)ツ アハハ

まぁ、そんな訳であれこれと条件を調べてみると、この週末はぴったし・カンカン!
さらにあり難い事にそれほど寒くもなく、迷う事なく Let's go となったわけですよV(^0^)


日曜日、まだ暗い内に現地に到着。
早速ライトを照らすと、居た、居た、居たぁ~~~!
70~80クラスの群れが。
その中には、明らかに90オーバーが数本。
大きいのはひょっとするとメーターに届くかも?
その中で特に目に付きやすいのが、90近い赤い色鯉。
たしか1年前にも居たよな! お久しぶり_(^^;)ツ アハハ

と、ここまでは何もかも予想通り。
問題はここからです。
どうしても、彼らを釣る事が出来ないのですε-(ーдー) ハァ
なぜなら、彼らは食事のために集まっているわけではありません。
例えるなら朝の公園に、ラジオ体操のために集まっているようなもんです。
だから目の前にエサがあっても完全無視。
逆に体操の邪魔になるのか、避けられてしまいます<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

はい! でもこれは全て分かっている事。
でもあの光景を見せつけられたら、もしかして間違って喰ってくる奴が居るのかも?
運悪くスレ掛りする奴が居るのかも?
完全な運任せですけど、そんな思いで、藁でも何でもすがりついちゃいますよ_(^^;)ツ アハハ

一方で、あの巨体。
食事を摂らなければ、絶対に維持できないはず。
だったら何時、何処で、何を喰ってんだ!
この謎は、駄目元には解けそうにありません(_ _。)・・・シュン


さてさて・・・・・・
そう言いながらも、1月以来となる神崎川釣行。
とりあえず駄目元的冬の定番エサ、食パンをエサにスタートです。
一本は群れから少し離れた場所にそっと置き、もう一本はズバリ群れの中。
しかし、予想通り全くアタリがありません。
さぁ、どうしましょう?( ̄へ ̄|||) ウーム

ある時はエサを換え、またある時はハリスの長さを換え、またまたある時は底・中層・上層と棚を換えてみたものの、どれも効果なし。
ついには竿を手持ちにし、微かなアタリでもすぐに合わせられる態勢に。
しかし彼らは完全に仕掛けを見きっており、あれだけ群れているにも関わらず、スレアタリさえありません。
どうやら、あわよくば引っ掛けようとした魂胆もバレバレのようです。
でも、結果的に引っ掛けが未遂に終わり、良かった良かった。
引っ掛けでは釣った事になりませんからね_(^^;)ツ アハハ


結局明るくなるとともに、彼らの姿も消えました。
これまたお決まりのパターン。
こうなると全く釣れる気がしなくなり、早々と撤収です。
あ~~あ、空しい努力というか何というか・・・・・・(^^ゞポリポリ

それにしてもあの光景は、何回見てもワクワクしますね。
ただ、ほんの少しでもエサに反応してくれたら、俄然やる気が出るんですけど・・・・・・
駄目元的には、もはやあの光景は釣りの対象にはなりません。
とりあえず、今は諦めがつきました。
と言いながらいつの日か、また出掛けると思いますけどね_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »