« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月21日 (月)

神崎川 早くも白旗

この条件でこの時間帯なら、鯉さん達はあの場所に群れている!
その狙い通りの展開にもかかわらず、やっぱり今回も撃沈。
これではっきりしました。
駄目元には、あの鯉さん達を釣る事が出来ません。
はい! 神崎川再開3回目にして、早くも白旗ですヾ(--;)オィオィ


先週は増水の影響なのか、あるいは他に要因があったのか、鯉の群れを確認する事が出来ませんでした。
そこで駄目元は、先々週の大物の群れを見た時の条件をあれこれと考察。
19(土)、その条件に合いそうな時間帯、場所を予想して、現地には 4:30頃に到着。
すると、まさに狙い通り。
あの大物達が足元で群れていたのですъ( ゜ー^) イェー♪

今回は極力プレッシャーを与えないように、静かに静かにそぉ~~~~と準備。
ライトも青色の弱い光に切り替えています。
それが良いのか悪いのか、とにかくそのライトで川面を照らしても、鯉さん達には特に驚いた様子はありません。
と、ここまでは何もかも思惑通りに進んでいます(^ー^* ) フフ♪


早速1本は食パンで、群れから少し離れた場所に投入。
ある意味、こちらは捨て竿です。
そしてもう1本は、文字通り本命竿。
今回も新たな餌を用意し、手を変え品を変え開き直って群れの中を狙います。
しかし鯉さん達には完全に無視され、虚しく時間が過ぎて行くだけ。
そして、そろそろ群れが消えてしまう時間帯が・・・・・・

そんな時に、チャリ~~ンと捨て竿の鈴が鳴ったのです。
しかし今回も鈴が鳴っただけで、その正体はわかりません。
と、これまた毎回同じような事の繰り返し。
やがて時間とともに、鯉さん達の群れは消滅しましたε-(ーдー) ハァ


これで気になっていた事が、はっきりしました。
あの群れている鯉さん達は、夜な夜な集会を開いているだけなんです。
決して食事のために、レストランに集まっている訳ではないんです。
薄々気付いてはいましたけどね。
でも、それを認めたくなかった訳ですよ_(^^;)ツ アハハ

さて、これからどうしよう?
いくら淀川よりも釣れると思ってみたものの、現実は今年の2月を含めて10連敗。
結果からすると、決して釣れる場所とは言い難いですよね(^^ゞポリポリ

ただ、真冬でも鯉が群れている。
あのような光景を見てしまったら、重度の中毒患者には酷です。
何とかして釣りたい。
でもエサを食ベてくれない。
( ̄へ ̄|||) ウーム
やっぱり白旗ですよね(^^ゞポリポリ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

神崎川 あの残像が

先週のあの光景が忘れられず、「絶対に釣るぞ計画」を発令。
しかし運悪く、週末は増水。
その影響なのか、鯉の姿はごくわずか。
結局は、いつものように撃沈でした(^^ゞポリポリ


先週、あの大物の群れを見せつけられて以来、俄然やる気になった駄目元。
あの光景は残像として、今でもはっきりと残っています。
それだけに「絶対に釣るぞ計画」を発令。
月水金の夜、駄目元オリジナルのエサをバラバラと撒いておきました(^ー^* ) フフ♪

しかし問題が発生。
木金にかけて雨が降るのは分かっていたものの、まさかあれほど降るとはねε-(ーдー) ハァ
でも釣りに行けるのは土曜しかないため、開き直って決行ですw(°0°)w オォー


12(土)、現地には 5:00前に到着。
川は増水しているものの、釣りは十分可能な状態。
この件に関しては、金曜の夜に確認していたので大丈夫。
一方で、鯉の姿がどこにも見当たりません。
さらに付け加えると、夜な夜なエサを撒きに来た時も、一度も姿を見ていないのです。
まだまだこの場所のパターンを掴み切れない駄目元。
それでも何とかなると、微かに期待していたのです(^^ゞポリポリ

ところがあの雨による増水。
おまけに鯉の姿は無し。
なんと幸先の悪い事か。
そんな状況に更に輪を掛けるように、ポツポツと雨まで落ちて来ました。
予報では朝から回復するとの事なので、暫く我慢すれば済む事なんですが・・・・・・
7:00前、すっかりやる気を失った駄目元は、早くも撤収する事に。
すると、
「えっ!
 もう帰っちゃうの?」

と、目の前で鯉さんがご挨拶。
だったらこのまま帰るのも失礼かと思い、もう少しお邪魔する事に。
いくつかのお茶菓子を用意している事だし_(^^;)ツ アハハ


その後は天気も回復し、絶好の釣り日和。
鯉さんも愛想を振りまくかのように、時々顔を見せてくれます。
しかし、用意したお茶菓子には全く興味がない様子。
何か気に障る事でもしたのかな?( ̄へ ̄|||) ウーム

それでも一度だけ鈴を鳴らしてくれました。
正体はわかりません。
しかし、希望的観測で鯉さんにしときます(^^ゞポリポリ

ちなみに直ぐ近くで釣っていた常連さん。
この方は述べ竿のミャク釣りで、時々フナを釣っていました。
という事で、鈴を鳴らした犯人は・・・・・・
いやいや、あれは絶対に鯉さんですよ_(^^;)ツ アハハ


さてさて・・・・・・
「絶対に釣るぞ計画」はエサ作りに時間が掛かるので、意外と大変です。
という事で次なる作戦を妄想中。
そう、妄想ですよ妄想。
根拠がないのです。
だからその内容は・・・・ひ・・・・み・・・・つ (^^ゞポリポリ

とにかく神崎川は再開したばかりなので、もう少し楽しみます。
まぁ、その内に挫折するでしょうけどね_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月 7日 (月)

神崎川 見てしまった!

寒くなってきたので、予定通り再開した神崎川釣行。
するとそこには、今まで経験した事のない驚くべき光景が!
と喜んだものの、あえなく撃沈。
あ~~あ、どうすれば釣れるんだろう?( ̄へ ̄|||) ウーム


気が付けば、今年も既に12月。
駄目元的には、冬の釣りへとモード変換の時期です。
という事で、元々釣れない淀川にはあっさりと見切りをつけ、冬限定の釣り場と決め付けている神崎川へ。
神崎川なら真冬でも鯉の姿を見る事ができ、淀川よりも遥かに釣れる確率は高いはず。
と言いながらも、未だに神崎川での釣果はないのですが・・・・・・(^^ゞポリポリ


まずは神崎川についてのおさらいです。
神崎川は我が家から自転車で5分ほどと、淀川までの半分以下の距離。
さらに淀川よりも鯉の魚影は濃く、おまけにメーターも狙えるとの情報。
にもかかわらずあるトラウマがあって、駄目元的には釣り場として、全く眼中になかったのです(^^ゞポリポリ

それが今年の2月、冬限定として1ヶ月ほど通いました。
すると真冬にもかかわらず、時間帯によれば足元で群れをなし、90クラスの大物も確認できたのです。
当然のように、一気に火がつく駄目元。
しかし結果は惨敗。
原因はエサなのか、それとも時間帯なのか、あるいは汽水域特有の潮の満ち引きの影響なのか、さっぱり分からないまま終わりました<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...


そのような神崎川へ日曜日、10ヶ月ぶりに訪れました。
現地には 5:00過ぎに到着。
あたりは暗く、まだまだ夜の状態。
この時間帯なら足元に寄って来ているはずと、確信していたのです。

さっそく様子を見るためにそっとヘッドライトを向けると・・・・・・
その瞬間 "バシャバシャ" どころではありません。
"ボコォボコォ" と言うか、表現力がなくて上手く伝えられないのですが、大物の群れが一斉に動きだし、重量感のある独特の音を立てたのです。
見るからに80~90クラスの群れ。
そのような大物が時には尾ビレや背ビレを出し、時には横向きになりお腹を見せ、立派な体格を見せつけて来ますw(°0°)w オォー
その中に混じる赤い色鯉は、特に印象的でしたV(^0^)

そのような光景を見せつけられ、一気にボルテージが上がる駄目元。
「あれだけおったら、1本ぐらい釣れるやろ!」
と、ワクワクしながら仕掛けを用意しました(^ー^* ) フフ♪


神崎川では竿は2本。
エサは食パンで1本はブッコミ、もう1本はウキを付けての流し釣り。
この流し釣りは、もし群れていたら今回試してみようと用意していたもの。
というのも2月に通った時にはボーズで終わったため、何か違う事をしなければと考えていたのです(^^ゞポリポリ

その結果、駄目元としては、
・群れているのが分かるのは夜しかない
・その中にエサを流す
もう、この考えしかありませんでした_(^^;)ツ アハハ

そして今回は、まさにそのような状況。
ところが群れの中の表層を流そうが中層を流そうが、ハリスを長くとろうが全くの無視。
エサが合わないのか、それともハイ・プレッシャーが掛かっているのか・・・・・・
あれこれと試していたものの、そのうちに明るくなってくると、群れの姿はなくなりました。
こうなれば、もはやボーズが確定したようなもの。
見えてる魚は釣れないとはいうものの、あ~~あ、また今回もダメだったか・・・・・・ε-(ーдー) ハァ


その後は奇跡でも起こらないかと、気が向くまま竿を並べていました。
ところで、あれだけ居るのに、なぜ釣れないのか?
プレッシャーは別にして、行き着く先はエサ!
と言いながらも、何をエサにすればいいのか、さっぱり分かりません( ̄へ ̄|||) ウーム

そんな時、2月にお会いした常連さんがやって来てご挨拶。
常連さんの話しでは、
「神崎川も釣れなくなった
 一日粘って1~2本」

との事。

それでも釣れる事が分かると、地獄で仏です。
すかさず、
「エサは何ですか?」
と聞く駄目元。

常連さんは、
「ご飯
 もう一人はダンゴを使ってる」

との事。

ふ~~ん、なるほど!
という事は何も特別なエサを使っているわけではなく、逆に何でも良いと勝手に判断する駄目元。
要は、安心して食べてもらえるようにすればいいんです。
当たり前の事ですけどもσ(^_^;)アセアセ...

という事で偶然にしろ何にしろ、たまたま淀川で結果がでた「絶対に釣るぞ計画」を、再び発令しますか?
惨敗覚悟で! _(^^;)ツ アハハ
とりあえず、やれる事はやってみなければ・・・・・・
何たって、あれだけの光景を見てしまったわけですからね(^0^)/ ギャハハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »