« 紀の川 ちょっとした自己嫌悪 | トップページ | 三方五湖 短い短い物語 »

2015年10月19日 (月)

淀川 やっと釣れました(笑)

相性が悪いと言い訳している連敗続きの淀川で、久しぶりに味わう釣果。
それも淀川での自己記録となる、94cmの大物。
「絶対に釣ってやる」と何日かエサを撒き、更にはいきなり思いたった夜釣りを決行。
その成果が出たのか、それとも単なる偶然か?
何はともあれ、めげずに通い続けたご褒美ですよъ( ゜ー^) イェー♪

201510006

どれだけ無視されようと、どれだけ撃沈されようと、一途な駄目元は今回も淀川へ。
ポイントには確実に90台が居る。
確認されていないだけで、絶対にメーターも居る。
とは言いながらも、ただ毎回同じ事を繰り返していても結果が目に見えているため、前回から「絶対に釣るぞ計画」を実行。
なぁ~~に、たいした事ではありません。
前回の Blog にも書きましたが、事前に撒き餌をしておくようにしただけですよ。
「何を今さら」って言われそうですけど(^^ゞポリポリ

ただ、それでも前回は撃沈されたため、止めようかと迷っていました。
でもエサの材料は残っているし、これだけは使いきろうと思ったわけです。
一方で、前回に撒いたエサの効果が今回現われるかも? との思いもありました。
そうと決まれば日曜日の釣行に合わせ木曜日の夜にエサを撒き、更に土曜日の夕方にも撒き餌です。
キロあたり250円前後の、低予算の撒き餌。
ただ、作るのにどうしても時間がかかるのが難点です(^^ゞポリポリ

さてさて、土曜日に撒き餌をしたあと、ここで駄目元の悪い病気が発症です。
「いっその事、夜釣りでもしてみようかな?」
一度そう思うともはや我慢ができず、夜釣りを決行する事に。
自転車釣行だけに身を守る物が何もない河原で、一人ポツンと夜釣りをする。
それだけに当然家族の反対はあるものの、駄目元の病気が勝ってしまいました_(^^;)ツ アハハ

という事で、何だかんだと釣り始めたのは 23:00過ぎ。
今回は全てボイリーで、2本は撒き餌をしたあたりに遠投。
1本は夜釣りという事で、足元に寄って来る鯉を狙って竿先へ。
あとはアタリが来るまで、ゆっくりと寝て待つだけです(^ー^* ) フフ♪

といいながら小心者の駄目元は、神経が高ぶっているのでしょう。
睡眠不足の状態にもかかわらず眠りが浅く、ほとんど寝られません。
おまけに鈴がチャリ~~ンと鳴るだけで直ぐに反応してしまい、益々寝る事が出来ません。
撒き餌の効果か、それとも夜釣りだからなのか?
いつになく鈴が鳴るのです。
ただ雑魚の仕業なのか、残念ながらラインを引き出す事はありません( ̄へ ̄|||) ウーム

このようにほとんど寝られない状態で悶々としていると、
「釣れへんのに、わざわざ夜釣り?
 ここまでする必要ある?
 アホちゃうか。
 その内に体こわすで!」

と自問自答。
次々とネガティブ思考が頭の中を支配していきます(^^ゞポリポリ

ところが、そんなネガティブ思考を吹き飛ばす出来事が、ついにやって来ました。
日曜日の 1:15頃です。
鈴がチャリ~~ンと鳴り、その瞬間またかと思う駄目元。
しかし、直ぐさまリールが唸りを上げたのです。
「来た!」
と喜びながらも、ヘッドライトはどこだったっけと焦る駄目元ヾ(--;)オィオィ
まさかの本命のアタリにあたふたしながらも、竿を持った時にはカウンターは既に100mほど。
その重量感に、そこそこの大物と判断がつきます(^ー^* ) フフ♪

アタリがあったのは、3本並べた真ん中の遠投していた竿。
鯉は初めは真っすぐ前方(川の中心)に向かっていたのですが、少しづつ左側(上流側)へと向きを変えて行きます。
左側は船着き場の護岸。
残り30mほどまで巻き取ると、護岸の直ぐ前まで寄って来ていました。
ただそのもう少し向こうには、確か巨大な流木が沈んでいるはず。
そこには行かせないよう、何とか踏ん張る駄目元。

一方、取り込み場所は右側(下流側)へ20mほどの所にある階段。
三角ネットでは護岸の上へと真上に引き上げる事が出来ないので、階段まで誘導する必要があるのです。
その間に立ちはだかる2本の竿。
ラインは上を通っいるのか下を通っているのか確認しながら、ゆっくりと誘導していきます。

その途中、ライトに浮かんだ姿を見て90台を確信。
そうなると小心者の駄目元はより一層慎重になり、無理をせずドラグを緩めてゆっくりゆっくり。
多少時間は掛かったものの、無事に三角ネットに収めた鯉は94cm,13kgの大物。

201510007

これは、淀川での自己記録です(= ̄▽ ̄=)V ヤッタネ
当然ながらこの1本で、気分は最高!
夜釣りを決行した甲斐があったというもんですよъ( ゜ー^) イェー♪

それからは当然のように期待が高まる駄目元。
しかし、期待とは裏腹にたまに鈴を鳴らす程度のアタリが来るだけで、なかなか本命らしきアタリがありません。
更にそのような小さなアタリも、やがて夜が明けるとともに無くなりました<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

結局釣れたのはこの1本のみ。
これはこれで十分過ぎるのですが、ただ1本だけでは撒き餌の効果があったのか、それとも夜釣りの成果なのか、または単なる偶然か、判断のしようがありません。
駄目元的には単なる偶然のような気がするのですが・・・・・・(^^ゞポリポリ

しかし、一方では駄目元の撒き餌を食べていたのも事実。
明るくなってから写真撮影のため水から上げた時、お腹から大量に出て来た物は、どう見ても駄目元の撒き餌。
という事は、あの低予算でも十分撒き餌になっているという事。
これはこれで、凄く自信がつきました( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

一方で新たな問題というか何というか・・・・・・
結局撒き餌の効果があったとなると、次回からは撒き餌が必須となります。
ただね・・・・・作るのが面倒なんですよヾ(--;)オィオィ
まぁ、材料が残っている間は続けるつもりですけどね_(^^;)ツ アハハ

さぁ~~てと・・・・・・
次回はいよいよ同僚のY君と計画している、秋の三方五湖。
今回の運が三方五湖まで続くのか、それとも既に使い果たしたのか。
もう楽しみで楽しみで、毎日がカウントダウンですよ(⌒▽⌒) アハハ!

|

« 紀の川 ちょっとした自己嫌悪 | トップページ | 三方五湖 短い短い物語 »

コメント

栄養があって、暖かく、全国的にも巨鯉で有名な淀川で釣っておきながら寒くて積極的に捕食しない北海道の人に向かって上から「北海道にもメーターいるはずです」などと軽く言うな。
楽な釣りをしてるお前と違って一匹釣る難易度も高いし、サイズアップも簡単じゃない。
釣りブログや動画はオナニー見せるようなもんだから謙虚じゃなきゃすぐ荒れるぞ。

投稿: 無責任だろ | 2016年10月 5日 (水) 07時33分

つるたろうさんへ

北海道にもメーターは居るはずです!
現に最近話題になった2本の 120オーバーは、大物で有名な琵琶湖や三方五湖ではなく、無名の野池らしいのです。
という事で駄目元は、淀川でメーターを目指します。
それが鯉釣りを始めた当初からの夢なんです(笑)

投稿: 駄目元 | 2015年10月20日 (火) 17時14分

おめでとうございます。やっぱり「通い勝ち」
ですね・・・
流石ですよ、私にはどんなに努力しても
85以上は釣れてくれません。
だいたいに、大げさに言えば北海道に90以上の
サイズがいるのだろうか・・・?と思うんです
しかし、駄目元さんの例に習って私も頑張ります。

投稿: つるたろう | 2015年10月19日 (月) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淀川 やっと釣れました(笑):

« 紀の川 ちょっとした自己嫌悪 | トップページ | 三方五湖 短い短い物語 »