« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月25日 (月)

淀川 地元ではさっぱり

週末は地元の淀川で、釣れもしない秘密基地の草刈りに励んでました。
でも一応アタリはあったんですよ、チャリ~~ンと鈴が鳴って・・・・・・
あれは絶対に鯉ですよ!_(^^;)ツ アハハ

先週三方五湖で大物が釣れただけに、出来れば行きたかったのですが・・・・・・
我が家の台所事情からすると何度も遠征する訳にはいかず、ここは気持ちを切り替えて地元の淀川です(^^ゞポリポリ

201505009

現地には夜明け頃に到着。
気配は薄いものの、時々鯉がもじります。
という事で、全く居ない訳ではないのです。
それでも滅多に釣れません。
要するに淀川は、駄目元との相性が最悪なのですヾ(--;)オィオィ

いつものように3本の竿を並べたあとは、恒例の草刈りです。
2週間ぶりの秘密基地は、気になる程度に雑草が伸びています。
刈っても刈っても伸びて来る雑草。
これからの季節は、雑草との戦いです(ー。ー) フゥ

雑草を刈り取り、一息ついたそんな時、チャリ~~ンと鈴が鳴りました。
そのままラインが引き出されるのを、心待ちにする駄目元。
しかし、残念ながらそれ以上の動きはありません。
あのアタリは・・・・・・フナ?
いや鯉です、鯉!
絶対に鯉ですけど・・・・・・なにか?_(^^;)ツ アハハ

これが土曜日の唯一の動きです。
そして日曜日。
予報では雨のため、元々釣りに行く気はありせん。
ところが予報は完全に外れました。
朝起きると、雨の痕跡が全くないのです。
こんな事なら行けば良かったと嘆く駄目元。
一方で "今から行ったって、どうせ釣れないし" と、現実を直視する駄目元。
ほんと、駄目元は二重人格です_(^^;)ツ アハハ

さてと・・・・・・
駄目元は、地元で釣りをすると決まってボーズ。
どうやら今回が、連敗のスタートのような気がします。
そして連敗脱出は、はるか先になりそうです(⌒▽⌒) アハハ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

三方五湖 満足度97%

今年2回目となる三方五湖遠征。
結果はメーターには少し足らなかったものの、自身初となる1日に2本の90台。
他に70、80台を1本づつと数にすると4本ながら、駄目元にとってはまさに快挙。
という訳で、今年も気分良く春の三方五湖を満喫してきましたъ( ゜ー^) イェー♪

201505001

GW(ゴールデン・ウィーク)後の三方五湖。
駄目元的にはこの時期が一番釣り易いと思い、通い始めて今年で4年目。
その狙い通り、昨年は自己記録のメーターを釣り上げ、今年も期待値がマックス状態で迎えました(^ー^* ) フフ♪

14(木)、19:30頃には現地に到着。
目指す有名な第1メーターポイントには、やぱり先客が。
まぁ、これは想定内の事なので、次に向かった第2メーターポイントを確保。
ここは昨年メーターを釣った場所だけに、いうなれば今回の本命です( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

ところがどうした事か、小魚を含め、全く気配がないのです。
今年はあまり良い情報を聞かなかったのですが、目の前の状況が、まさにその事を物語っていますε-(ーдー) ハァ
これではいくらお気に入りのポイントが最優先の駄目元でも、ただただガッカリです。
さすがにやる気は Zero !
そこで行き付いたのが、前回竿を出した、Nさんに教えてもらった場所。
そこでは子孫繁栄のため、バシャバシャと舞踏会が繰り広げられていました。
さらには前方で、バシャ~~ンと大物の跳ねる音。
はい、これで決まり!
さすがNさんご推薦の場所ですV(^0^)

仕掛けを投げ入れた後は、早速Nさんへ状況報告のメール。
いつも情報を頂くので、こんな時にしかお返しが出来ません。
但し、情報網の広いNさんにしてみれば、既に知っている事でしょうけども(^^ゞポリポリ

暫くするとNさんから電話があり、あれこれと話す中で、駄目元の期待値はグングン上昇。
"爆釣?"
"今晩寝られる?"
"体力持つ?"
と、妄想が膨れ上がります_(^^;)ツ アハハ

しかし残念ながらアタリはなく、そのまま朝となりました。
いくらNさんご推薦の場所とはいえ、簡単にはアタリをもらえません。
これが現実というものです。
ただ時間はまだまだ、たっぷりとあります。
場合によれば日曜まで粘る予定ですから_(^^;)ツ アハハ

15(金)、天気が良く、時間とともに気温がグングン上昇していきます。
そして待望のアタリが来たのは 9:45頃。
センサーが鳴るのと同時に聞こえて来る、ラインを引き出すリールのクリック音。
竿を持った時にはカウンターで60mほど。
ずっしりとした重量感に、大物への期待がかかります( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

Nさんの話しによると、この場所は一方に掛かりがあり、もう一方は見るからに回り込まれると厄介な場所。
なので、なるべく正面でやりとり出来るように、右へ左へと誘導します。
そのうえヒシ藻がやたらと絡んで更に重量感が増し、色々と邪魔をしてくれます。
一方、小心者の駄目元は久々の大物にビビリまくり。
あまり無理をせず、ゆっくりゆっくり時間を掛けて寄せてきます。
強引にやりとりし、口切れにでもなったら元も子もないですからね_(^^;)ツ アハハ

10分ほどのやりとりで無事にタモに納めたのは90cm 10kgの大物。
今年はまだ80台を釣っていないだけに、それを飛び越えていきなりの90台に、素直に喜びました。
但し、満足度は100%という訳ではありません。
三方五湖に来ると、信じられないほど贅沢になってしまいます(^^ゞポリポリ
201505003

さて、ここからが問題です。
90cmともなると、やはり鯉を持った写真を撮りたい訳です。
ところがここは、人が訪れて来るような場所ではありません。
なのでタイマーを使っての自撮りです。
当然90cmの自撮りなんて経験はなく、10秒の間に鯉を持ち上げてポーズを決めるのは、苦労の連続でした_(^^;)ツ アハハ

201505004

写真を撮り終え一息ついた後、Nさんに報告しようとしたその時、逆にNさんからの電話です。
連絡がないから気になっていたらしいのですが、たった今釣れたとの報告。
おそらく駄目元の声からは、嬉しさは十分伝わった事でしょう。
一方Nさんからは
「そこはまだまだ釣れる
 メーターも十分狙える」

と有難いお言葉。
駄目元はある程度満足しているものの、益々妄想が膨れ上がります_(^^;)ツ アハハ

次のアタリは 13:00前、今回も気持ち良くクリック音を鳴らし、ラインを引き出しています。
竿を持つと、先ほどよりも更なる重量感。
この瞬間、少なからずメーターを意識しました( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

ところが今回は悪い事に、厄介な方へ回り込もうとするのです。
一度はそれをかわして足元まで寄せて来たのですが、それからの抵抗が半端ではなくかなり綱引きをしたものの、最後にはとうとう回り込まれてしまいました。
こうなればじっくり出てくるのを待つか、強引に綱引きを始めるか?
結局駄目元は待つ事が出来ず強引に綱引きを始めると、以外と簡単に出て来てくれました。
強引だったのが結果的には良かったのか?
ただ今回が1本目だったら、おそらく強引には出来なかったはず。
その結果、益々悪い方向へと向かったかもしれません。
とにかくラッキーだったかも?V(^0^)
201505005

2本目は97cm 14kg
残念ながらメーターには届かなかったものの、駄目元の満足度は97%に上昇。
この数値の意味は、もうお分かりですね(^^ゞポリポリ
とにかく、駄目元は十分満足しています(^0^)/ ギャハハ

さて、問題は97cmの自撮りです。
先ほども苦労したのに、メーター近い鯉を持って果たして自撮りができるのか?
はい、苦労はしましたが出来ました。
201505006

この瞬間、再びセンサーが反応。
しかしラインを引き出すクリック音が無く、空アタリかと思いながらも竿の所に行くと、どうやら掛かっている様子。
それは先ほどとは比べ物にならないほど、あっさりと手に出来たのは77cm
ただ大物の直後だけに、1本増えて良かったという、ただそれだけの感想です_(^^;)ツ アハハ

さてさて、この事も当然Nさんへ報告。
すると、
「明日ぐらいにはメーターが出るよ」
との、有難いお告げ。
何たって鯉釣りの神さまご推薦の場所に、更に釣れるとのお告げまであれば、もう釣れない訳がないでしょう。
とはいうものの現実は厳しく、その後はアタリがないまま夜となり、そのまま朝を迎えました(^^ゞポリポリ

16(土)は早朝から雨。
予報では午前中には上がるものの、パラパラと振ったりやんだりを繰り返しています。
そして駄目元の心は日曜まで粘るどうか迷いながらも、昼から撤収する方向に傾きつつありました。
すると 10:00過ぎ、4本目の84cmが釣れた事により、14:00頃から撤収を開始。
若干 "粘ればメーターが!" との思いがあったものの、満足度97%で十分楽しめましたъ( ゜ー^) イェー♪

これで、今年も春の三方五湖を気分良く終える事が出来ます。
次回の遠征は秋の予定。
秋になれば、またメーターを目指して遠征です。
何たって今の駄目元の鯉釣りは、三方五湖を中心に回っていますからね(⌒▽⌒) アハハ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

淀川 雨に負けて暑さに負けて

週末は地元の淀川へ。
しかし、アタリを見る事もなく撃沈。
この時期に全くの音沙汰なしとは、寂しい限りです。
やはり淀川は、駄目元とは相性が悪すぎるんですね_(^^;)ツ アハハ

前回の淀川は珍しく2本も釣れたため、今回はかなり期待しての釣行です。
そのためか、ちょっとしたミスを犯してしまいました。
まぁ、浮かれてたんでしょうね(^^ゞポリポリ

09(土)、天気が良かったGW(ゴールデン・ウィーク)の延長で、この日は勝手に快晴だと思い込み、天気予報を見る事もなくいつもの秘密基地へ。
05:00頃には現地に到着し早速準備を始めていると、ポツンと手に何やら冷たい物が。
そして仕掛けを投げ入れた頃には、ポツリ・・・・・・ポツリ・・・・・・と。
雨?
まさかね、と思いながら予報を見ると、降水確率はまさかの60%
所々まだ薄日は射しているものの、確かに空は曇っています。
( ̄へ ̄|||) ウーム どうしよう?
と迷っている内に早くもパラパラと降り出し、僅か1時間ほどで撤収。
あ~~あ、朝早くから、何をしている事やら(^^ゞポリポリ

改めて 10(日)、今回は忘れずに予報を確かめると、天気は快晴。
という事で、いつもの場所でいつものように仕掛けを投げ入れたのは 5:30頃。
無風で川面は鏡のような状態で、悪い事に跳ねやもじりがほとんどありません。
やっぱり、前回釣れたのは奇跡だったのか?_(^^;)ツ アハハ

この日は珍しく、近くで3本の竿を並べてブッコミ釣りをする人が。
ただその人はやたらとエサ換えをするため、そのたびにチリンチリン・チリンチリンと鈴が鳴り、それが気になって駄目元のお昼寝タイムの邪魔をします。
更にこの場所は日蔭になるような物がなく、11:00頃にはTシャツ1枚でも暑くなり、気配もない状態ではもはや粘る気もありません。
という訳で、暑さに負けて昼前には撤収しました(^^ゞポリポリ
やはり淀川とは相性が悪いんですね。
(という事にしています)
でも良いんです。
とりあえず竿を出したという事で納得して・・・・・・_(^^;)ツ アハハ

さぁ~~て次の週末は、今年2回目の三方五湖遠征の予定。
頭の中は既に妄想だらけ。
当然、メーターを手にしていますよ(⌒▽⌒) アハハ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

紀の川 第12回紀の川鯉釣り大会

02(土) - 03(日)の日程で行われた紀州野鯉の会主催の紀の川鯉釣り大会。
今回は入賞が全て80以上と、過去に例のないハイレベルな大会となりました。
その中で駄目元は、残念ながら入賞は出来ず仕舞。
それでも久々の二桁の数釣りに、大いに楽しむ事ができましたъ( ゜ー^) イェー♪

201504013

今年も天気に恵まれた、一泊二日の大会。
この大会は紀の川全域が対象。
という事で駄目元が選んだ場所は、1ヶ月ほど前に竿を出した橋の下。
しかし当初の予定は、その近くのちょっとしたワンドみたいな場所でした。
そこには産卵の準備のために、多くの鯉が集まっていると考えたのです(^ー^* ) フフ♪

ところがその場に着くと、全く気配が感じられません。
というよりも橋の下を含め、この周辺では跳ねやもじりがほとんどありません。
完全に目論見が外れました。
さぁ、どうしよう?( ̄へ ̄|||) ウーム
他で駄目元が知っている有望な場所は、既に他のメンバーが入っているはず。
という事で、今更場所を探すのも面倒なので、開き直って橋の下です。
ここは前回の実績がある上、昼間の暑さ対策もバッチリです( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

201504008

02(土) 0:00の大会スタートと共に橋脚の下流側の外側と内側、それと橋脚の上流側の3箇所に仕掛けを投入。
そして最初のアタリは 3:50頃、続いて 4:50頃にセンサーが反応したものの、残念ながら両方とも空アタリ o( _ _ )o ショボーン
しかしその後すぐのアタリで、ようやく49cmのチビッ子が釣れました。
でもね・・・・・・何でこんなに小さいんだ!(▼⊿▼) ケッ!

201504009

但し、このサイズは例年なら短寸魚賞当確間違いなし。
という訳で、恥ずかしながらこっそりとキープ。
あとは80以上か、それともサイズダウン時に入れ替えるのみ。
とりあえずこれで入賞は頂きました_(^^;)ツ アハハ

その後昼過ぎまでに空アタリを含め、60台を2本追加。
この状況では、どうやらこの場所ではあまり大物は望めそうにはありません。
それでもこの周辺での自己記録は84cm
その奇跡を信じて、そのまま続行です。
要は、今更ながらの場所移動が面倒なんですよ。
それに、入賞魚はキープしてますからね_(^^;)ツ アハハ

そんな時、メンバーのF井さんから敵状視察の電話。
駄目元は、
「"入賞" 間違いなし、でもサイズは秘密」
と、正直に答えました。
決して短寸魚狙いなんて言えませんからね(^^ゞポリポリ

しかしF井さんは "優勝" と聞き間違えたらしく、駄目元がかなりの大物を釣ったと勘違いし、それが怪情報として広がりました。
まぁ、あの言い方では、そう受け取られても当然。
ある意味作戦通り。
これで益々短寸魚賞に近づいたというもんですよ_(^^;)ツ アハハ

さて、14:00頃からです。
それまではアタリが遠かったのですが、それからは頻繁にセンサーが反応しました。
空アタリやスッポ抜けを含め順調に数を増やしていき、20:40頃には今回の最長寸74cmが釣れました。

201504012

しかし80以上なければ上位入賞は難しく、相変わらず最初の短寸魚をキープした状態のまま。
その後もアタリは頻繁に続き、最終的には20数回のアタリで釣果は12本。
型(サイズ)には不満が残ったものの、久々の数釣りにある意味、満足・満足ですよ(^0^)/ ギャハハ

大会二日目、03(日)の 09:30頃には片づけ始め、審査会場へと移動。
駄目元が会場に到着した頃には、既に大半の鯉が運び込まれたあと。
まずはそれらの鯉を確認した時、駄目元の短寸魚賞が確実なものとなりました。

「これで全部?
 よっしゃ~~、狙い通り」
(= ̄▽ ̄=)V ヤッタネ

駄目元がそう口走った時、メンバー達は駄目元が優勝と思ったでしょうね。
ところが、そこに運び込まれる49cmのチビッ子に、
「えぇぇ~~~」
と言う、メンバー達の驚きの声_(^^;)ツ アハハ

しかし、それ以上に驚かされたのは駄目元です。
その場に "どうすれば針掛かりするの?" と悩むぐらいの幼児が持ち込まれてきたのですΣ(゜◇゜;) ゲッ 
その瞬間、駄目元の短寸魚としての入賞は、儚く消え去りました_(^^;)ツ アハハ

さて、大会結果ですが・・・・・・
優勝は、人生初の鯉を釣り上げたT中さんの88cm

201504023

準優勝は同寸でF井さん。
F井さんは3年連続となる準優勝です。

201504024

そして上位入賞者から思い思いの豪華賞品を手にし、最後に記念撮影。

201504026

その後は懇親会で、思い思いの話しで盛り上がりました(^0^)/ ギャハハ

さて今回の釣行ですが、駄目元的にある事を実践していました。
詳細は省きますが、その結果9割近くは1本の竿に集中。
その結果にある程度は納得するものの、これほど差が出るとは驚きです。
ただ数は出たものの、サイズがねぇ・・・・・・

もう一つ、問題が。
それは半数近くの空アタリやスッポ抜け。
それらを高確率で取り込んでいれば、釣果は20本前後のはず。
その中には、もしかして80クラスが居たのかも?ヾ(--;)オィオィ

まぁ、ボーズ常習犯の駄目元にとっては、贅沢な悩みです(^0^)/ ギャハハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »