« 謹賀新年 | トップページ | 寂しい現実 »

2015年1月19日 (月)

紀の川 2015年初釣りの儀

紀の川へ、2015年の初釣りに行ってきました。
しかし5人で竿を並べていたものの、誰一人アタリを見る事もなく撃沈。
まぁ、予想通りというか何というか、今年も相当苦労しそうですね_(^^;)ツ アハハ

いつでも釣りに行きたい気持ちはあるものの、一方では体の方が寒さに対して拒否反応を示し、気が付けば2カ月ぶりの釣行です。
以前ならこの時期でも夜中から釣りをしていたのに、いつしか寒さが身に染みる歳になりました(^^ゞポリポリ

今回は紀の川の仲間からお誘いがあり、この際とばかりに出掛けました。
何かきっかけがなければ、なかなかエンジンがかからないもんで(^^ゞポリポリ
という事でせっかく紀の川まで遠征するのなら、例の "一人前夜祭" を行い少しでも釣果に恵まれるようにと考えたものの、夜はかなり冷え込むとの予報であっさりと断念。
やっぱり寒いのは辛いです_(^^;)ツ アハハ
という事で、結局は集合時間に少し遅れて到着し、釣り始めたのは 10:00頃。
まぁ "初釣りの儀" ですから、の~~~んびりしたもんです(⌒▽⌒) アハハ!

201501001

場所は良くお世話になる、小田井の堰。
その中で、テトラが沈んでいる近辺を狙いました。
エサは "この時期にはこれしかない" と、絶大な信頼を寄せる食パン。
もはや駄目元の鯉釣りには、なくてはならないエサです (^^ゞポリポリ

仕掛けを投げ入れると、あとは天気が良いのでの~~~んびりと日向ぼっこ。
今回はほぼ無風状態のため、浅瀬のある対岸の様子をうかがう事ができます。
浅瀬を良く見ると、何やら黒い物体がゆっくりと移動しているのです。
おそらく鯉でしょう。
という事はチャンスがあるはず。
しかも、その近辺にはメンバーの一人が仕掛けを遠投しています。
しかし現実は厳しく、全く見向きもされないようです。
ただ駄目元的には、食パンだったらなと思うところもあるのです。
しかし食パンをあそこまで遠投させようにも、空中分解が目に見えているし・・・・・・
なかなか思い通りにはいきません<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

201501002

さてと・・・・・・
アタリもなく、皆で日向ぼっこをしながら雑談する事と言えば、やはり鯉釣りが中心。
その中でも、今回特に盛り上がったのはエサについて。
メンバーの一人が "あるもの" をエサに使ったという事が発端です。
本人の名誉のため、あっ! 間違い間違い。
結果が出なかったため、名前はあえて伏せておきます。
果たして今後、それは秘密兵器となり、名前を公表する時が来るのか?
それとも、いつしか忘れ去られてしまうのか?
今後が楽しみです。
ただ駄目元的には ( ̄へ ̄|||) ウーム なんですけど・・・・・・

いやいや、決して否定はしていませんよ、ほんとほんと。
発想そのものは、別に間違っているとは思いませんから。
それが秘密兵器になったら、当然使わせてもらいます。
でもやっぱり ( ̄へ ̄|||) ウーム なんです_(^^;)ツ アハハ

結局相手はあの雑食王ですからね、市販のエサだけでも何十種類とある訳だし、当然迷いますよ。
その中で駄目元は、この時期は迷う事なく食パンというところに辿り着いた事は、ある意味幸せ者です(^ー^* ) フフ♪

さてさて、これ以上の内容もないので・・・・・・
今回は幸いにも風がなく、暖かくて快適な一日でした。
これで初鯉を手にしていれば、もう言う事なしだったのに_(^^;)ツ アハハ

とにかく "初釣りの儀" は無事に終わりました。
あとは3月一杯まで、ダービー(紀の川での仲間内の年間大物賞)を狙って頑張ろうかな?
何か目標があれば、寒くても頑張れるかも?
それにダービーは長らく取ってないし、最後の最後で逆転された年もあるし。
それよりも前回、せっかくのバースデーでの優勝をわずか10分ほどで覆された恨みもあるし、それが現時点でのダービーだし・・・・・・

ね! K・Yさん (⌒▽⌒) アハハ!

|

« 謹賀新年 | トップページ | 寂しい現実 »

コメント

つるたろうさんへ

駄目元も、意気込みだけはあるんです。
ただ寒さに耐えるのが・・・・・・ね(笑)
この冬は暖冬と言ってたはずなのに!

投稿: 駄目元 | 2015年1月21日 (水) 17時29分

どうも!
駄目元さんも手ぶらでご帰還でしたか!
私も次回こそは・・・!と意気込みだけは
忘れていません?

投稿: つるたろう | 2015年1月20日 (火) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀の川 2015年初釣りの儀:

« 謹賀新年 | トップページ | 寂しい現実 »