« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

淀川 特にありません

2週間ぶりの淀川です。
そう、あの相性の悪い(と言い訳している)地元の川です。
という事は・・・・・・
はい! 案の定ボーズです。
それでいったい、何を書き込もうとしているのやらσ(^_^;)アセアセ...

実は、さすがに今回は Blog の更新は止めようと思っていました。
何たって、書き込む内容がないですからね。
でも釣った時だけ更新となると、次回の更新がいつになるのか分かりません。
という事で、開き直っての更新です。
ボーズ常習犯を、今さら隠す必要もありませんので_(^^;)ツ アハハ

土曜日、前夜の深酒のため釣りにいかずに過ごしていると、あのNさんからのメールです。
しっかりとメーター鯉を抱えている写真と共に。
さすがNさんですね。
アカン・アカンと言いながら、しっかりと釣るんだから(= ̄▽ ̄=)V ヤッタネ

そのメールに対し、駄目元は "日曜日に淀川で遊びます" と返信。
元々日曜日は、天気の回復次第では "淀川に行く" と決めていたんです。
ちなみにその返信メールには、"滅多に釣れませんけど" と付け加えときました(^^ゞポリポリ

日曜日、ほぼ10割近い諦めと、まれに起きる奇跡に期待しての釣行です。
少し明るくなり始めた頃、いつもの釣れもしない秘密基地に到着。
早速まわりの様子を見ていると、護岸近くの、藻の繁殖状況がはっきりと確認できます。
2週間の間に、随分と繁殖しています。
その影響でしょう、ブラックバスやらブルーギルやら、多くの魚を確認する事ができました。
これだけの数を見るのは、淀川では今年初めてです。

ところで本命の鯉は?
居ました、居ました!
いつも仕掛けを投げ込むあたりで、大きな尾ビレがバシャ~~ンと波紋を広げます。
単純な駄目元は、それだけで何だか釣れそうな気になりました_(^^;)ツ アハハ

5:00頃、期待を込めて第1投!
ところが幸先の悪い事に、遠投するつもりで竿を振りぬくと、見事にバックラッシュ!
PVAバッグが針から抜けてしまい、仕掛けとPVAバッグが別々に飛んでいったのですヾ(--;)オィオィ

改めて・・・・・・
ボイリーを2本と食パンを1本投げ込み、アタリを待ちます。
すると 6:00頃、ダラ~~ンとたるんでいたラインがピ~~ンと張るぐらい、ラインが引かれるのを偶然目にしました。
「アタリや!
 そのまま、行け! 行け!」

当然、駄目元の期待値はマックス状態。
ところが、それ以上ラインを引き出す事はありませんでした。
あ~~あ、残念! o( _ _ )o ショボーン

それでも、何だか今日は釣れそうな雰囲気!
と思ったものの、その後は全く変化なし。
曇り空だったのが時間が経つと共に雲が減り、お日さんが姿を現すことが長くなってきました。
元々ここは日蔭になるようなものがなく、おまけに風もほとんどないだけに、暑いこと暑いこと。
という事で 9:30頃には暑さに負けて撤退しました。

それでも、とりあえず釣りに行くというノルマは達成した訳です_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

紀の川 初め良ければ?

訳あって時間が空いたので、思い立ったように紀の川へ。
その甲斐あって、釣り始めて1時間ほどで本命をゲット!
雰囲気からすると今回は期待ができるぞと思ったものの、それは最初だけ。
なかなか思い通りには行きません。
まぁ、釣れたから良いんですけどね(^^ゞポリポリ

所要のために金曜日に休みを取っていたものの、予定よりも早く昼過ぎにはフリー状態に。
だったらこの週末を釣れない淀川で過ごすよりも、確立の高い紀の川へ行ってみるかと思い立ったわけです(^ー^* ) フフ♪

ちなみに、決してサッカーW杯・日本代表戦を見るためではありませんよ。
皆そんな目で見るんだから、困ったもんです。
ほんと、たまたま日が重なっただけなんですからね<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

場所は、前回の一本勝負の大会場所。
ここは車の横付けができるものの滅多に人はやって来ず、駄目元の性格にはピッタリの場所。
おまけに運が良ければ80後半、あるいは90台が釣れるかも?
それだけに、久々にダービー(紀の川での仲間内の年間大物賞)も狙ってみたくなりました(⌒▽⌒) アハハ!

現地には 18:00前に到着。
ゆっくりと周辺の状況を見て回ります。
すると一か所、数匹の鯉が足元から逃げて行く場所がありました。
はい、ここに決定です(^ー^* ) フフ♪

1個のロッドポットに2本の竿。
エサはそれぞれボイリーと食パン。
それを1セットとして先ほどの場所に。
(仮にAポイントとします)
それとは別にもう1セットを、50Mほど離れた場所にもセッティング。
はい、念のために保険を掛けました(^^ゞポリポリ

19:00頃には準備が終わり食パンはチョイ投げ、ボイリーは遠目に投げ入れてスタートです。
ちなみにこの時、Aポイントでは再び鯉が逃げて行きました。
どうやら、鯉の宴会場になっているようです。
もはや釣ったも同然、良い雰囲気です(^ー^* ) フフ♪

すると 19:30頃、早くもセンサーが反応。
来たのはAポイントの食パンの方。
まさに、狙い通り!
これだから食パンは必需品なんですよV(^0^)
と喜んだものの、ラインを引き出すクリック音が聞こえてきません。
残念ながら、空アタリで終わりです。
しかし、早いアタリに期待が膨らみます(^ー^* ) フフ♪

その期待通り、20:00頃に再びセンサーが反応。
今度もAポイントの食パンです。
今回はラインを引き出し、心地よくクリック音を響かせています。
しかし、竿を持つといかにも悪戯っ子が暴れているといった感じ。
難なくネット・インしたのは、51cmのおちびさん。
狙い通り、いとも簡単に本命が釣れたのは有難いのですが、ちょっと小さい。
せめて60台は来て欲しいよなぁ・・・・・・
という事で、写真も撮らずに即リリース。
この時は「今日は、行ける!」と思ったのですσ(^_^;)アセアセ...

ところがそれからはアタリはなく、河原は沈黙の世界へと変わりました。
それでも食パンは、念のため2時間以内にエサ換えを繰り返します。
その間にも、ちょっとした違和感を感じていました。
それは・・・・・・

土曜日の 4:00過ぎ、明るくなり始めた頃に、その違和感の原因がはっきりしました。
わずかですが、明らかに川の水位が下がっているのです。
元々浅い場所で釣っていたので、それが影響しているのか?
夜明け前後にもかかわらず、跳ねやモジリがほとんどありません(/・_・\)アチャ・・

こうなると、
「もうアカンな、今日も1本で終わりか」
というマイナス思考の駄目元と、
「いや大丈夫、まだチャンスはある」
というプラス思考の駄目元が、頭の中で葛藤します。
まぁ、圧倒的にマイナス思考が勝ちますけどね(^^ゞポリポリ

結局そのままアタリはなく、昼前には撤収です。
あ~~あ、もうちょっと期待して紀の川まで遠征したのに、思い通りには行きませんね。
まぁ、小さくても釣れたから良かったものの、何たってこの場所での初めての釣果!
という事で・・・・・・

小さな事からコツコツと!

ですか?(⌒▽⌒) アハハ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

淀川 悪あがき

週末は二日とも地元の淀川へ。
行くだけ無駄ですね! 全く釣れる気がしません。
もはや潔く諦める時かも?
と言いつつ長年通っているだけに愛着もあり・・・・・・( ̄へ ̄|||) ウーム

前回の淀川から早くも3週間が経ち、"そろそろ草刈りをしなければ!" と淀川へ。
まぁ、そこまでするほどの価値のある場所ではないのですが、とりあえず草むらに囲まれた居心地の良い秘密基地だと理解して下さい(^^ゞポリポリ
ちなみにこの場所ですが、グーグル・マップの写真を見れば、周りとの違いがはっきりと分かります。
駄目元の努力の結果です。
一体、何の自慢だか?_(^^;)ツ アハハ

土日とも 5:00前から暑くなるまでの3~4時間の釣り。
いつものように3本の竿を並べ、アタリが来るのを待ち続けます。
しかし、鯉は遠くでごくたまぁ~~に跳ねたりもじったりする程度。
正直、今回も釣れる気はしません。
それでも奇跡を信じて、アタリを待ちます(^^ゞポリポリ

と、毎回同じような内容です。
全く代り映えしません。
仕方がありません、釣れませんから_(^^;)ツ アハハ

ちなみにウキ釣りの常連さん達も、なにも釣れないとぼやいていました。
ウキ釣りで小魚さえ釣れないのだから、鯉なんてなおさら・・・・・・ねえ(^^ゞポリポリ

と言う事で好きでやってる事とはいえ、こうも釣れないと時々虚しく感じる時があります。
「あの場所はアカン、暫くは違う場所へでも行ってみるか」と・・・・・・
それでも、たまぁ~~に釣れる時があるんですよね。
更に、運が良ければ90台も。
だからその奇跡を信じて、あの居心地の良い秘密基地に通う訳で・・・・・・

あ~~あ、我ながら諦めの悪い駄目元です_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

紀の川 第30回一本勝負鯉釣り大会

30回目となる、紀州野鯉の会恒例の一本勝負鯉釣り大会!
今回は12名の参加にもかかわらず相変わらずの貧果の中、ようやく3大会ぶりに勝敗が決まりましたヾ(--;)オィオィ
一方、駄目元はというと例の如く一人前夜祭を楽しんだものの、肝心の大会の方はボーズ。
まぁ、いつもの事ですが、前夜祭はまさに狙い通り。
それはそれで、良かった、良かった_(^^;)ツ アハハ

三方五湖で自己記録を更新してから、早くもひと月近くが経とうとしています。
その間ちょこっと淀川に行っただけで、お決まりのボーズ。
正直、淀川はあまり釣れる気がしませんヾ(--;)オィオィ
という事でそろそろ結果が欲しくなっていた時、良いタイミングで紀の川での大会です。
この機会に是が非でも結果を出したくて、今回も一人前夜祭を決行しました(^ー^* ) フフ♪

さて、前夜祭の場所ですが・・・・・・
お気に入りの流れ込みはまだ工事中と思われるし、今回は珍しく集合時間が速いため、出来るだけ大会場所の近く。
と言う事で選んだ場所は、まさに大会場所でした_(^^;)ツ アハハ

しかしその場所での駄目元の釣果は、過去に1本だけ。
それでも、
"一か所だけ"
"あのポイントなら"
"それも夜釣りなら確立が高い"
と、狙いをつけたのです(^ー^* ) フフ♪

現地には土曜日の 23:00頃に到着。
予想通り流れも緩やかで、バシャ~~ンと時々鯉も跳ねています。
"よしよし、雰囲気は良いよ!"

早速狙っていたポイントで竿をセット。
そこはチョロチョロとした水が落ち込んでいる所。
余り変化のない場所では、それだけでも十分!(だと思っています)
そこに、1本はその水が落ち込んでいるまさに竿先の浅い棚。
もう1本は、ほんの数m先の一段深くなった棚へと仕掛けを投入。
エサはアホの一つ覚えのごとく、食パンです(^0^)/ ギャハハ

小魚の活性も高いこの時期に柔らかい食パンという事で、エサ換えは1時間ごとの予定。
あとは寝るだけなのですが、これがなかなか寝られません。
いつもの事ですが、半分寝てるような寝てないような、そんな状態が続きます。
そして、気が付けば早くも1時間経過。
予定ではエサ換えなのですが、ここで起き出せば益々寝られなくなる。
そう思うとなかなか行動に移す事が出来ません。
そうこうしている内に、エサ換えもせずそのまま寝てしまいました。
ヾ(--;)オィオィ 良いのか? そんなんで ( ̄へ ̄|||) ウーム

ところが 01:00頃、突然のセンサーで起こされました。
慌ててヘッドライトを装着し車から出ると、リールが唸りを上げラインがどんどん引き出されています。
「よっしゃ~~~、鯉や!」
駄目元は、この瞬間が大好きですV(^0^)

掛かったのは竿先に仕掛けを落し込んだ方。
してやったり、まさに狙い通り(^ー^* ) フフ♪
竿を持ったあとも、鯉は勢いよくラインを引き出していきます。
薄暗い中とはいえ、この感覚は気持ち良いですね!
あとは針が外れない事を祈りながら、取り込みます。

201406022

73cm
狙い通りの場所とエサ。
駄目元はこの1本で十分満足ですъ( ゜ー^) イェー♪

その後、いつの間にか寝ていたのですが、周りが明るくなっているのに気付きました。
05:00頃、時間的には最後のエサ換えです。
そして 06:00頃、今度は数m先の一段深い棚でヒット!
今回は朝のお散歩中の人が見ている中での、鯉とのやりとり。
「ばらすとかっこ悪いぞ!」
鯉は対岸近くまで走り、そこから横方向へと向きを換えて抵抗してきます。
しかし先ほどよりも明らかに力は弱く、楽に取り込めました。

201406023

予想通り、2本目はサイズダウンの60cm
しかし2本も釣れた事で大いに満足し、前夜祭を締めくくる事が出来ました(= ̄▽ ̄=)V ヤッタネ

次に大会ですが、ここで問題発生です。
集合時間の 07:00近くになっても、メンバーの誰一人としてやって来ません。
時間は間違っていないはずなのに・・・・・・
そんな時にF川会長から電話です。
何と駄目元の完全な思い違いで、場所を間違えていたのです。

ちなみに間違いの発端は、同僚のY君です。
Y君が "いつもの堤防ですね" と確認してきたので、駄元もそう思い込んでしまったのです。
はい、これを責任転嫁と言います(^^ゞポリポリ

しかし、場所を間違った事で結果として2本の釣果。
まぁ、こんな失敗も、たまには良いんじゃないですか!(⌒▽⌒) アハハ!

F川会長の電話から遅れる事数分、当然のようにY君もこの場所にやって来て、それから本来の場所へと移動。
そこは駄目元にとっては4年ぶりとなる場所で、過去には90台が何本か釣れています。
早速場所決めの抽選を行い、各自順番に思い思いの場所で竿を出します。

201406024

ここでも駄目元は、当然のように食パンです。
ボイリーにするか少しは悩んだのですが、やっぱり食パンの方に落ち着きました。
ここまで食パンに拘るのは、ちょっと異常かな?_(^^;)ツ アハハ

09:00頃、メンバー達が仕掛けを投げ入れ一段落した頃、早くもT長老のセンサーが反応しました。
「えっ! もう来たの?」
てな感じですね。
T長老の竿は遠く離れた一番上流側。
急ぐでもなく、メンバー達がごろた石の河原をぞろぞろと歩きながら竿の所へと向かっていると、竿が大きく揺れているのが確認できます。
「やられた、間違いなく鯉や!」
これでT長老は、大きく大きくリードです。
但し、無事に釣れたらの話しですけど(^^ゞポリポリ

多くの者が竿の所に集まったものの、T長老が一番遅れてやってきます。
歳の事を言うのもなんですが、それはある意味仕方がない事。
さらにT長老は、
「誰か上げてくれたら良いのに」
と言うものの、そこは、よほどの事が無い限り・・・・・・ね(^^ゞポリポリ

201406025

T長老が馴れた手つきで取り込んだのは、70cmの鯉。
いつもの大会ならば、これで優勝は決まりですヾ(--;)オィオィ
しかし、今回は誰一人として諦めていません。
時間はまだ早いし、雰囲気は良いし、何より70cmなら逆転は十分可能です。
それだけに、逆に期待を持たせてもらいました(^ー^* ) フフ♪

201406026

ところが、それからはいつもの大会へと様変わり。
誰の竿にもアタリがありません。
また今回も大会の名前通り、1本で勝敗が決まるのか?
メンバー達全員が、諦めモードへと入っていきます(^^ゞポリポリ

そんな状況が続く中、13:00頃にF井さんがニゴイをぶら下げて戻ってきました。
エサ換えのため仕掛けを上げると、掛かっていたそうです。
「こんなん掛かってたら、鯉は掛からんわ」
と、ぼやくF井さん。
ほんと、その通り。
ニゴイでも、せめてセンサーを鳴らしてくれたら、その瞬間だけでも楽しめるに・・・・・・ε-(ーдー) ハァ

そして誰もが諦めた 16:40頃、F井さんのセンサーが反応。
まさか、最後の最後に逆転ホームランか?
F井さん本人は喜んだでしょうが、駄目元にすれば「あ~~あ、良いなぁ~~」的な状況です(^^ゞポリポリ

201406028

ただ、最後に逆転はあるのか?
個人的な興味はそこだけです。
しかし、残念ながらサイズは62cmで逆転はならず。
そのまま大会は終了し、T山長老の3回目の優勝が決まりした。
さすがT山長老、まさに年の功というところでしょうか?(^^ゞポリポリ

さてさて・・・・・・
駄目元は今回も大会ではボーズ、しかし前夜祭ではそれなりの釣果。
だから前夜祭は大切なのです。
だから前夜祭は止められません_(^^;)ツ アハハ

だからといって大会の方は、決して諦めている訳ではないですよ!(⌒▽⌒) アハハ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

言い訳

この週末は、Nさんが主宰する大会がありました。
ルールは至って簡単。
釣った鯉の写真を送るだけで、豪華賞品をゲットするチャンス!。
しかし残念ながら駄目元は、珍しく釣りとは縁のない週末でした(^^ゞポリポリ

ただし、一応土曜日は釣りに行こうと思っていたのです。
せっかくのNさんからのお誘いですから。
しかし疲れがピークに達していたのか完全に寝過ごし、起きたのは 8:30頃。
それから釣りに行くにも暑くなるし、ましてや淀川は簡単には釣れないし・・・・・・
という事で、土曜日の釣りは断念。

翌日曜日は 10:00からソフトボール。
それを承知で釣りに行くとなると、そこから時間を逆算して、

 9:30 ソフトボールへ出発
 9:00 淀川から帰宅
 8:00 撤収作業
  ・・・・・・
 4:00 釣りスタート
 3:00 起床

まぁ駄目元的には、それほど無茶な時間ではありません_(^^;)ツ アハハ
ところが目が覚めたのは 5:00過ぎ。
はい! この日もあっさりと釣りは諦めましたσ(^_^;)アセアセ...

それにしても、二日も続けて寝過ごすとはね。
両日とも目覚ましを止めた記憶があるだけに<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...
淀川がもう少し簡単に釣れるんだったら、起きたはずなのに・・・・・・
はい、言い訳です(^^ゞポリポリ

さて、次回は紀の川です。
という訳で、早くも週末に向けてカウントダウンを開始ですъ( ゜ー^) イェー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »