« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月29日 (火)

紀の川 第11回紀の川鯉釣り大会

26(土) - 27(日)の日程で行われた紀州野鯉の会主催の紀の川鯉釣り大会。
お隣さんが順調に釣果を伸ばす中、残念ながら駄目元の釣果は1本だけ。
しかしその1本で特別賞を頂き、狙っていた商品をゲット!
大会のあとは恒例の懇親会もあり、今年も大いに楽しみましたъ( ゜ー^) イェー♪

201407043

この大会の対象範囲は紀の川全域。
とはいうものの、駄目元はお決まりの九度山橋の川原です。
ここは広々としていて車の横付けができ、のんびり出来るのでお気に入りです。
ただ正直なところ、この場所で優勝を狙うのはちょっと厳しいのですが・・・・・・
はい、いきなり言い訳から始まりました_(^^;)ツ アハハ

場所は決めていても、気になるのは大会当日までの天気。
駄目元は早い流れが大嫌いなので、少しでも増水しない事を祈っていました。
そんな祈りが通じたのか今年は雨が少なく、おまけに大会当日は絶好の行楽日和。
駄目元は日頃の行いが良いんですよ、きっと!_(^^;)ツ アハハ

201407026

現地には 25(金)の 23:30頃に到着。
さっそく川の様子を見に行くと、予想よりも流れが速いのです。
あとで理由が分かりましたが、いきなり強烈なジャブを撃ち込まれてしまいました(ー。ー) フゥ

そんな事で嘆いている訳にもいかず、気持ちを切り替えて釣りの準備。
大きく3本の竿を並べ、ボイリーをパラパラと撒きスタート時間を待ちます。
誰も見ていないのに、律儀な駄目元です。
あれ! ひょっとして撒きエサもダメだったかな?
でも、もう直ぐスタート時間だから、まぁ、良いか!_(^^;)ツ アハハ

26(土) 00:00、期待を込めて2本はボイリー、1本は食パンでスタート!
しかしいつものようにアタリはなく、そのまま朝を迎えました。
そしてある事に気付きました。
水位が下がってる!
なんで? ( ̄へ ̄|||) ウーム

10:00頃、S司さんがやって来ました。
元々狙っていた場所が空いておらず、こちらに来たそうです。
そして駄目元が居たため、隣で釣る事に。
この時点で水位は20cm以上下がっていました。
直ぐ上の堰を操作しているそうです。
その分流れも弱くなり、駄目元にとっては好都合。
ただ、この水位の低下がどのように影響するのか、それは誰にも分かりません_(^^;)ツ アハハ

11:00過ぎ、暇なので橋の上から川の様子を見てみるかと、ブラブラとお散歩。
そして橋の上から川を覗いていると、”ピピピピ”とセンサーが鳴っているような・・・・・・?
空耳かな?
それとも手前にいるS司さんが、テストでもしてるのかな?
センサーは車の中。
駄目元はその車から随分と離れているため、始めはそんな程度に思っていました。
(上の写真を参考にして下さい)

しかし、確かにセンサーが鳴ってるような・・・・・・?
でも、S司さんには動きがない!
気になるんだけど・・・・・・
(゜∇゜;)エッ!? もしかして、ほんとに鳴ってるの?ヾ(--;)オィオィ

確信したところで、竿までは相当な距離。
おまけにそこまで走る脚力も体力もありません。
ようやく竿の所へとたどり着いたものの、随分と時間が経ったためか動きがありません。
外れてしまったのか、それともゴミか?

竿を持つと、幸いにも掛かったままでした。
しかも手応えからすると、それはまさしく本命の鯉。
しかし途中で何かに巻かれ、ラインを巻き取ることが出来ません。
参ったなぁ~~・・・・・・
その時です。
タモを持って駆け付けてくれたS司さんの竿にもヒット!
竿先が大きく揺れていますw(°0°)w オォー

一方駄目元はこれを何とか釣り上げたく、ラインを緩めたり別の方向に引っ張ったりと悪戦苦闘。
逃す訳にはいきません。
すると、ラインがスルスルと出て行くようになりました。
このチャンスを逃さないように少しラインを引っ張ると、運よくラインが外れた様子。
あとは大事に大事にタモ入れです。
どうも前回の三方五湖のトマウマからは、簡単には抜け出せそうにありません。
はい、ビビリの駄目元ですσ(^_^;)アセアセ...

201407029

釣り上げたのは鱗がほとんどない、珍しいドイツ鯉。
ドイツ鯉は何度か釣った事があるものの、ここまで鱗がないのは初めてです。
しかしサイズ的には上位入賞は到底無理。
それだけに当初は、とりあえずはボーズを免れてホッとした程度でした(^^ゞポリポリ
ところがS司さんが「これは特別賞や!」と言うのです。

(゜∇゜;)エッ!? 特別賞?
ふ~~~ん、なるほど・・・・・・
って事は、商品ゲットのチャンス!
もしかして、やっちゃったかな?(^ー^* ) フフ♪

ちなみにエサは食パンでした。
どおですか?
誰が何と言おうと、食パンは必需品でしょ!。
それと、先ほどのS司さんの鯉は70なかばでしたъ( ゜ー^) イェー♪

この頃の他の場所の状況はというと、F井さんグループは爆釣模様。
F川会長グループはさっぱりで、Tみさんは大物をバラシたとの事。
更に誰も80台の声はなく、優勝争いは混戦模様。
但し隠しだまが有るやら無いやら、既に情報戦が始まってるのかもしれませんヾ(--;)オィオィ

そんな時にひょっこりとT山長老がやって来て情報収集。
T山長老は、今年も既に60本以上は釣ってるとか。
そんなT山長老でも、今回はさっぱりとの事。
運に見放されたのでしょうか?
そして90前後の大物を見たと話しをすると、T山長老が一言。
「あいつはエサを喰わんのよ」
だって。
さすが、何から何までご存知。
御見それしました_(^^;)ツ アハハ

その後駄目元に空アタリがあり、S司さんにもアタリがあったもののバラシ。
16:00頃、再びS司さんにアタリがあり先ほどと同サイズをゲット!
そして 17:00頃、ぼちぼちビールを飲んで宴会模様に入っていた時に、またまたS司さんにアタリ。
今度の鯉は、見るからに80台。
情報が正しければ、S司さんが優勝候補の筆頭に躍り出ました(= ̄▽ ̄=)V ヤッタネ

更にS司さんは続きます。
18:30頃にバラシがあり、20:00頃に70弱。
宴会をお開きにしそれぞれの車に分かれたあとも、夜中に2本追加したそうです。
しかも最初の1本以外は全て同じ竿。
さすが1mの範囲内のピンポイントに、正確に投げ入れるだけの事はあります。
なぁ~~んてねσ(^_^;)アセアセ...

27(日)早朝、ようやくY君がやって来ました。
Y君はこの大会を楽しみにしていたのに、急遽土曜日が出勤となってしまったのです。
そんな出勤、駄目元だったら間違いなく断るのにヾ(--;)オィオィ

Y君も竿を出し終え、S司さんと3人で座談会。
そんな時にもS司さんの当り竿が揺れます。
この竿ばっかり、不思議なもんですね。

大会二日目は3人とも釣果がないまま終了。
審査会場へと鯉を運び込み、皆が集まりわいの・わいの。
あれやこれやと話しが盛り上がります。

201407036

そして始まった件寸の結果、優勝は83.5cmでS司さん。
準優勝が何度かあったS司さんが、11回目にしてついに悲願の初優勝です。

201407040

一方の駄目元は、予想通りあのドイツ鯉で特別賞を受賞。
商品は狙い通り、30kgのお米をゲット!
これで嫁さんは三つ指をついて出迎えてくれるでしょう(⌒▽⌒) アハハ!

ところで今回の大会。
まさか駄目元達の場所から優勝が出るなんて・・・・・・
あの場所では優勝は無理と諦めていたのに、侮れなくなりました。
もはや言い訳は出来ません。
当然、運もみかたしてもらう必要がありますけどね_(^^;)ツ アハハ

さて、来年も同じ場所で楽しむぞ!V(^0^)

-追記-
懇親会の後、駄目元は例の流れ込みで竿を出そうと思い、現地に向かいました。
しかし残念ながら未だに工事中のため、あっさりと諦めて帰宅。
あの様子だと、今年は無理かな?
残念!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月21日 (月)

三方五湖 ばんざぁ~~い!

今年2回目となる三方五湖。
今回も金曜日に休みを取り、3日間粘ってようやく手に入れた今年の初鯉。
訳あって全身を襲う脱力感に襲われたあとだけに、喜びも倍増。
それにしても初鯉を釣るのに、ここまで苦労するとは・・・・・・
いゃ~~、とにかく良かった、良かったV(^0^)

201407022

春の三方五湖は混雑するGWを避け、これまではGWあとに通っていました。
しかしその頃になるとヒシ藻が繁殖し、かなり釣り辛くなるため、今回初めてGW前に行く事にしたのです。
そして例の如く18(金)に休みを取り、17(木)の定時後直ぐに勤務先から直行です( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

目指すは第一候補の、過去にメーターを釣った場所。
但しこの場所は”空いていれば、ラッキー!”で元々諦めていたところ、予想通り先客が入っていました。
やっぱりね、残念!

次に目指した第二候補は、昨年のこの時期に80台を釣った、春に有望な場所。
その場所はかなりの確率で空いているはずと思っていた通り、無事に場所を確保。
しかし時期的にはまだ早いのか、湖岸に立ち暫く周りの様子を伺っていても、鯉の気配が全く感じられません。
普段の駄目元なら”お気に入りのポイント”が優先され気配など二の次なんですけど、ここは大物を狙って遠征してきた三方五湖。
それに今回は珍しく釣る気満々でやってきただけに、Nさんの、
「鯉の居ない場所で竿を出していても時間の無駄」
の教え通り、他の場所を見に行く事に。
はい! かなり気合いが入っています(^0^)/ ギャハハ

その後少しだけウロウロしてみたものの、どこもイマイチ。
そんな時にふと思い付いたのが、Nさんに教えてもらった今回の場所。
そこは釣りでなければ絶対に入っていかない、昼間でもあまり人が来ないひっそりとした場所。
そんな場所で、夜中に一人で過ごすなんて・・・・・・
あとで聞いた話では、以前はクマが出たそうなんです(/・_・\)アチャ・・

何者なのか、今までに聞いた事もないような鳴き声を耳にしながら周りの様子を伺っていると、
「跳ねた!
 そこそこの大きさ」

はい! これで決定ですъ( ゜ー^) イェー♪

ここは一人が陣取ると、他は入ってこれない有難い場所。
そこにボイリーのエサで4本の竿を出し終えたのは 21:30頃。
全ては鯉釣りのためと、不安な事は考えないようにしながらアタリを待ちますヾ(--;)オィオィ
すると 22:00頃、50mほど離れた林の向こうに車が止まり、木々の間からチラチラとライトが見え隠れします。
自分の事はさて置き、まさかこんな所まで入って来るとは、まさにマニアですね_(^^;)ツ アハハ

18(金)、アタリがないまま朝を迎えました。
目の前では時々鯉が跳ねるものの、仕掛けが届きそうで届かない微妙なところ。
それでもチャンスはあると、期待が高まります。

そんな時に、隣に入った人がやって来て立ち話。
その人は80台を釣ったらしく、さらには話しをしている最中にもアタリがあり、二人して竿の所へ。
残念ながらそれは空アタリだったものの、駄目元にとっては新たな場所を知る事になりました。
って言うか、それは付近を詳しく調べていないって事ですよねσ(^_^;)アセアセ...

この日は昼過ぎまでは暖かく時々鯉も跳ねていたものの、夕方頃には結構寒くなり、鯉の跳ねも随分と少なくなりました。
まさかここまで寒くなるとは・・・・・・
せっかくこの週末に賭けていたのに、何と運のない事か。
決して諦めてはいないものの、正直なところこの段階でボーズを覚悟しました(_ _。)・・・シュン

19(土)、念のために用意していた防寒着が役に立ち、寒さに震える事はなかったものの、それでも結構寒い朝を迎えました。
鯉の跳ねもなお一層少なくなり、ごくたまに跳ねる程度。
まさに、ボーズへ向かってまっしぐらの状況ですε-(ーдー) ハァ

そのような状況の中、ようやく待ちに待ったアタリが来ました。
10:45頃、ラインは気持ちよく引き出され、クリック音が響きます。
ただその時は時間潰しのため、隣でリールを使ったウキ釣りをしていたのです。
なぁ~~に、大した事はありません。
取込みの邪魔にならないよう、さっさと仕掛けを上げてしまうだけです。
ところが、
「えっ!
 なに?
 何か掛かっとる」

1時間に1匹釣れるかどうかのウキ釣りで、何もこんな時に掛からなくても・・・・・・

それは30オーバーのヘラでした。
それを強引に取り込んでいる間に、本命の方はラインが止まってしまいました。
あ~~あ、終わってしまった・・・・・・
と思ったものの、幸いにも鯉は掛かったままでした(= ̄▽ ̄=)V ヤッタネ

竿を立てると、久しぶりに味わうズッシリとした手ごたえ。
何度となくラインを引き出す、そのパワー!

「そうそう、これですよ、これ!」

右へ左へと走ったあと、ようやく手元まで寄せて来て、さぁタモ入れ。

「おっと、失敗!」

待ちに待った鯉だけに、絶対に釣り上げなければ。
強引に寄せて来て、再度のタモ入れ。

「え~~い、そんなに暴れるなよ!」

そんな事を何回か繰り返していた時でした。
急に軽くなり宙を飛ぶ仕掛けに、ゆっくりと去っていく推定80後半の鯉。
(゜∇゜;)エッ!? (゜∇゜;)エッ!? (゜∇゜;)エッ!?
と同時に、全身を襲う脱力感・・・・・・

いつもなら、寄せて来たあとは口切れを防ぐ意味もあり、結構ドラグを緩めるのです。
それを完全に忘れていました。
久しぶりの鯉、それもようやく手にする今年の初鯉という事で焦ったのでしょうね。
強引にやりすぎたと、後悔さきに立たず。

「あ~~あ、やってもた」(_ _。)・・・シュン

やっとの思いで来たアタリだったのに、それを物に出来なかったとは万事休す。
これで、完全に諦めました。
ボーズ決定です。
それでも、一応Nさんにメールで報告です。
本来なら「どうだ、メーターだぞ!」と報告したいのですが、バラシた報告とは情けないやら悔しいやらσ(^_^;)アセアセ...

暫くするとNさんから連絡があり、なんと三方五湖に来ているとの事。
まぁ、そんな気はしていましたけどね_(^^;)ツ アハハ
Nさんの情報によるとグルッと一周してみたものの、どこも気配はない。
そんな中で、跳ねを見つけた場所で竿を出している。
駄目元の状況を説明すると、今回はそこが一番良いのでは、とのお墨付き。

Nさんにそう言われると、何だか期待がもてそうです。
はい、駄目元は単純ですσ(^_^;)アセアセ...

するとお墨付き通り、12:15頃にセンサーが反応。
この時はウキ釣りを止めて車のところに居たため、近距離ですが、ダッシュ! ダッシュ! ダッシュ!
今回も先ほどと同じような手ごたえ。
ただ違うのは、駄目元が余りにもビビッていたという事です。
寄せて来たあとは「そこまで緩めんでも」というぐらいドラグはユルユル。
そのため、なかなか鯉が水面まで上がってきません。
先ほどのトラウマがあり、分かっていてもドラグを締めるのが怖いんです_(^^;)ツ アハハ

201407024

勝手にビビッて勝手に苦労して、ようやく取り込んだのは今年の初鯉となる85cm
先ほどバラシたあとだけに、嬉しさは倍増。
辺り構わず「やったぁ~~!」と叫びたい心境です。
当然Nさんには報告しましたよ(^0^)/ ギャハハ

これで気を良くした駄目元は、予定では土曜日までだったのを、もう一泊延長。
もしかすると、更なる大物が来るかもしれません。
すると日が変わった深夜 00:40頃に突然センサーが鳴り響きました。
あたふたとヘッドライトの装着に手間取りながらも、車から出ると心地よいクリック音が聞こえてきます(= ̄▽ ̄=)V ヤッタネ

ユルユルのドラグを少しづつ締めていくものの、なかなかラインが止まりません。
それだけに、もしかしてサイズ・アップかなと期待してしまいます。

夜中に釣るのも久しぶりの事。
右へ左へと走るのに合わせ、ラインの延びている方向をライトで照らし、確認しながらのやりとり。
ここはほとんど障害物がないだけに、隣の竿と絡むのさえ気を付けていれば大丈夫。
先ほどのトラウマも消え、余裕です。

201407025

ところが釣り上げたのは、かなりサイズ・ダウンした65cm
このサイズに、何を手こずってんだか。
それなりにドラグを締めていたつもりが、まだまだユルユルだったんです。
だからラインが止まらない訳で・・・・・・
だからサイズ・アップと勘違いした訳で・・・・・・
何をビビッてんだ!
完全にトラウマが残っています<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

結局はこの2本で終わりましたが、今回の釣行では絶対に初鯉を釣るぞと気合いが入っていただけに、ほっと一安心。
ましてや、一度はバラシて諦めたあとですからね。
それに欲を言えばきりがないものの、駄目元にとっては80台が釣れた事で満足しています(^ー^* ) フフ♪

いやぁ~~、三方五湖、ばんざぁ~~い!(⌒▽⌒) アハハ!

最後に予断ですが、Nさんの情報によると駄目元のあのメーター・ポイント。
あの先客は2週間ほど居座っていて、結果は散々との事。
もしあの場所が空いていたら、駄目元は状況を無視して間違いなく竿を出していたはず。
という事は、結果はボーズだったんでしょうね。
やっぱり「鯉の居ない場所で竿を出していても時間の無駄」
これに尽きますねV(^0^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

淀川 鯉はいずこに

3週間ぶりに訪れた、地元の淀川。
いつもの場所で竿を出し、いつものようにぼぉ~~としているだけのお決まりのパターン。
それでも良いんです。
いつの日か、鯉さんもひょこり会いに来てくれるでしょう!_(^^;)ツ アハハ

先週は季節外れの冷え込みで釣りに行かなかった分、この週末を楽しみにしていました。
決して釣れる場所ではないんですけどね。
それでも釣りに行く事が楽しみなので、それはそれで納得しています(^^ゞポリポリ

現地には 6:00前に到着。
そろそろ跳ねやモジリがあっても良いようなものの、気配は一切ありません。
鯉は一体どこに居るのやら?
まぁ、この付近一帯には典型的な春のポイントというような場所がないだけに、ある程度は仕方がないのかも?
それでも良いんです。
とにかく我が家から近くて足場が良く、散歩コースになる河川敷の道路からも近い割に、あまり人が近寄らずのんびり出来る場所。
駄目元にとっての憩いの場なんです_(^^;)ツ アハハ

仕掛けを投げ入れたのは 6:30頃。
暖かくなったとはいえまだこの時間帯は、じっとアタリを待っているだけでは体が冷えます。
そのため軽く草刈りをしたり、落ちていたゴルフクラブで素振りをしたり、何かと体を動かしていました。
要するにこの釣りは、アタリが無ければ何もする事がなく、暇なんですよ_(^^;)ツ アハハ

という事で、時間とともに暖かくなってくるとビールを飲んだりうたた寝したり、の~~んびり過ごしていました。
ほんと、良い季節になりました。
これで鯉が釣れれば、あとは何も言う事はないんですけどね_(^^;)ツ アハハ

結局バサーを含め他に釣り人を見かける事もなく、15:00頃には家路につきました。
そして持ち帰ったゴルフクラブを改造し、ボイリーの遠投用の柄杓作りです。
改造そのものは単純なので、1時間ほどで完成。
柄の長さは1mほど。
これでどのくらい遠投できるのか?
必ずしも遠投が必要という訳ではありませんが、とにかく道具を作っている時は楽しいもんです。
さて、効果はあるのかな?(^ー^* ) フフ♪

それよりも・・・・・・
いつになったら「釣ったどぉ~~!」って書けるのかな_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 7日 (月)

軟弱者のMVP

楽しみにしていた週末なのに、運悪く季節は冬へと逆戻り。
それでも土曜日は、釣りに行こうと思えば行けましたね。
実際地元の淀川に行くつもりで、朝早くには起きていたんです。
しかし淀川へは自転車釣行。
車の中ならともかく、釣れもしないのに寒い中、じっとアタリを待つのは辛すぎます。
「何もこんな時に行かなくても・・・・・・
 来週は、きっと暖かくなるさ!」

という事で、あっさりと断念。
はい、軟弱者の駄目元です(^^ゞポリポリ

そして日曜日はソフトボール。
夜中の雨は上がったものの、土曜日よりもさらに寒くなりました。
「何もこんな時に試合をしなくても・・・・・・」
軟弱者の駄目元は、当然のように中止になる事を願いましたヾ(--;)オィオィ

しかし、試合は予定通り。
チーム最年長の駄目元は、仲間の足を引っ張らないようにするだけです。
ところが強豪チームを相手に、逆転の口火をきるホームラン!
終わってみれば、前の試合に引き続いてのMVP!
どうやら今年は、駄目元の時代のようです(^ー^* ) フフ♪

でもどうせなら、これが釣りの方に向いてくれたらね_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »