« 淀川 相変わらず・・・・ | トップページ | 淀川 安住の地(笑) »

2013年7月29日 (月)

紀の川 ちょっと不完全燃焼

このところ2か月近く連敗が続いていたため、そろそろ結果を出すために紀の川へ。
その甲斐があって、ようやく連敗を脱出しました。
しかし、不完全燃焼です。
なぜなら、予想以上にサイズが小さいのですヾ(--;)オィオィ
ようやく釣れたのに、文句を言うのも変なんですが・・・・・σ(^_^;)アセアセ...

201307004

この猛暑の中、ほぼ毎週のように出掛けてはいたものの、6月初めに鯉を釣って以来かれこれ2カ月近くも連敗中。
この状況のまま淀川に出向いても、またまた連敗を更新するのが目に見えています。
「だったら確実に釣るために紀の川へ行ってみるか!」と、今回の釣行となりました。
紀の川のあの流れ込みなら、ほぼ間違いなく連敗を脱出出来ると思った訳です。

現地には26(金)の 23:00頃に到着。
早速準備に取り掛かっていると、時々フラッシュのように遠くで雷が光っています。
こっちに近づいて来るなよ思っていると、その内にゴロゴロと音も聞こえて来るようになりました。
そうなるとさすがに避雷針(カーボンロッド)を持つ訳にもいかず、暫く待機する事に。
万が一、鯉が掛かった時に雷が! なぁ~~んて事は避けたいですからね_(^^;)ツ アハハ

結局釣り始めたのは 00:30頃。
エサは全て食パンで、流れ込みを中心に4本の竿を並べました。
駄目元的にはこの場所は、絶対に食パンなんです(^ー^* ) フフ♪

さて、川の状況ですが・・・・
流れ込みに鯉の群れが集まっていると思っていたものの、予想に反して気配が感じられません。
たまに遠くで跳ねている程度です。
これでは淀川と何ら変わりがなく、早くも暗雲が漂ってきます(^^ゞポリポリ

それでもここは、紀の川のあの流れ込み!
直ぐにもアタリが来ると、勝手に妄想してしまいます_(^^;)ツ アハハ

初めてのアタリは 02:30頃。
なかなか寝付けずにボォ~~としていたところでのセンサー・オンに、やっと来てくたかといった感じです。

ところが、ラインを引き出すリールのクリック音はありません。
”久しぶりのアタリだったのに”とガッカリしながら竿を持つと、ラインはあらぬ方向へと延びています。

その竿は、流れ込みから少し外れた所に投げていました。
ところがラインは、流れ込みの中へと向かっていたのです。
”これは、もしかして”と期待しながらリールを巻き始めると、何かが抵抗しています。
しかしそれは無視できるほどの抵抗で、まるでフナのように難なく足元まで寄せてきました。
すると、それはまぎれもなく本命の鯉です。
但し、辛うじて50cmに届く、小さな鯉っ子です。
それだけにいくら連敗脱出とはいえ、素直には喜べませんでした(^^ゞポリポリ

201307002

結局夜中に来たのは、この1本だけでした。
もっと釣れると思っていたのに・・・・(^^ゞポリポリ

夜が明け、竿先がはっきり見えるようになると、流れ込みの中に出している竿に、時々アタリがあるのが分かります。
それは時々竿先を揺らし、時たま大きく竿先を引き込むものの、ラインを引き出すほどではありません。
もしかすると、夜中もこのような状況だったのかもしれません。
ただ、センサーのスイッチが入るほどのアタリが来ないだけだったのかも?

さらに明るくなると、流れ込みの中に時々鯉の姿を確認する事ができます。
但し、それほど大きくはありません。
それでも、俄然やる気がでてきます(^ー^* ) フフ♪

食パンを点けて流れ込みの中に投げ込めば、直ぐに竿先を揺らしてきます。
しかし、簡単には掛かりません。
正体は鯉か、それとも他の小物か?
少しづつ食パンを小さくしていると、ついに目の前でラインが引き出されました。
ようやくの2本目は、これまた先ほどとほぼ同寸の鯉っ子です(/・_・\)アチャ・・

そして3本目も、これまたほぼ同寸。
この場所のアベレージは60前後と思っていたものの、こうも小さいとは・・・・( ̄へ ̄|||) ウーム

確かに流れ込みの中には70cmクラスも確認できたものの、残念ながら釣れたのは鯉っ子ばかり。
おまけに 08:00頃になるとあの竿先を揺らすアタリも少なくなり、少しづつ気温も上がり汗ばむようになってきました。
そうなると、もうこれ以上はやる気なし!
結局は鯉っ子3本で終了です(^^ゞポリポリ

わざわざ紀の川まで遠征したのに、鯉っ子が3本・・・・
その余りにも想定外の小ささに、2カ月ぶりの釣果にも関わらず、何となく虚しさがいましたε-(ーдー) ハァ
こんな事を言ってると、その内に罰が当たるかな_(^^;)ツ アハハ
でも、80前後の大物は期待していなかったものの、せめて70前後は来て欲しかっな_(^^;)ツ アハハ

まぁ、とにかくこれでも連敗は脱出だ!σ(^_^;)アセアセ...

|

« 淀川 相変わらず・・・・ | トップページ | 淀川 安住の地(笑) »

コメント

つるたろうさんへ

釣れなければぼやき、釣れたら小さいとぼやく。
これって釣り人共通の事ですね。
駄目元も小さいとぼやいてますが、また釣りたくなったら紀の川へ通いますよ。
間違いなく(笑)

投稿: 駄目元 | 2013年7月30日 (火) 17時18分

いいじゃないですか?
50cmあれば私のポイントでは
立派なアベレージサイズですよ!
次回に!次回に期待してください。

投稿: つるたろう | 2013年7月29日 (月) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀の川 ちょっと不完全燃焼:

« 淀川 相変わらず・・・・ | トップページ | 淀川 安住の地(笑) »