« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月29日 (月)

紀の川 ちょっと不完全燃焼

このところ2か月近く連敗が続いていたため、そろそろ結果を出すために紀の川へ。
その甲斐があって、ようやく連敗を脱出しました。
しかし、不完全燃焼です。
なぜなら、予想以上にサイズが小さいのですヾ(--;)オィオィ
ようやく釣れたのに、文句を言うのも変なんですが・・・・・σ(^_^;)アセアセ...

201307004

この猛暑の中、ほぼ毎週のように出掛けてはいたものの、6月初めに鯉を釣って以来かれこれ2カ月近くも連敗中。
この状況のまま淀川に出向いても、またまた連敗を更新するのが目に見えています。
「だったら確実に釣るために紀の川へ行ってみるか!」と、今回の釣行となりました。
紀の川のあの流れ込みなら、ほぼ間違いなく連敗を脱出出来ると思った訳です。

現地には26(金)の 23:00頃に到着。
早速準備に取り掛かっていると、時々フラッシュのように遠くで雷が光っています。
こっちに近づいて来るなよ思っていると、その内にゴロゴロと音も聞こえて来るようになりました。
そうなるとさすがに避雷針(カーボンロッド)を持つ訳にもいかず、暫く待機する事に。
万が一、鯉が掛かった時に雷が! なぁ~~んて事は避けたいですからね_(^^;)ツ アハハ

結局釣り始めたのは 00:30頃。
エサは全て食パンで、流れ込みを中心に4本の竿を並べました。
駄目元的にはこの場所は、絶対に食パンなんです(^ー^* ) フフ♪

さて、川の状況ですが・・・・
流れ込みに鯉の群れが集まっていると思っていたものの、予想に反して気配が感じられません。
たまに遠くで跳ねている程度です。
これでは淀川と何ら変わりがなく、早くも暗雲が漂ってきます(^^ゞポリポリ

それでもここは、紀の川のあの流れ込み!
直ぐにもアタリが来ると、勝手に妄想してしまいます_(^^;)ツ アハハ

初めてのアタリは 02:30頃。
なかなか寝付けずにボォ~~としていたところでのセンサー・オンに、やっと来てくたかといった感じです。

ところが、ラインを引き出すリールのクリック音はありません。
”久しぶりのアタリだったのに”とガッカリしながら竿を持つと、ラインはあらぬ方向へと延びています。

その竿は、流れ込みから少し外れた所に投げていました。
ところがラインは、流れ込みの中へと向かっていたのです。
”これは、もしかして”と期待しながらリールを巻き始めると、何かが抵抗しています。
しかしそれは無視できるほどの抵抗で、まるでフナのように難なく足元まで寄せてきました。
すると、それはまぎれもなく本命の鯉です。
但し、辛うじて50cmに届く、小さな鯉っ子です。
それだけにいくら連敗脱出とはいえ、素直には喜べませんでした(^^ゞポリポリ

201307002

結局夜中に来たのは、この1本だけでした。
もっと釣れると思っていたのに・・・・(^^ゞポリポリ

夜が明け、竿先がはっきり見えるようになると、流れ込みの中に出している竿に、時々アタリがあるのが分かります。
それは時々竿先を揺らし、時たま大きく竿先を引き込むものの、ラインを引き出すほどではありません。
もしかすると、夜中もこのような状況だったのかもしれません。
ただ、センサーのスイッチが入るほどのアタリが来ないだけだったのかも?

さらに明るくなると、流れ込みの中に時々鯉の姿を確認する事ができます。
但し、それほど大きくはありません。
それでも、俄然やる気がでてきます(^ー^* ) フフ♪

食パンを点けて流れ込みの中に投げ込めば、直ぐに竿先を揺らしてきます。
しかし、簡単には掛かりません。
正体は鯉か、それとも他の小物か?
少しづつ食パンを小さくしていると、ついに目の前でラインが引き出されました。
ようやくの2本目は、これまた先ほどとほぼ同寸の鯉っ子です(/・_・\)アチャ・・

そして3本目も、これまたほぼ同寸。
この場所のアベレージは60前後と思っていたものの、こうも小さいとは・・・・( ̄へ ̄|||) ウーム

確かに流れ込みの中には70cmクラスも確認できたものの、残念ながら釣れたのは鯉っ子ばかり。
おまけに 08:00頃になるとあの竿先を揺らすアタリも少なくなり、少しづつ気温も上がり汗ばむようになってきました。
そうなると、もうこれ以上はやる気なし!
結局は鯉っ子3本で終了です(^^ゞポリポリ

わざわざ紀の川まで遠征したのに、鯉っ子が3本・・・・
その余りにも想定外の小ささに、2カ月ぶりの釣果にも関わらず、何となく虚しさがいましたε-(ーдー) ハァ
こんな事を言ってると、その内に罰が当たるかな_(^^;)ツ アハハ
でも、80前後の大物は期待していなかったものの、せめて70前後は来て欲しかっな_(^^;)ツ アハハ

まぁ、とにかくこれでも連敗は脱出だ!σ(^_^;)アセアセ...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

淀川 相変わらず・・・・

この週末も、相変わらずアタリなし。
”いつかは釣れるさ”との思いで通うものの、やっぱりダメでした。
ここまでくると虚しさは一杯ですが、もうすっかり開き直ってます_(^^;)ツ アハハ

この土日も夜明け前後の3~4時間ほどの釣行です。
場所はこの時期に鯉が姿を現す浅場。
今回も数は少ないものの、鯉は確認できました。

では毎回アタリもなく終わるのは、一体何が悪いのか?
 ポイント?
 時間帯?
 エサ?
( ̄へ ̄|||) ウーム さっぱり分かりませんσ(^_^;)アセアセ...

まずはポイントですが、駄目元が通うこの周辺の中では一番だと思うのですが(^^ゞポリポリ
現に跳ねやモジリは一番多くあるんです。
おまけに川底を漁って、ドロの煙幕を広げているし・・・・

次に時間帯ですが、夜明け前後に鯉の気配があっても、いつも時間とともに消えていきます。
だから、駄目元的には 7:00頃までが勝負だと思っています。

最後に残るのはエサ!
実は、これがさっぱり分かりません。
仕掛けを投げ込んだ直ぐ近くでドロの煙幕が広がったり、プクプクと泡付けがあったりしてもダメ!
一番自信のある食パンや、数種類のボイリーも全滅。
さらに今回は、エサがベタ底にあるのがダメなのかとポップアップを使ったり、食パンを底から5cm,10cmと浮かす高さを変えたりしたものの、その甲斐もなく・・・・

もしかしてこのポイント、あるいはこの時間帯は鯉さん達のお食事ではなく、単なる朝のお散歩なのか・・・・
それとも全く別のエサなのか・・・・
1回でもチャリ~~ンと鈴を鳴らしてくれれば、それで勇気付けられるのに・・・・

最終的には毎日エサを撒いて、餌付けするしかないのかな?ε-(ーдー) ハァ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

淀川 何を食ってんだ?

週末の三連休の内、15(日)と16(月)の早朝は淀川へ!
しかし、目の前に鯉は居るものの、アタリも無く撃沈。
いつもの事なんですけど、もうお手上げ状態です_(^^;)ツ アハハ

世間では熱中症だの豪雨だのと騒がしい中、駄目元は相も変わらず鯉釣りです。
はい! 釣れもしないのに、好きだから仕方がありません(^^ゞポリポリ
でも一つだけ、大きな理由があります。
それは・・・・

この時期になるとさすがに日中は暑いため、釣るのは夜明け前後の3~4時間ほど。
例年この時期のその時間帯には、ある場所でそれなりに鯉が姿を現すのです。
今年は数が少なく感じるものの、あちらこちらでパシャッと波紋を作ったり、ベロ~ンと尾ビレが翻ったり、モクモクとドロの煙幕が広がったりと、わくわくする光景が見られます(^ー^* ) フフ♪

でも、釣れません。
仕掛けを投げ込んだまさにその場所で泡付けがあり、ドロの煙幕が広がるのに・・・・(ー。ー) フゥ
奴らは、何を食ってるんだか?
それとも、単なる朝の散歩なのか?
こんな状態が、毎回のように繰り返されますε-(ーдー) ハァ

そのため、昨年は数個のボイリーを毎日のように撒いた結果、ようやく釣る事が出来ました。
但し、掛かったのはボイリーではなく食パンですヾ(--;)オィオィ
さらにその後はゲリラ豪雨の影響で川が増水し釣りにならず、ボイリーを撒いていた効果があったのかどうか、分からず仕舞い。
さて、今年も撒いてみるべきか・・・・( ̄へ ̄|||) ウーム

それとは別に、実はある事を思い付いたので、それを試してみたいのです。
それで釣れれば万々歳なのですが・・・・
但し、これまでも、新たに試して釣った試し無し!ヾ(--;)オィオィ
これが、駄目元の実力です_(^^;)ツ アハハ

さて、今度の週末は楽しい報告が出来るのやら?
勿論、ポーズなんて気にしていませんよ(⌒▽⌒) アハハ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 8日 (月)

三方五湖 今年も妄想でした

昨年に続いて今年も妄想を膨らませ、この時期にまたまたハス川に挑戦。
しかし現実は厳しく、結果は小さなフナが一匹。
やっぱり、今年も妄想で終わりました(^^ゞポリポリ

201307001
この時期のハス川は、果たして良いのか、悪いのか?
そんな事には無頓着の駄目元はただただ妄想を膨らませ、今回も金曜日に休みを取っての釣行です。
そうは言っても正直なところ、小さくても確立の高い紀の川か、それとも一発大物の三方五湖か、ぎりぎりまで悩みに悩みました。
最終的には一発大物を期待する、ボーズ常習犯の開き直りですね_(^^;)ツ アハハ

現地には4(木)の 23:00頃に到着。
予定していたポイントの第1候補には、残念ながら先客が居ました。
まぁ、これはある程度は覚悟をしていた事。
それよりも”先客が居るって事は、期待が出来るって事”というように、ここは前向きに考えましょう!_(^^;)ツ アハハ

という事で第2候補へ。
幸いにも、こちらは空いていました。
というよりも、正直なところ此処には先客は居ないと決め込んでいただけに、一安心です(^。^;)ホッ!
もし此処がダメだったら、あとは当てもなく彷徨うしかありません_(^^;)ツ アハハ

ポイントが決まれば、早速準備に取り掛かります。
外はポツポツと、雨具が必要かどうか悩む程度の雨。
それでも一応雨具を着用し、まずは草を切り開いて足場作りから。
クモの巣にうんざりしながら、ましてや雨の夜、それは釣りのためだからこそ出来る事です。
普通だったら、そんな場所に絶対に入ろうと思いませんよ_(^^;)ツ アハハ

足場が出来たら次にピトンを打ち込み、続いて竿の準備へと作業は続きます。
ところが運の悪い事に、その頃には雨はザァーザァーと本降りになってきました。
湿度の高い、雨の中での作業。
雨具を着ていても、体から吹き出す汗で服はびっしょり。
もうここまで来たら、さっさと仕掛けを投げ込むまでの事。
その頃にはザザ・ザザ・ザザ・と、益々雨は強くなってきました<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

全ての準備が出来上がり、車の中に避難したのは 24:00頃。
早速クーラーをつけて、クールダウンです。
すると、暫く経つと外は小雨に変わっていました。
何だったんだ、あの雨は!
(▼⊿▼) ケッ! まるで、嫌がらせやないか!
結局雨の中の苦労の甲斐もなく、朝までアタリはありませんでした。
まぁ、それが現実というもんです(^^ゞポリポリ

5(金) 5:00前、明るくなって来た頃にエサ換えです。
エサは駄目元の定番のパターン、3本はボイリーで1本は食パン。
食パンは以前は冬限定だったのですが、この頃は年がら年中使っています(^^ゞポリポリ

それらを10~20m先に投げ込み、落とし込みのオモリをセットして、これでここを通る船の対応もバッチリ!
あとはアタリが来るのを待つだけ!
そして、気になるのはガメラの猛攻。
果たしてボイリーは何時間ぐらい持つのだろう?( ̄へ ̄|||) ウーム

外は雨に強風。
雨は午前中に止みましたが、強風は一日中、吹き荒れていました。
その分、暑さ対策となり、おまけに不快な虫も寄り付かず、それはそれで良かった良かった。
ただ、アタリが無いのがねぇ・・・・
漁協の方の話しでも、最近はあまり釣れていないとの事。
( ̄へ ̄|||) ウーム やっぱりこの時期はダメなのか?σ(^_^;)アセアセ...

朝の内は時々ボラが跳ねていたものの、鯉の跳ねやモジリはほとんどなく、期待値がドンドン下がります。
エサ換えも定期的に繰り返すものの恐れていたガメラの猛攻もなく、ボイリーは何時間経ってもそのまま上がってきます。
はい! ガメラの猛攻もお手上げですが、これはこれでお手上げです。
もう、あとは夜釣りに期待するしかありません。
しかし夜になってもアタリはなく、相変わらず強風が吹き荒れていました。
妄想の世界ではメーターを含め、既に何本か釣り上げているはずなのに・・・・_(^^;)ツ アハハ

6(土)はピーカンながら、相変わらず強風が吹き荒れています。
おかげで車の陰に入ると、それほど暑さを感じません。
この日も時々跳ねるのはボラで、鯉を見かける事はほとんどありません。
この時期にハス川に鯉が居ないとなると、一体どこに行けば良いのやら?( ̄へ ̄|||) ウーム

そして、待ちに待ったアタリは 8:00頃。
本を読んでいた時に、突然センサー・オン!
しかし目の前に並んでいる竿からはクリック音は聞こえず、何の変化もありません。
ただ、強風で揺れているだけです。

風の影響かと思いながらも指でラインを掴んでいると、弱々しく何かが掛かっているのが分かります。
当然期待する事もなく仕掛けを上げると、その先には小さなフナが掛かっていました。
あんたじゃ、ないんだよ!ε-(ーдー) ハァ

その後、時間と共に暑くなってきた事もあり、予定通り 10:00頃から撤収作業に取り掛かりました。
そして、この時に思い描いていた事は・・・・
このところ、諦めて帰ろうとすると釣れるパターンが何度かあり、今回もそれに期待していたのです。
でもこれって、実は諦めてないって事ですよね(^^ゞポリポリ
だから、当然釣れませんでした_(^^;)ツ アハハ

さて、今年もハス川は妄想で終わりました。
やっぱりこの時期は、ダメなのかな?
でも、この時期は人が少ないから好きなんだけど・・・・
はい! 駄目元は変わり者です(^^ゞポリポリ

ところで、次回の三方五湖は秋の予定です。
当然、昨年のようなメーターを妄想してますよ(⌒▽⌒) アハハ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

淀川 無茶ばかり

久しぶりの釣りながら、アタリもなく撃沈!
という事で、何を書き込もうか???( ̄へ ̄|||) ウーム
まぁ、とりあえず、駄目元は相変わらず無茶ばかりやっているという内容でも・・・・σ(^_^;)アセアセ...

土曜日、この時期にしては珍しく、3週間ぶりの釣行です。
夜明け頃、いつものようにお決まりのポイントに到着。
3本の竿を出し、適当に周りの草を刈った後は、ひたすら寝る事に徹します。
この後の予定があるもんで、寝れる時に寝なければ!
ヾ(--;)オィオィ 釣れもしないのに、いったい何しに来てるんだ?(^^ゞポリポリ

しかしこの日は風が強く、吹きっさらしの中では思うようには寝られません。
間違いなく睡眠不足のはずなのに・・・・

ちなみに辺りを見て回ると、岸に沿って、藻が随分と繁殖していました。
という事は、鯉も岸近くに寄って来るはず!
と思って探していると、居ました居ました。
ドロの煙幕を広げ、川底を漁っています。
但し、例年ほど数は多くありません。
それでも明日は此処で竿を出す事にし、予定通り 10:00頃には撤収しました。

我が家へ帰った後は、嫁さんと阪神甲子園球場へデートです_(^^;)ツ アハハ
球場に着くなり、まずはビールをゴクリ!
もう一杯ゴクリ!
更に、とやっていると・・・・
ゲームが盛り上がっている時は良いものの、隙があれば直ぐに睡魔が襲ってきます。
やばい、やばい!σ(^_^;)アセアセ...

夜、いつもより少し早く就寝。
そして日が変わった日曜日の 00:30頃には早くも起きだし、なでしこジャパンのドイツ戦をTV観戦。
TVが終わってからも暫く時間を潰した後、そのまま暗い内から淀川へ。
場所は前日に鯉が寄って来ていた浅場。
数は少ないものの、時々鯉が跳ねています。
さすがにこの時は「今日こそは釣れる」と思いましたね_(^^;)ツ アハハ

しかし、期待していた夜明け頃にもアタリはなく、時間だけが過ぎていきます。
こうなれば、後はアタリが来るのを寝て待つだけです。
ところが熟睡出来るはずもなく、20~30分ほど軽く寝ては目が覚める、の繰り返し。
そのつど頭がボォ~~としてきます。
大丈夫か、我が体力!

ちなみにこの日は、近くに寄って来る鯉を見る事は出来ませんでした。
一日違いで、状況がガラッと変わってしまいます。
思い通りには行きません。
結局アタリもなく、暑くなってきたので 10:00過ぎには撤収しましたε-(ーдー) ハァ

さて、我が家へ帰ってきてゆっくり昼寝と思いきや、娘がイケヤへ行こうと言いだしました。
「一緒に行く彼氏はおらんのか?」
とブツブツ言いながらも、ここはポイント稼ぎです(^^ゞポリポリ

イケヤまでは車で30~40分。
それ自体は大した事はないものの、あの広い店内を、当てもなくプラブラするのが・・・・ε-(ーдー) ハァ

おかげで、さすがに夜はへばってました_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »