« 淀川 諦めが肝心 | トップページ | 淀川 無茶ばかり »

2013年6月10日 (月)

紀の川 第27回一本勝負鯉釣り大会

27回目となる、紀州野鯉の会恒例の一本勝負鯉釣り大会!
今回は7名の参加で釣果は6本と、珍しく "大会" という雰囲気になりました。
そんな中で駄目元は、残念ながらボーズで終わりました。
しかし、ただでは転びません。
前夜祭で、ちゃっかりと大物をゲットしましたъ( ゜ー^) イェー♪

大会は日曜日の 8:00から。
という事で、久しぶりに紀の川まで遠征するついでに "前夜祭" と称し、一人土曜日の夜から釣りをしていました。
場所は以前良くお世話になった例の流れ込みの対岸で、今年の初釣りで初鯉をゲットした場所です。
ここなら高い確率で鯉が釣れる・・・・はず!
但し、あくまでも駄目元が通うポイントの中での話しなので、悪しからず(^^ゞポリポリ

現地には 22:00頃に到着。
その時には河川敷の所々に車が止まっており、夜釣りをしている人達がいました。
この場所のアベレージサイズは60台。
それほど大物を狙える場所ではないのですが、世の中、駄目元に似た物好きが居るもんですね。
と思ったものの後で気が付いたのですが、どうやらウナギ釣りのようです。
アタリがあるのか、それとも単なるエサ換えなのか・・・・
チャリン・チャリンと暗闇の中から、良く鈴の音が聞こえてきました。

ちょっと待った!
他はウナギ釣りという事は、駄目元ただ一人が変わり者って事ですか?
まぁ、否定はしませんけどね_(^^;)ツ アハハ

201306004
ここは何の変哲もないコンクリートの護岸が続き、駄目元的にはどこがポイントというのが分かりません。
そのため先客達から距離を開け、適当に4本の竿を並べました。
エサは駄目元恒例のボイリーと食パンです。
この場所は駄目元的には断然食パンなのですが、まぁ、一応ボイリーも使っています(^^ゞポリポリ

仕掛けを投げ込んだあと、簡単にはアタリが来ないと分かりつつも、それでも早くセンサーが鳴らないかと、ついつい期待してしまいます。
そして、ようやくアタリが来たのは日付が変わった 00:20頃。
ところがラインを引き出すクリック音はなく、空アタリで終わりました。
残念!(_ _。)・・・シュン

続いてのアタリは 00:50頃。
今度はクリック音が聞こえてきます。
その勢いから、本命と確信しました
駄目元はこの瞬間が大好きです(^ー^* ) フフ♪

竿を持つとそこそこ抵抗し、何度となくラインを引き出しながら右へ左へと走ります。
そうそう、鯉釣りはこうでなくっちゃ!
これも鯉釣りの楽しみの一つ。
しかし暗闇の中、隣のラインにからまないように注意も必要です。

201306003
楽しませてくれたのは、この場所のアベレージサイズを大きく上回る83cm。
駄目元的にはこの場所でのナンバー2の大物です。
良し良し、前夜祭に来て正解正解!ъ( ゜ー^) イェー♪

と言いながら、結局アタリはこの2回だけでした。
もう少し釣れると思っていたのに・・・・
それでも予想外の80オーバーが釣れただけに、十分です。
あまり欲を出すと、罰が当たります。
さらに後で書込みますが、この時にはもう一つの楽しみがありました(^ー^* ) フフ♪

ちなみにアタリがあったのは、両方とも食パンです。
想定通り、やっぱりこの場所には食パンでした。
と、まぁこんな状況ですから、どこに行っても駄目元には食パンが必需品となってしまうのです_(^^;)ツ アハハ

201306005
さて、ここからは一本勝負の大会です。
駄目元は前夜祭の件で、気分良く大会場所へと向かう事ができました(^ー^* ) フフ♪

場所は、よく大会を開く小田井の堰。
その中で選んだポイントは、駄目元がこれまでに唯一釣果を出したポイントです。
事前に今日の跳ねやモジリの場所を教えてもらったにも関わらず、それらを全く無視した選択です(^^ゞポリポリ
不思議なもんですね。
一度良い思いをしたポイントは、極端に優先順位が上がってしまうのです。
これって、駄目元だけではないですよね!_(^^;)ツ アハハ

今回は所々で、鯉がうろつく姿を見る事が出来ます。
しかし、残念な事に駄目元の周辺には、鯉の気配がありません。
どうやら、早くも大失敗の様相が漂います(^^ゞポリポリ

一本勝負の大会は、これまで文字通り "一本釣ったら優勝" と言われるほど釣果に恵まれない大会でした。
ところが今回は違いました。

8:00にスタートした大会ですが、9:30頃、景気づけに初優勝を狙うTみさんに66cmが来ました。
201306006

いつもなら、これで優勝が決まりです。
ところがTみさんの喜びもつかの間、それから30分と経たない 9:50頃、F岡さんに80cmが来ました。
結果的にはこれが優勝魚となり、Tみさんの夢は早くも敗れ去りました。
201306007

さらにその直後、10:00過ぎにはF井さんに62cmと、立て続けにアタリが来ます。
201306008

ところで・・・・
今回7人がそれぞれ選んだポイントは大きく分けて、駄目元を含むAグループの3人とBグループの4人。
その距離は500mほど離れているものの、お互いその様子は見る事が出来ます。
その中で、先ほどの釣果のあった3人は全てBグループです。
ヾ(--;)オィオィ どうしたAグループ!
ポイントの選択ミスなのか、全く音沙汰がありません?<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

ようやくAグループにアタリが来たのは 11:00頃、F川会長です。
しかし、上がってきたのは今回の短寸魚となる58cm
これではF川会長のプライドが許さないのか、デジカメに収める事なくリリースです。

続いて来たのもF川会長でした。
11:30頃に75cmを釣り上げ、Aグループの逆襲が始まります。
これならばF川会長も、何のためらいもなくデジカメに収まりました_(^^;)ツ アハハ
201306009

ところがそれを最後にアタリはなくなり、暫くはいつもの大会のように、ただボォ~としている時間が続きました。
その沈黙を破ったのは、再びTみさんです。
15:30頃、気が付けばTみさんが竿の所へと走っています。
竿を曲げている状況から、そこそこ大物の様子。
という事でTみさんの所へ向かっていると、他のメンバーから大きく両手をクロスしたバツ印が!
どうやらバラシのようです。
後で聞いた話では、優勝を争えたサイズだったかも?
あ~~、痛恨のバラシ! (T0T)ウルウル

その直後、今度は最年少のA武くん(Bグループ)に来ました。
釣り上げたのは73cm
これが今回の最後の釣果です。
201306010

以上のようにこの大会では珍しく次々と釣果が上がるなか、アタリのない駄目元は前夜祭の件で最初は余裕があったものの、さすがに何とかしたいと思い始めました。
そのためポイントを変えてはみたものの、だからといって簡単にアタリが来る訳もなく撃沈です。
という事で、前夜祭は正解でした。
前夜祭がなかったら、どんなに落ち込んでいた事か。
前夜祭、ばんざぁ~~い!(⌒▽⌒) アハハ!

予断ですが・・・・
この週末は、別の大会にも参加していました。
それは三方五湖などで良くお世話になる、Nさんの主催する大会です。
内容的には特に制限はなく、ただ釣った鯉の写真を投稿するだけです。
Nさんからこの大会へのお誘いがあった時には、既に前夜祭を予定していました。
という事で、小さくても投稿はできるだろうと、安易に考えていたのです。
その結果が予想外の80オーバー!
これならば見劣りはしないと、喜んで投稿しました。
ところが、ところがですよ・・・・

な・な・な・なんと、駄目元が最下位です(^^ゞポリポリ
Nさんの仲間達は、レベルが高すぎますσ(^_^;)アセアセ...
こんな事なら次回からは画像に手を加え、必ずメータークラスを投稿しなければ!(⌒▽⌒) アハハ!

|

« 淀川 諦めが肝心 | トップページ | 淀川 無茶ばかり »

コメント

つるたろうさんへ

初めは60台でも、とにかく投稿するつもりでいたのですが・・・・
そのサイズだと、肩身の狭い思いをするところでした。
それでも、次回は開き直って投稿するでしょうね(笑)

投稿: 駄目元 | 2013年6月11日 (火) 17時17分

そんなことがありましたか!
80オーバーで上位に入れないのは
異常ですね・・・?

投稿: つるたろう | 2013年6月10日 (月) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀の川 第27回一本勝負鯉釣り大会:

« 淀川 諦めが肝心 | トップページ | 淀川 無茶ばかり »