« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月30日 (月)

淀川 原因はプレッシャー?

先週はマイポイントの草刈りがメインだったものの、以外にも目の前で大物のモジリや泡付けが見られ、おまけに本命らしきアタリまでありました。
そんな訳で今回は少しは期待しながらの釣行です。
しかし80クラスが直ぐ近くまでウロついて来るものの、アタリもなく終わってしまいました。
原因はプレッシャーによる警戒心なのか?
思うようには行きませんね( ̄へ ̄|||) ウーム

世間では熱中症が騒がれているなか、暑いのは重々承知の上で、少しでも涼しい明け方2~3時間ほどの釣行です。
そんな事も我が家から近いから出来る事。
といいながら、今年はまだ地元での釣果がありません。
だから意地でも釣りたくて、猛暑なのに開き直っていますσ(^_^;)アセアセ...

201207058
28(土)、先週の事があるだけに、少しは期待しながら夜明け頃にはいつものポイントへ!
今回も先週に引続きモジリや泡付けがあり、その近辺に食パンとボイリーの仕掛けをセットしました。
あとはアタリが来るのを待つだけです。
しかしアタリがないまま時間が過ぎていきます。
まぁ、いつもの事ですよ_(^^;)ツ アハハ

草刈りは一段落し、今回はこれといってする事もないのでブラブラ散歩していると、所々でドロの煙幕が広がっているのが分かります。
鯉が川底をあさっているのです。
見渡した範囲では80クラスが数匹、大きいものでは90オーバー(?)も混じっています。
それらが護岸近く、中には網ですくえそうな所まで寄って来るのですw(°0°)w オォー

そんな状況をまのあたりにすると、場所を変えようかと多いに悩みました。
しかしいつもの場所に戻ってくると、そこでも80クラスが2匹、ドロの煙幕を広げていました。
もう場所変えは不要です。
その近くに、そぉ~~と仕掛けを入れ直してアタリを待つ事に・・・・
もう釣ったも同然です(^ー^* ) フフ♪

しかしそんな期待もあっさり打ち消され、7:00を過ぎた頃にはウロついていた鯉達の姿がめっきり減ってきました。
おまけにこの場所は日陰がなく、一気に暑くなり汗が噴き出してきます。
という事でそれ以上は釣りを続ける気もなく、明日に期待しつつ納竿としました。

201207059
29(日)、この日は期待値マックスで、夜明け前から竿を出していました。
場所は前日に多くの鯉がウロついていたポイントです。
ちなみに前日の帰り、そのポイントにはボイリーを数個、パラパラと撒いておきました。
この時は、もう釣ったも同然のような心境でした( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

仕掛けは3本とも、護岸から数m以内の所。
前日に確かめておいた藻の切れ目辺りです。
この辺りは水深が1m強ほどしかなく、明るくなると白い食パンだと、見る方向によればその在りかが良く分かります。

ちなみに淀川では3~4年前に藻を取り除く薬を川に入れたらしく、それ以来あれだけ猛威を奮っていた藻がほとんどなくなりました。
(それだけ強力な薬、近くには浄水場の取水口があるのに、人体に影響は無いのかな?)
それが今年は少し復活してきたみたいです。
そのため藻穴や切れ目をポイントの目安にする事が出来るようになりました。
というもの4年前、今回と同じような状況で90台を釣った事があったのです。
あの時は藻穴にやって来る鯉を、狙い通りに釣る事が出来ました( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

話しは戻り・・・・
明るくなり、今回もあちこちでドロの煙幕を広げています。
おまけに仕掛けの直ぐ近くを、鯉がウロついているのも確認できました。
ただし、手前まで寄って来る鯉はごくわずか。
前日とは比べ物にならない数です。
この場所に竿を出している事で、何かプレッシャーを感じているのでしょうか?( ̄へ ̄|||) ウーム

それでも暫くすると80クラスの鯉が、どうやら食パンにロック・オンしたようです。
時には背びれを出しながら食パンの周りを円を描くように泳ぎ、近づいて来ては食パンの前で止まり、また離れて円を描くように泳ぐ。
「そこや!」
「そのまま食い込め」

駄目元はイライラ・ドキドキの連続です。
そんな事を数回繰り返し最後には静かに離れていき、それっきり姿を現しませんでした(_ _。)・・・シュン

では鯉は、いったい何に違和感を感じたのでしょう?
日頃そこには無い、不自然なエサ?
それともラインやオモリなどの仕掛け?
あるいは近くで「はよ食え」と念じている、駄目元の異様なオーラ?(^^ゞポリポリ
とにかく、何らかのプレッシャーを感じとったのは確かな事。
参ったなぁ~~、釣れると思ったんだけど・・・・( ̄へ ̄|||) ウーム

でも、そのポイント周辺で鯉がウロついているのは確かな事。
あとは、いかにプレッシャーを取り除くか?
という事で、まずは次の週末まで毎日会社帰りに遠回りして、ボイリーでも撒いときますか!(^ー^* ) フフ♪

とにかくこのクソ暑い時期に、今年は珍しく釣りに燃える事ができそうです。
そんな訳で次の週末に向けて、早くもカウント・ダウンが始まっています(⌒▽⌒) アハハ!

-<追記>-
オリンピックが始まり夜遅くまでTVを見て、夜明け前から淀川へ。
さらに日曜日は釣りのあと、炎天下でソフトボール!
まるで体力の限界に挑戦しているみたいです(^^ゞポリポリ

次の週末も同じスケジュール。
大丈夫か、我が体力!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

淀川 目的は草刈り

21(土)、久しぶりに地元の淀川へ!
いい加減、そろそろいつもの場所の草刈りしをておかなければ!
と、草刈りがメインの釣行です。
それだけに、元々釣果は全く期待していません_(^^;)ツ アハハ

明るくなり始めた頃にいつもの船着場横に着くと、雑草は酷い状態だと思っていたものの、まだまだ許せる範囲内でした。
それでもエサを投げ込んだ後は当初の予定通り、あたり一面の草狩りです。
朝方はいくらか涼しかったものの草狩りを始めて暫くすると、汗が噴き出してきます。
途中で休憩を挟みながら、2時間ほどやってましたね。
毎回の事ながらそこまでする場所なんかと、つくづく思います(^^ゞポリポリ

それでも目の前では時々80前後の鯉が姿を見せ、尾ビレをひるがえし波紋を広げます。
居るんだよなぁ~~!
でもアタリがない。
警戒心が強いのか、夏バテで食欲がないのか・・・・_(^^;)ツ アハハ

しかし 7:30頃にアタリがあり、ラインが引き出されました。
ところが残念な事に針掛かりはせず、終わってしまいました。
おそらく鯉だと思うのですが、何者かは分かりません。
でも正直なところ、アタリが来た事には驚きです。
それほど期待はしていなかったのですヾ(--;)オィオィ

ただ後から思えば前日の雨の影響なのか時々鯉が姿を現し、この時期にしては活性があるように思えました。
ちなみにアタリのあったエサは、駄目元恒例の食パンでした。
駄目元的には食パンが、一番即効性があるんです(^ー^* ) フフ♪

まぁ駄目元にしてみれば、アタリがあっただけ良しとしときます。
次回は多少期待しながら、淀川へ通えますからV(^0^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

伊勢神宮

今日は家族で伊勢神宮までドライブ!
何十年ぶりかの伊勢神宮は杉の巨木など、「そうそう、こんな感じやった」と、何となく面影が残っていました。
おごそかです。
心が洗われるようです(^ー^* ) フフ♪

一方でおかげ横丁。
赤福本店などちょっとした店しかなかったような気がするのに、えらい変わり様です_(^^;)ツ アハハ

ところで伊勢神宮(内宮)といえば五十鈴川のニシキゴイ!
過去の記憶では五十鈴川に数多くのニシキゴイが泳いでいた記憶があるのですが・・・・
それを見るのを楽しみにしていたのに、今回は居ませんでした。
残念です。
その代り人工の池には、大きなニシキゴイが泳いでいました。
201207006xx
80台はゴロゴロ。
大きいのは90台、ひょっとしてメーターあるかな?
とにかく、鯉さん達を見ているだけで満足・満足!
まぁ、鯉に恋する病気だから仕方がありません(^^ゞポリポリ

ちなみに駄目元達は混雑を予想し 8:00前には伊勢神宮(内宮)に着いたのですが、10:00頃には周辺は渋滞でした。
観光客は「あ~~~あ、参ったな」とその時だけで済むんだけど、住民の人達は週末ごとに繰り返されて大変でしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

外部アンテナ

センサーの外部アンテナが届きました。
ちょっと前、受信機が車内にある時の受信能力が予想以上に悪い事が分かって以来、気になって気になって・・・・
今までそれほど問題もなく使ってきたのにね(^^ゞポリポリ

ただ、あれっ? て思う事が何度かあったのも確かな事。
だからと言ってセンサー一式を買い換えるのは、我が家の台所事情では無理な話し。
なので期待もせず調べていると、有りました。
駄目元の古いセンサーにも合う、外部アンテナが!(^ー^* ) フフ♪

これで一つの不安材料が消えました。
あとは気持ち良く、センサーが鳴ってくれる事を祈るだけです。
ただ、当分センサーを使うような釣行の予定はありません(^0^)/ ギャハハ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

やっぱり病気

この週末、他に予定があったため釣りには行ってません。
でも、釣りに行かないと何となく不完全燃焼の駄目元です。
元々ボーズは覚悟の上なので、とにかく短時間でも竿を出したら納得するんですが・・・・
これって、かなり重症ですね_(^^;)ツ アハハ

今日ソフトボールへ行く途中、我が家からは淀川よりも更に近い神崎川で、本格的な竿が並んでいるのを目撃しました。
この川もメーターの話しをチラホラ聞く事がありますが、ただ駄目元が釣りをしないだけです。
理由は、人には説明のつかない変なこだわりっていうやつですか(^^ゞポリポリ
でもいつか体力が衰えてきた頃には、簡単な道具で身近な神崎川に通うかもしれませんね_(^^;)ツ アハハ

それはともかく、淀川にはもう一か月近く通っていません。
そろそろ草刈りをしなければ、いつもの場所が草ボウボウになっているはず。
そこまでするほどの価値ある場所ではないのですが・・・・
ただその場所で竿を並べると誰も入っては来れないので、それが気にいっています。
次の週末は、草刈りがメインで淀川ですか?(^0^)/ ギャハハ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

三方五湖 全ては妄想からの始まり

駄目元なりに色々と考えがあり(はっきり言って妄想ですが)、この時期に一度ハス川で鯉釣りをしたいと思い、金曜日に休みを取っての釣行です。
しかし現実は厳しく、やはり妄想で終わりました。
駄目元の場合、なぁ~~んか、こう・・・・
ビシッ! と決まる事がないですね<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

先週の台風4号の通過、そして梅雨の真っ最中。
川の増水は治まっていても、いつもより流れがあるはず!
そうなると鯉が川に入って来てるはず!
そうを思って金曜日に休みを取りました。
さらに週初めの頃の予報では、木金と雨。
もう条件はバッチリ!
ついに駄目元にも爆釣の時が・・・・(^ー^* ) フフ♪

そもそも三方五湖の情報を色々教えてもらったAさんの話では今年のハス川は不調で、暗に他に行った方が良いよと教えてくれました。
それでも一度行きたいと思うと、我慢出来ないのが駄目元です。
それだけに上のような条件が揃ったら、もう行くしかないでしょう!(^0^)/ ギャハハ

ところが金曜日が近づいて来ても雨は降らず、いきなり妄想が崩れていきます。
あ~~あ、いつもの如く前途多難!_(^^;)ツ アハハ

現地には 28(木)の 23:30頃に到着。
目指すハス川左岸のポイントには残念ながら一角にテントが張られ、竿が物凄い間隔で並んでいます。
う~~ん、もう少し間隔を詰めてくれたら良いのに・・・・
とにかくこの状況で、此処に割り込むのは駄目元の性格上、無理!
いきなり予定が狂ってしまいました。
しかしそれぐらいの事は想定内の事。
ならばAさんに教わった秘境・奥の細道へ行くだけです。

その前に、無駄だと思いながら前回鯉を釣ったポイントを見に行くと、予想に反してヒシ藻がまばらにある程度。
この状況だったら此処でも釣りが出来ると悩んだものの、あの時はAさんの助けがあったとはいえ、このポイントでは既に実績があるため他へ行く事にしました。
我ながら何てかっこ良い奴_(^^;)ツ アハハ
とにかく、駄目元にとっての未知の世界へ Let's Go!

まず最初に着いたポイントは、馬の背になっていて予想以上に浅い!
それに水草もびっしりで、どれぐらい先で切れているのか暗くて全くわかりません。
さらに漁師の仕掛けの目印、発泡スチロールのブイが点々と浮かんでいます。
やってやれない事はないけど、次のポイントへ!

そのように次から次へと回ってみたものの、初めてのポイントへ夜中に来ると迷う事だらけです。
それに何かと発泡スチロールが目に付くうえ、鯉の反応もイマイチ!
これだったら駄目元的にはハス川の方が狙い易いし、小さいものの鯉(と思う)の動きもあったためハス川の右岸で釣る事にしました。
当然右岸も初めてで何も分からず土手の道を進んでいくと、一箇所だけ辺り一面綺麗に草が刈られ、おまけに車を止めるスペースまで作ってありました。
そこは始めに予定していた左岸のほぼ対岸。
竿の出す方向が違うだけで、狙うポイントはほとんど同じ。
という事で、此処に決定!V(^0^)

ただ一つ心配なのは、この場所だけ整地されているので「此処は俺の場所や!」と言う者が現れないかなという事です。
実際、時々そういう者が居るから困りもんです(ー。ー) フゥ
そんな心配事があるものの、その時はその時です。
日頃の疲れがたまり、さっさと準備して早く寝たい気持ちが勝りました_(^^;)ツ アハハ

結局準備が出来たのは 29(金)の 02:00頃。
その後は直ぐに寝てしまったのですが、以外にも 04:30頃には目が覚めました。
体は疲れているはずなのに、寝られない。
病気か、それとも単なる年寄りか?(^^ゞポリポリ

幸か不幸か目が覚めたついでに川の様子を見ていると、丁度仕掛けを投げ入れた辺りで80~90クラスの鯉が跳ねました。
当然のように駄目元のボルテージはグングン上昇します。
しかし、いくら待ってもアタリはありませんε-(ーдー) ハァ

そんな時に漁協の会長さんがやって来ました。
話によると先日瀬戸で110が釣れたけど、今年はどこも不調。
メーターは全体で30本ほどで、此処ハス川では3本との事。
それでも駄目元にしてみれば凄い事なのに・・・・

ところでその30本の中には、Aさんのメーターも入っているのかな?
確か今年は3~4本は釣っていると思うのですが。
それも長期滞在ではなく、釣行は週末だけ。
そう思うと、やっぱりAさんは凄い人だ!(⌒▽⌒) アハハ!

201206065_2

ちなみにこの場所ですが、防災訓練のために草を刈ったとの事。
有難い事です。
これで場所の心配事は無くなりましたV(^0^)

さて話を戻して・・・・
アタリが無いという事で、時間つぶしに元々予定していたリールを使ったウキ釣りの始まりです。
ウキ釣りは時間つぶしのついでに、魚の活性もある程度分かります。
しかしこちらも活性は低くなかなかアタリがもらえず、あっても小さなアタリで針に掛からない状況が続きます。
そんな中で30cmほどのサツキマス(と思う)を釣りました。
サツキマスは初めての経験なので、記念にパチリ!
201206064
でもやっぱり鯉の方が良いな!(⌒▽⌒) アハハ!

10:00頃、ウキ釣りもアタリが遠くなり、本命の方も相変わらずアタリがないため、駄目元には珍しく移動する事にしました。
これもAさんの影響が大きいかな?
とにかくAさんのように、素早く見切りを付けて場所を移動。
そして、きっちり結果を出す。
そんなかっこ良い事を、やってみたいんですよ!(^0^)/ ギャハハ

そんな訳であの秘境・奥の細道も、今ならじっくりポイントを見る事ができます。
今度は実際にオモリを投げ込み、水深を測ったり底を探ったりしながら回りました。
しかし駄目元なりに良さそうと思う所には嫌がらせのように、大抵発砲スチロールのブイが浮かんでいます。
まぁ逆に言えばそこが良いポイントだからこそ、漁師も仕掛けを入れるんですね。
う~~ん、参った、参った(^^ゞポリポリ

そのようにしてポイントを回っている時、ある重大な事に気づきました。
それは竿受け、ロッドポッドの事です。
ロッドポッドがあればどこでもセットできるので、駄目元は日頃からロッドポッドしか持ってきていません。
それなのにこの辺り一帯は場所が狭く、ロッドポッドをセットする場所がほとんどありません。
今回はものすごく気合いを入れて場所を探していたのに、そんな事、全く考えもしませんでした( ̄へ ̄|||) ウーム
肝心なところで、何か思うようには行かない駄目元です<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

そんな訳であとはブラ~~と他のポイントを見て回っていると、再び前回鯉を釣った場所にやって来ました。
今回は暗い夜ではなく、明るい昼間です。
やはりヒシ藻は随分と刈り取られてあり、底の状態までは分かりませんが十分竿を出す事が可能だと思います。
それでも此処は既に実績があるだけに他の場所で釣りたいと、結局はハス川の初めの場所に戻ってきました。
場所移動を決意したのは、一体何だったんだろう?
まぁ、とりあえず夜釣りに賭けた訳です_(^^;)ツ アハハ

それでもせっかく三方五湖まで来たんだから、出来ればメーターを釣りたい!
いやいや、このさい贅沢は言いません。
とにかく鯉が釣れれば良いんです。
センサーが鳴れば良いんです。
ってヾ(--;)オィオィ 一体どこまで落とす気なんだ!(^^ゞポリポリ

さてさて・・・・
日が暮れて、ようやく期待する時間帯となってきました。
しかしアタリもなく夜も深まり、いつしか寝てしまいました。
すると・・・・

ピ・ピ・ピ・ピ・!  ピ・ピ・ピ・ピ・!
30(土) 05:00頃ついにセンサーが反応し、突然夢の世界から起こされました。

「来た、来た! ついに来たぁぁぁ~~!」

期待値マックス状態で車から出る駄目元。
ところがクリック音もなく静かなもんです。
ラインは全く別の方向に延びていたのですが、何事もなく仕掛けが上がってきました。
これが駄目元の運のなさなのか実力なのか、鯉かどうかはわかりませんが千載一遇のチャンスだったのに・・・・
あ~~あ、残念!ε-(ーдー) ハァ

これが今回の全てでした。
駄目元の場合、頑張ったところでAさんのようにかっこ良くは行かないですね_(^^;)ツ アハハ

まぁ、何はともあれハス川で竿を出した事だし、それはそれで一応満足してます。
という事で次の兆候は、ほんとに秋ですね。
秋が深まるまでは、地元の淀川で遊んでますV(^0^)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »