« 淀川 長かったぁ~~! | トップページ | 琵琶湖 でるのは愚痴だけ(笑) »

2012年5月 1日 (火)

紀の川 第9回紀の川鯉釣り大会

29(土) - 30(日)と毎年この時期に開催される、紀州野鯉の会主催の第9回紀の川鯉釣り大会に参加して来ました。
今年の優勝争いは例年になくハイレベルな戦いで、最後までデッドヒートが繰り広げられました。
その中で駄目元は80cmを筆頭に4本の釣果で成績は5位と、大いに楽しんできました。
いやぁ~~、良かった良かった!ъ( ゜ー^) イェー♪

この大会はいつもの一本勝負の大会とは違い一泊二日の日程で、場所は紀の川全域でより取り見取り。
それだけに毎年場所の選定に迷うものの、今年は簡単に九度山橋に決まりました。
何たって今年の紀の川は、この場所でしか竿を竿を出していませんから_(^^;)ツ アハハ

201204002

ただ今回はいつもの場所とは違い対岸の川原の方からです。
その方が民家もなく車の横付けができ広々としており、一泊二日でも何の気兼ねもなく悠々と過ごせます。
ただし川原の方から竿を出すのは初めての事です。
さて、この先はどうなる事やら・・・・

現地には 28(土)の 23:30頃に到着し、そのときには既に先客の車が止まっていました。
この場所は元々メンバーのS司氏が竿を出すと言っていたのでてっきりS司氏だと思っていたものの、全くの別人でした。
メンバー以外にこの場所で夜釣りをする人が居るとは、全く予想していませんでした。

そんな事は別にしてとりあえずその横で2本はボイリー、1本は駄目元の定番エサ、食パンでスタート!
そのあとは朝までエサ換えをするつもりはなく、寝る事に徹します。
その間に釣れたら、ラッキーなんですけど_(^^;)ツ アハハ

明るくなり始めた頃から暫くのあいだ川の様子を伺っていたものの、鯉の跳ねやモジリがありません。
う~~ん、毎回の事ながら今回も前途多難な釣りになりそうですヾ(--;)オィオィ

いつものようにアタリもなく時間が過ぎていくなか、ふと気が付くとお隣さんの所には50~60台の鯉がつないでありました。
ボーズ続きの駄目元にしてみれば型の大小に関係なく、鯉が釣れているだけで羨ましい限りです。
いや、ほんとほんと!_(^^;)ツ アハハ

今回はそれなりに自信を持って場所を選定したものの全くアタリが無いとなると、やっぱり対岸のいつもの場所が良かったかなと悩むようになりました。
そして出した答えは、このままアタリが無ければ夕方から対岸への場所換えです<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

ところがそれから暫くしてからの事でした。
11:30頃、待望のアタリでセンサーが反応し、クリック音を鳴らしながら力強くラインが引き出されました。
前日の淀川とは違い、今度こそ間違いなく鯉のアタリですV(^0^)

鯉は流れに乗って下流へと走ります。
最近ボーズ続きの駄目元は久々に力強い鯉の引きを味わいながら、それでいて余り無理をせず、多少の時間を掛けて無事にネットイン!
「やったぁ~~!」
「久々に釣ったどぉ~~!」

これが正直な気持ちです\(~o~)/ バンザイ!

簡単に計測すると80cm前後。
ネット選手権のエントリーサイズを越えている事もあり、まずは大事に大事にキープです(^ー^* ) フフ♪

201204004

そんな頃にようやくS司氏がやって来て、隣で竿を出す事になりました。
一方の駄目元は長い長い連敗を脱出した嬉しさもあり、早速F川会長に釣ったぞと連絡です。
その時点の情報ではベスト3以内に入っている様子。
なかなかやるじゃん、駄目元!_(^^;)ツ アハハ

ちなみに今回のエサは食パンです。
但しいつものように耳の部分をそのまま針に付けたのではありません。
食パンが乾燥ぎみでパサついていたのでそのままだと直ぐに取れてしまうため、多少湿らせてダンゴのように握り固めたものです。

その握り固めた食パンダンゴが良かったのか 14:40頃に再び強烈なアタリがあり、今度も下流へとどんどんラインを出していきます。
竿を持つと先ほどよりも力強い引きで、十分サイズアップが期待できます。
ところが暫くするとスッポ抜け!
あ~~、勿体無い!o( _ _ )o ショボーン

16:20頃にS司氏に65cmが来たあと、18:00頃にまたまた食パンにアタリがあったものの再びスッポ抜け!
何でや!
どうも針掛かりが浅いみたいですね。
食パンを握り固めてダンゴにしているだけに、いっその事ボイリーのようにヘアーリグにしてみようかとも考えました( ̄へ ̄|||) ウーム

しかしその後はアタリが無いまま夜になり、食パンだけは何度かエサ換えを繰り返していたものの、日が変わって 30(月)の 4:15頃にちょとした事件が起こりました。
丁度寝ていたところでセンサー・オン!
今回ヒットしたのは、初めてのボイリーです。
ところがラインを引き出すクリック音はなく、ゴミでも引っ掛かっているかのような手応えで寄せて来ると、上手のS司氏の方からラインが伸びて来ていました。
そのラインを手に取りからんだラインを外していると、そのラインの先にはどうやら鯉が掛かっているようで、グイグイと引っ張ります。
ところがセンサーが反応していないのか、S司氏は全く気付いていない様子。
当然このまま放っておける訳もなく、車の窓をノックし「ラインが出ているよ」と、寝ていたS司氏を起こしました。

そうこうしている間にも、また駄目元の別の竿のセンサーが鳴りました。
おそらく引っ掛かっているなと思いながら寄せて来ると、その先には大きな鯉が掛かっています。
予想通りS司氏の仕掛けに掛かっていたのですが、結果的にこの鯉は85cmの準優勝魚だったのです。
こんな事なら仕掛けを引っ掛けたままこっそりと鯉を釣り上げ駄目元が釣った事にし、S司氏には仕掛けを引っ掛けてしまった事にしておけば良かったと、ちょっと後悔していますヾ(--;)オィオィ

その後、明るくなってからは駄目元に、63cm,65cm,77cmと立て続けにヒットしました。
残念ながらサイズアップにはなりませんでしたが、エサは全て食パンです。
それも早い内から今回は食パンだという事でボイリーの仕掛けを1本に減らし、食パンの仕掛けを2本にしていたのですが、アタリがあったのは全て同じ竿でした。
それはポイントだったのか、それとも一番下流だったからなのか・・・・
ちなみに 08:45頃にまたまた同じ竿に、今度は60cmほどのニゴイが掛かりました。
そのニゴイを最後にアタリはなくなり 10:30頃から片付け始め、その後審査会場へと向かいました。

201204009 201204012_2

審査会場には似たようなサイズの鯉が次々と運び込まれ、審査が始まるまでの間、今回はあ~だの、あの場所はこ~だのと話題が尽きません。
そして審査が始まるとほぼ事前情報どおりの結果となりました。
ちなみに87cmで優勝したF井氏は3度目優勝で、今回は終了直前のヒットだったそうです。
最後の最後に逆転満塁ホームラン、てとこでしょうか_(^^;)ツ アハハ

そして今回の豪華景品は・・・・
優勝のF井氏はポータブルテレビ、2位のS司氏はセンサー一式とそれぞれの目玉商品をチョイス。
そして5位の駄目元はというと、お米30kg
嫁さんが喜ぶし、実は初めから狙っていたところがあります(^^ゞポリポリ

201204017201204016

さてさて、今年の大会も大いに盛り上がりました。
一方駄目元はというと大会云々というよりも、ようやくの連敗脱出!
おまけにギリギリながら80台と、十分満足できました。
これまで苦労して来ただけに、喜びも爆発ですよ(^0^)/ ギャハハ

|

« 淀川 長かったぁ~~! | トップページ | 琵琶湖 でるのは愚痴だけ(笑) »

コメント

サイズは地域、場所によって差がでますからね。
今回も下流域なら90台も狙えますが、駄目元的にはこのようなのんびりした所が好きです。
さて、今晩からまた琵琶湖に出掛けます。
とりあえず今回でGWの遠征は終了です(笑)

投稿: つるたろうさんへ | 2012年5月 1日 (火) 10時15分

あら・・・!
よかったですね、でもやっぱりこちらとは
サイズのレベルが違いますね・・・
私も頑張ろう~
ちなみに、3日は知り合いの船に
乗せて貰い ホッケ釣りに行ってきます。
ちょっと遠いけど・・・?

投稿: つるたろう | 2012年5月 1日 (火) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀の川 第9回紀の川鯉釣り大会:

« 淀川 長かったぁ~~! | トップページ | 琵琶湖 でるのは愚痴だけ(笑) »