« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月27日 (日)

千丈寺湖 小さくても鯉

5月以来の千丈寺湖で、ようやく釣果がありました。
釣れたのは50cmにも満たない鯉っ子なんですが、今の駄目元には十分です。
小さくても鯉は鯉!
何たって鯉を釣ったのは4ヶ月ぶりなんですから(⌒▽⌒) アハハ!

前回は惨敗したものの紀の川で竿を出したので、今回は千丈寺湖と決めていました。
現地に着いたのは 23:30頃。
水位はどうなってるかなど何の情報も無いまま御旅橋に着くと、見覚えのあるキャンピングカーが止まっていました。
「おぉ~~Yさん、ここで釣ってるんか!」
「だったら駄目元もここにしよう」

元々予定していたポイントとは違うもののYさんがここで竿を出しているとなれば、今はここが良いんでしょう!
何たって他力本願の駄目元です_(^^;)ツ アハハ

取り合えず夜も遅いのでYさんへの挨拶は翌朝にするとして、ダムの様子を見ると随分水位が下がっています。
「なるほど、ここで竿を出す訳や!」
と言う事で早速竿出しの準備です。

200909077 今回は2個のロッドポッドを用意し、竿は4本。
駄目元が以前から使っているロッドポッドは両軸リールの竿を3本並べるとちょっと扱い辛いので、別のロッドポッドを購入したのです。
その結果竿を2本づつセットし、合計4本。
ちょっと欲張りかな?(^^ゞポリポリ
まぁ、ロッドポッドのおかげでピトンを打ち込む音も無く、Yさんには何も気付かれずに準備が出来ました。
このようなちょっとした事も、ロッドポッドの長所ですね!V(^0^)

一方エサはと言うと、もうすっかり駄目元の定番となったPVAバッグを使ったボイリーです。
これだと事前に用意しておく事が出来るので、大変重宝しています。
横着者の駄目元にはピッタリです\(~o~)/ バンザイ!

さて釣りの方ですが、いつものように朝までセンサーに起こされる事もなく寝ていました。
そして 06:00前にエサ換えをし、丁度同じようにエサ換えをしているYさんの所へ挨拶に行きました。
Yさんとは年に1回お会いするかどうかなんですが、口下手な駄目元が、自分の方から話しかける事が出来る数少ない鯉師です。
そのYさんの話によると、前日に90台を釣ったとの事。
「う~~ん・・・・」
「相変わらず、いとも簡単に90台を釣ってしまう人だ」
「やっぱり只者ではないわ!」

Yさんには最近の千丈寺湖の情報を教えてもらい、その後は離れて駄目元はウキ釣りを始めました。
千丈寺湖では次々とニゴイが遊んでくれるので、時間潰しにはもってこいです。
たかがニゴイ、されどニゴイ。
何もせずボォ~~としてるよりはましです(^^ゞポリポリ
それにウキ釣りをしていると、隣に並んでいる本命の大物狙い(ブッコミ)の竿先が時々揺れるのが分かります。
ニゴイの仕業でしょう!
センサーが反応しないままエサ換えの時、ちゃっかりとニゴイが掛かってきます_(^^;)ツ アハハ

そんな状況の中、わずかですがラインが引き出されました。
久々に聞くセンサー音。
期待はしていませんが、竿を立てると弱いながらもニゴイとは違う手応え!
200909075 結局上がってきたのは50cmにも満たない鯉っ子でした_(^^;)ツ アハハ
まぁ、それでも鯉は鯉ですV(^0^)

その後はアタリを見る事もなく時間が過ぎていきました。
00:00頃にはYさんが、
「全然アタリが無いな」
と言って帰り支度を始めました。
そうは言ってもYさんは90台を釣っているだけに、そのうしろ姿には余裕が感じられます_(^^;)ツ アハハ

一方駄目元はと言うと、小さくても鯉が釣れただけにプチ・ニッコリの状態でした( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ
とにかく千丈寺湖での今年の第1号であり、これからの千丈寺湖が楽しみですъ( ゜ー^) イェー♪

|

2009年9月22日 (火)

鳥取砂丘 弾丸トラベラーズ

渋滞を覚悟しながら出来るだけ渋滞を避ける、日帰りでの弾丸トラベラーズは今回は鳥取砂丘!
夜明け前の 04:00過ぎに我が家を出発し、少しだけ渋滞に引っ掛かったものの 16:00頃には我が家へ帰ってきました。
高速代が安くなるのは良いんだけど、渋滞が嫌でゆっくり出来ないのが現状です(^^ゞポリポリ

今回の日帰りトラベラーズの第一の目的は、嫁さんが希望する出石の皿そばを食べに行く事。
そのついでに鳥取砂丘へ行き、香住の方を周って何か海の幸でも買って帰る事にしましたV(^0^)

大阪から中国道で岡山の美作ICまで行き、そこから北上して鳥取砂丘へ!
その途中に我が社の岡山工場があるため「この近くにあるねん」と説明しつつも、娘達は「ふ~~ん」で終わり。
確かに、どうでも良い事です(^^ゞポリポリ

早朝から出発したおかげで渋滞に遭う事もなく、鳥取砂丘には 07:30頃に到着。
しかし駐車場は、既に7~8割ほど埋まっている状態でした。
おそろしや、シルバーウィーク!

さて鳥取砂丘ですが、駄目元にとっては初めてです。
しかし写真とかで見ていたイメージとは違い、「ふ~~ん」で終わりました。
まあ、観光地って、こんなもんなんでしょうね_(^^;)ツ アハハ

09:00前、鳥取砂丘を出発する頃には、駐車待ちの車が列を作ってました。
やっぱりおそろしや、シルバーウィーク!

その後は178号線で香住に向かいました。
途中餘部の鉄橋で写真を撮り、香住の朝市センターへ!
この餘部鉄橋、この種の鉄橋では日本一の規模だそうです。
ただ現在は隣にコンクリートの橋を建築中なんですけど・・・・

香住ではカニのシーズンでは無いだけに余り活況もなく、何も買わずに出石に向かいました。
200909999 出石では皿そばを堪能し、ちょこっとお土産も買いました。
しかしあんな地方の町でも、ちょっと有名なそば屋さんには長蛇の列が出来るんですね。
あなどれません。
それにしても、そば屋の多い事。
20年ほど前に行った時って、あんなにあったっけ?

さてさて今回の日帰り弾丸トラベラーズ、前回のお盆休み同様、疲れました。
やっぱり日本人は温泉に入り、一泊してゆっくりと楽しみたいですね(^^ゞポリポリ

|

2009年9月19日 (土)

紀の川 悪い予感が的中

かれこれ4ヶ月ほど鯉を釣っていないため、今回は確実に釣るために紀の川のいつもの流れ込みへ!
とは言いながら、以前のようにバカスカ釣れるとは期待していません。
養殖場から死んだ鮎は流れて来なくなったし、最近の状況はわからないし、下手するとボーズも有り得ると覚悟をしての釣行です。
そんな悪い予感が的中し、何回かのアタリはあったもののボーズに終わりました。
あの場所で結果が出せないとなると、駄目元はどこへ行けば良いんだろう?ε-(ーдー) ハァ

この9月の連休、絶対に釣りに行くと心に誓い、この週末を楽しみにしていました。
行き先は紀の川か、千丈寺湖か・・・・

紀の川に行っても、以前のように釣れないのは承知済み。
一方の千丈寺湖はガメラ(カメですよ)の猛攻が目に見えてます。
と言いながら、どちらも全く情報がないんですが・・・・(^^ゞポリポリ
まぁ、どちらかを選ぶとなれば確実に釣れる紀の川、と言う事になりました。

現地に着いたのは深夜の 0:30頃。
暗い中でも今までに釣行した中で、一番水量が少ない事がわかります。
当然のように流れ込みからの水量もチョロチョロ状態です。
これでは鯉が寄ってこないかな?
そんな不安が頭をよぎる中、いつものように流れ込みの直下に仕掛けを入れ、アタリを待ちつつ車の中でお休みタイムです。

目が覚めたのは 05:00頃で、まわりはまだ暗いままでした。
その頃は薄着だった事もあり、我慢が出来る範囲でしたが結構寒い思いをしました。
もう夜の気温を、甘く見てはいけませんね。
それもこれも久しぶりの夜釣りなので、明け方の気温(体感温度)の見当がつかなかったんです(^^ゞポリポリ

200909008 明るくなると竿の真後ろに椅子を構え川の状況を見ていると、以前より桁違いに鯉の数が減ったとはいえ、あちこちで跳ねやもじりが見られ少しは期待が出てきました。
今回のエサは以前に採取した冷凍の鮎エサと、思いつきで試してみたマル秘エサ!
隠すつもりはないのですが、釣果がないので恥ずかしくて公表できません(^^ゞポリポリ

ところが結果はアタリだけを見ると、鮎エサ1回に対してマル秘エサは数回アタリがありました。
但しラインを引き出したアタリは鮎エサの方でした。

でも、正直この結果には驚きました。
ただ駄目元が思うにはマル秘エサの成分ではなく、別のものが影響していると思うのですが・・・・
それを確かめるために、また別のエサで試してみたいもんです。
それで釣果があれば公表できるんですけど・・・・
その結果、
「なぁ~~んや、そんなエサやったんか」
てな声が聞こえて来そうなんですけど・・・・(^^ゞポリポリ

とにかく今回の収穫はそのエサの件だけです。
他は何もなかったので無理やりそれを収穫とします(^^ゞポリポリ

それにしても紀の川の、あの流れ込みでボーズになると、あの場所でしか釣果の無い駄目元にとっては致命傷です。
他に何処に行けば釣れるんでしょうか?ε-(ーдー) ハァ
気長に千丈寺湖と、地元の淀川とで頑張ってみようかな?
もしかすると今年はこのままボーズで終わりそうな気がします。

あ~~あ、駄目元にとって確実に釣れる場所でボーズになってしまうとは・・・・
参った、参った( ̄へ ̄|||) ウーム

|

2009年9月13日 (日)

痴呆症

先週の大会で、釣りの火が点いた駄目元。
当然のようにこの週末は釣りを予定していました。
ところが・・・・

金曜日はお仕事で、とあるユーザー会の会合で奈良まで出張し、懇親会で当然のように深酒。
他のメンバーは皆さん1泊し、翌日はゴルフ組と観光組に分かれるところ、駄目元だけは釣りに行くつもりだったので日帰りでした。
でも深酒の翌日に釣りは無理ですよねσ(^_^;)アセアセ...

まぁ、その時はすでに日曜日に釣りに行けば良いと考えていました。
ところがところが、土曜日に釣りの用意をしようとしたところ嫁さんから、
「明日はバーゲンに行くって言うてたやん」
だって!

そうなんです、それも駄目元の方から誘ったんです。
完全に忘れてました(^^ゞポリポリ

そんな訳でせっかく火が点いたのに、鯉釣りはおあずけです。
せっかく1週間待ったのに、また長い1週間になるな!

|

2009年9月 7日 (月)

紀の川 1本勝負鯉釣り大会

9/06(日)に紀州野鯉の会恒例の、竿は各自1本だけの鯉釣り大会が開催されました。
まだまだ暑いこの時期に、8:00から17:00までの日中の釣りだけに厳しいのは承知済み。
そして参加人数11人による結果は、見事と言うか予想通りと言うか全員がボーズ!(^^ゞポリポリ
さすがに別名「1本釣ったら優勝」という大会にふさわしい結果となりました_(^^;)ツ アハハ

結果はボーズでしたが、駄目元にとっては約3ヶ月ぶりとなる鯉釣りです。
まぁ、簡単に釣れるとは思っていませんが、紀の川は4ヶ月ぶりです。
「せっかくだから確実に釣れる場所で竿を出してから・・・・」
「それとも大会の場所で先行の夜釣りでもしようか・・・・」

いつもならどちらかのパターンなんですが、3ヶ月のブランクでまだそこまで気合が入りません(^^ゞポリポリ
それでもこの大会を楽しみにしていました。

2009090077:30頃に現地に着くと、珍しく既に大勢の仲間が集まっていました。
と思ったのも束の間、見覚えの無い車やテントがずら~~り、おまけに川岸には竿が並んでいます。
どうやら数家族による鯉釣り兼ファミリーキャンプのようです。

「ひぇ~~、どないしよう?」
「こんな状況で大会するんか?」

今までの大会でこれほど大勢の先客が居たのは初めてで、せっかく楽しみにしていたのに何だかトーンダウンです。
それでも徐々に仲間が集まると心強いもんで、早く始めたくてウズウズしてきます(^ー^* ) フフ♪
ちなみにその先客さん達、前日から夜釣りをしているものの全くダメとの事。
ハァ~~、やっぱりトーンダウンだな_(^^;)ツ アハハ

さて大会の方ですが、早速場所決めの抽選を行うと何故か駄目元は1番クジ!
そして選んだ場所は今まで竿を出した事のない、それでいてポチャポチャと比較的魚の動きのある下流側。
しかしその場所まで行くと、竿を出せるような場所がありません。
当然軟弱者の駄目元は草狩りをする気もなく、結局はいつもと変わらない場所に落ち着きました(^^ゞポリポリ

この日のエサはPVAバッグを使ったボイリーです。
ていうよりもダンゴ作りが面倒で、去年の秋頃からはダンゴを作っていないと思います(^^ゞポリポリ
ただいつもなら「どす鯉」などの吸い込み用のエサを入れるのですが、流れがあるだけに早く沈めるのと、底に残るようにちょっとした思い付きである物を入れています。
それは結果が無いんで秘密です(⌒▽⌒) アハハ!

200909006 さてさて仕掛けを投げ入れると、あとは何もする事がありません。
クソ暑い中パラソルなどの影に入り鯉釣り談義なんですが、駄目元にとって紀の川の地域名はさっぱり分かりません(^^ゞポリポリ
しかし皆さんは良く精通している事。
「○○には大物がおる」
「△△の底はどうのこうの」

などなど、次々と話題が飛び出します。

しかしアタリも無く時間だけが過ぎていきます。
ただ仲間の竿先が2~3回だけ揺れました。
おそらくフナかニゴイで、鯉のアタリではありません。
そんな状況の中で鳥がラインに触れ、竿先が大きく揺れました。
偶然にそのアタリを見た仲間達は一瞬だけ「おっ!」と色めき立ったのは言うまでもありません(⌒▽⌒) アハハ!
それが今大会での、たった1回だけの動きです_(^^;)ツ アハハ

またまた今大会も優勝者はでず、その栄冠は次回へと持ち越しとなりました。
次回こそは大会らしく何本もの鯉を釣り上げ、その大きさに一喜一憂したいもんです。

まぁ、それはそれとして・・・・
このクソ暑い日中に、そう簡単には釣れないと分かっていても、やっぱり楽しみにしていました。
実は、鯉釣りを再開する何かきっかけが欲しかったんですね。
これで結果が出ていたら確実に火が付いたんでしょうね!
でもこれを機会に、またちょくちょく鯉釣りに出掛けるつもりですV(^0^)

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »