« 千丈寺湖へバイクでビュ~ン! | トップページ | 淀川 嬉しい異変 »

2008年10月12日 (日)

紀の川 激流の中で

2ヶ月ぶりの紀の川です。
それなのに紀の川は、激流となって駄目元を迎えてくれましたε-(ーдー) ハァ
今回ほどの激流で竿を出したのは初めてで、正直ボーズを覚悟していました。
でも結果は82cmを筆頭に70台を5本と60台1本の、合計7本。
まぁ、それなりに満足です(^ー^* ) フフ♪

8月に鯉を釣って以来2ヶ月もボーズが続き、そろそろ紀の川に助けてもらおうと、今回の釣行となりました。
それに鮎エサのストックも少なくなってきたので、そろそろ補充しておこうと思っていたので。
そうそう、ネット選手権も始まってますからね。

いつもの流れ込みに着いたのは夜が明けきる前。
まだ薄暗い中でも、川が渦を巻きながら流れているのが分かります。
「この状況では、いくら足元でも無理やろ!」
「そもそも鯉が流れ込みに寄ってけぇ~へんで(来ないで)」
「他の場所に行っても、釣れる自信はないし・・・・」

と、随分と悩んだ挙句ボーズを覚悟し、鮎エサをストックする事だけを考えましたε-(ーдー) ハァ

200810002_2 さてさて、そもそもどれ位の激流かと言うと、流心の流れが激しく渦巻き、逆に岸の方では強い反転流(通常の流れとは逆の流れ)が出来ていたんです。
それも足元なのに、20号のオモリが不安定なほどの反転流です。
逆向きの流れなのに20号が不安定なんですよ!
これで流心の流れがどれほど激しいか、分かってもらえますかね。
写真では伝わらないなぁ・・・・
こんな時は、やっぱり動画だな!(^^ゞポリポリ

そんな事より初めて足元へ仕掛けを入れた時、普段の流れとは逆に仕掛けが流れるのでビックリでした。
とりあえず更に足元へ寄せて・・・・
それだけの激流でも竿を出す駄目元は、はたから見るとどう思われるんでしょうね。
現にあとから何人かの人が来たのですが、皆さん帰って行かれましたσ(^_^;)アセアセ...
ただ流れが激しくても、なぜかゴミがほとんど無かったのが、不幸中の幸いでしたねV(^0^)

さて本題の釣りの方に話しを戻すと、あれこれ迷った挙句 06:30頃から釣り始めて 08:30頃までの2時間ほどの間、竿先を揺らすアタリすら見ませんでした。
この場所でこれだけの時間、全くアタリが無いのは初めての事です。
当初の悪い予感が当たってしまったようで、確実に鯉を釣るためにわざわざ紀の川までやって来たのに、もう最悪のパターンですo( _ _ )o ショボーン

そんな状況が続くの中、養殖場から鮎エサ(死んだ鮎)が流れ初め、エサを確保していた時でした。
空アタリだったものの初めてセンサーが鳴り、そのたった1回のアタリだけで
「何とか1本は釣れるかな?」
と、期待を持つ事が出来ました。
ほんと、単純な駄目元です(^^ゞポリポリ

そして新鮮な鮎エサ(持参した冷凍物ではなく生の鮎)を付けて直ぐの 08:50頃、クリック音を響かせラインが引き出されました\(~o~)/ バンザイ!

竿を持つと激流にのってどんどん下流へと走ると言うか、流されてると言うか・・・・
とにかく物凄い重量感なんですが、この流れだけにおそらく60台だと思っていました。
それでもタモの所に寄せて来るまでの間、腕の筋肉が悲鳴を上げていました。
更にようやく寄せて来ると、こんどはタモが流れに押されて操作する事ができません。
結局タモを鯉よりも流れの上流側に入れ、タモを流れに乗せながら操作する事を何回か繰り返し、ようやくネットインする事ができました(^。^;)ホッ!

200810005 釣り上げると直ぐに80オーバーを確信し、次女にネット選手権用の写真を撮ってもらい、計測すると82cm!
ようやくボーズを免れた1本目が、いきなりの80オーバー!
その時点で駄目元は十分に満足していました\(~o~)/ バンザイ!

それからは生の鮎エサの効果でしょうか、時々アタリが来るようになり、順調に数を増やして行きました。
まず 10:00前に2本目を釣った直後、まだ針を外していない内に次のアタリがあり、ラインが引き出されました。
いつもの単独釣行が主体の駄目元ならパニックになるのですが、今回は次女が一緒です。
次女に竿を持たせている間に先の2本目をリリースし、あとは余裕で3本目をゲットしましたV(^0^)
こんな時、誰かがそばにいると大助かりです(^。^;)ホッ!

それからは30分に1回ぐらいのペースで釣ったり空アタリがあったりと、退屈する事もなく過ごせました。
ただその頃になると川の水位が数cmほど下がっており、若干流れが落ち着いて来た気がします。
それで釣れる状況が変わったのかな?
相変わらず強い反転流はあったんだけど・・・・

今回もこの激流の中、どうやらヒットポイントを見つけたみたいです。
いつもと違う流れの中、鯉が来るとしたらこの場所が一番のはず。
アタリの数だけで見ると7割近くはその場所の竿に集中し、その隣の竿が3割ほど。
その隣は1回だけで、もう1本は全くアタリがありませんでした。
この場所は駄目元程度の腕でもそれなりにポイントが絞り込めるだけに、有り難い場所ですV(^0^)

とにかく今回も狙って釣る事が出来たし、ネット選手権のエントリーサイズもゲット出来たし、紀の川さま様ですъ( ゜ー^) イェー♪

-- ここで、ちょっと番外編 --
今回初めてカルガモを釣ってしまいましたσ(^_^;)アセアセ...
仕掛けの場所がいつもより浅いだけに、ちょっとヤバイかなと思ってたんです。
すると1羽のカルガモが足元の仕掛けを見つけ、潜った次の瞬間。
見事、一発で針掛かりです!
あとは大変でした。
しかしこんなハプニングって、絶好のシャッターチャンスですよね。
なのに我が娘は写真を撮るのを忘れてました。
何となく、ガッカリですσ(^_^;)アセアセ...

|

« 千丈寺湖へバイクでビュ~ン! | トップページ | 淀川 嬉しい異変 »