« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

終了宣言かな?

今年の花粉症、駄目元的にはどうやら終了間近だと思います。
ここ数日、症状があってもそれほど苦にはなりませんので\(~o~)/ バンザイ!

思えば今年、ほんとに苦労したのは2~3日だけで随分と楽なシーズンでした。
今年は花粉が多いと聞いてたんですけどね。
もしかして花粉に対する抗体(免疫)ができたのかな?( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

とにかく花粉症の症状が治まってきたら、ようやく春の季節を楽しむ事ができます。
もう、ウキウキですよV(^0^)

|

2008年3月30日 (日)

紀の川 満足、満足!

1ヶ月近く鯉を釣っていないため、3月最後の日曜日は確実に釣れる紀の川へ。
しかも今年初めての鮎エサを使っての釣りです。
そう、スバリ大物狙いです(^ー^* ) フフ♪
その結果、初めはボーズを覚悟するほどの不振だったのですが、終わってみれば82cmを筆頭に15本( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ
やっぱり紀の川は釣れますねъ( ゜ー^) イェー♪

今回は土曜日が出勤だったため、雨と分りながらも日曜日に出掛けました。
人に何と言われようと我慢できません。
病気ですから_(^^;)ツ アハハ

200803024 場所は鮎エサの本家本元の流れ込みで、ポイントに着いたのは 04:00前。
川の流れは駄目元にすればウンザリするほどの速さです。
でもこの場所で流れに文句を言ってたら釣りになりません。
ただ駄目元が早い流れが嫌いなだけです。
それにゴミが掛かって大変なんですよε-(ーдー) ハァ

04:30頃には2本は流れ込み直下、1本は20mほど投げて3本の竿を並べ、冷凍鮎エサでスタートです。
いつもの事ながら紀の川に来ると直ぐにアタリがあると思ってしまい、早くセンサーが鳴らないかとイライラします。
他の場所なら全く気にせずのぉ~~~んびり待てるのですが、勝手なもんですね_(^^;)ツ アハハ

しかしセンサーは反応せず、そのまま朝を向かえてしまいました。
さらに、いつもなら明け方前後から多くアタリがあるのに、今回は全くアタリが無いまま時間だけが過ぎて行きました。
しかもその頃からポツポツと雨が降り出し、益々気が滅入りますε-(ーдー) ハァ

周りが明るくなり車の中から並んだ竿を見ていると、センサーのスイッチは入らないものの、たまに竿先が揺れるのが分ります。
しかし、なかなか食い込んでくれません。
では、食い込まないその原因は・・・・
この時期に流れてくる鮎エサはまだ小さく10cm前後なのですが、駄目元が今回使っている鮎エサは去年の秋に確保した20cm前後の大きさです。
そのためまだ活性の低いこの時期では、大き過ぎてなかなか食い込まないのでしょう。
ほんと、じれったい時間が続きます。

08:00近くになり、
「この時間帯に釣れなかったら、ボースの可能性があるぞ」
「この場所でボーズなんて、信じられへん」
「どうしたらええんや!」

と、かなり焦っていた頃に初めてセンサーが反応し、60cmのやたら黒っぽい鯉が釣れました。
200803019 これでなんとかボーズを免れ、ほんと、やれやれです(^。^;)ホッ!

08:00過ぎ、流れ込みの上流にある鮎の養殖場から死んだ鮎、いわゆる鮎エサが流れて来ました。
トンビの群れが一斉に活気づき、水面へ急降下を繰り返します。
駄目元もエサ用に30~40匹ほど確保しました。
「よし、これで食い込みも良くなるはずや!」

その予想通り、それからは順調に釣果を増やしました。
まず 08:20頃に52cm、直ぐあとに63cm,72cmと続きました。
そして少し時間が開いたあと、地元の方が流れ込みに群れている鯉の中でひときわ大きな魚影を見つけました。
他の60~70cmの鯉と比べると、90cm前後ぐらいかな?
その魚影は少し黄色かがり、良く目立ちます。
しかも駄目元の仕掛けの近くをウロウロしている時に、竿先が「グン! グン!」と揺れるんです。

となると地元の方と二人して、
「もうちょっと」
「行け! 行け!」

もう、ドキドキもんですよ( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

その大きな魚影は消えてはまた暫くすると現れてと、何回となく繰り返します。
200803023_2そして 09:20頃でした。
ついに竿先が大きく引き込まれ、本日の最長寸82cmが釣れました\(~o~)/ バンザイ!
あの魚影の鯉ではありませんが今年初の80台です。
良し、良し!V(^0^)

その代わり、あの大きな魚影はそれっきり姿を見せなくなりました_(^^;)ツ アハハ
しかしそのあとも62cm,59cmと続きましたъ( ゜ー^) イェー♪

それから暫くアタリが遠のいたのですが、ついに駄目元は今回のヒットポイントとも言うべき場所を見つけました。
そこはいつものポイントより、もう一段沖の溝です。
そこに仕掛けを入れたあと、雨の中での釣りのため車に戻ると、一息付くか付かないかでセンサーが反応しました。
それからは、まさに入れ食いに近い状態です。
次も、その次も同じように直ぐにヒットしてきます。
それも全て同じ竿です。
隣の竿と2~3mと離れていないのに・・・・

と言う事で他の竿は片付け1本だけ残し、1時間ほどの間に52~71cmを8本追加し、終了予定の時間となりました。
予断ですがその頃には腕が痛くなり、ちょっとした拍子に指が引きつり、筋力の低下を思い知らされましたσ(^_^;)アセアセ...
これからは鯉釣りのために、筋力アップしなければなりませんね(^0^)/ ギャハハ

今回の釣果は82cmを筆頭に15本なのに、最初は爆釣ポイントにも関わらずボーズの事が頭をよぎり、その後順調に釣れだすと久々に二桁釣りを目指し、贅沢ですが最後は入れ食いに近い状態に飽きてしまいました(^^ゞポリポリ
まぁ、その気になれば30本近くは釣れてたけどね。
今日はこのへんで勘弁しといたろ!(^0^)/ ギャハハ

とは言いながら、今年初の80台を釣る事ができ満足しています。
やっぱり紀の川まで遠征するんだから、大物が釣れて数も釣れなきゃね(^^ゞポリポリ
はい、我侭な駄目元ですσ(^_^;)アセアセ...

まぁ、とりあえず今年も80台は釣れたんだから、あとは90台だな!(⌒▽⌒) アハハ!

|

2008年3月22日 (土)

千丈寺湖 またニゴイかぁ~!

前回はまだ早いと思っていたもののニゴイながら5回もセンサーが鳴っただけに、その内に本命が釣れる事を期待し、またまた千丈寺湖へと行ってきました。
当然ニゴイは覚悟しています。
ところが今回は、センサーが反応する事もなく終わりました。
それでもニゴイだけは釣れるんですけどね。
あんたはお呼びじゃないんだけど・・・・σ(^_^;)アセアセ...

そろそろ千丈寺湖にも釣師がやって来て、あの春限定のポイントを確保するのも難しいかなと思っていたものの、幸いにもどこにも釣師の姿はありませんでした。
その為にポイントはより取り見取り!
いつまでもこの状況が続いてくれれば有りがたいんですけど、こればかりは無理な話ですね_(^^;)ツ アハハ

前回と同じく釣り場に着いたのは 23:30頃。
水位は1週間前に比べ、20cm前後増えてるかな?
現在の千丈寺湖の基準水位のほぼ一杯だと思います。
それだけに足場の良い場所が少なくなり、益々竿の出せる場所が限られてしまいます。

そんな事は気にしても仕方がないので早速準備をしていると、たまにポチャ!,ポチャ!と小魚が動いています。
全く変化がないよりも、まぁ、小魚でも動いていれば良しとしましょう!σ(^_^;)アセアセ...

今回も3本の竿を用意し、エサは2種類のボイリーとイモにしました。
今まであれだけこだわっていた食パンですが、前回雑魚の活性が高い事が分ったので今回は用意しませんでした。

さてさて、00:00過ぎにはすべての準備が終わり、仕掛けを投げ込みました。
あとはいつものように、センサーが反応するまで寝て待つだけです。
ところが、今回は夜明けまでゆっくりと寝させてもらいました。
まことに勝手ながら、困ったもんです_(^^;)ツ アハハ

200803014 何事もなく朝を迎えたため 06:00頃に3本ともエサ替えをし、また少し寝たりボォ~~としたり、ポイント周辺のの草刈をしたりして時間を過ごしていました。
その後 09:00過ぎに何気なく竿を覗きに行くと、竿先がピクンと揺れたあとラインがフワフワと動き、その後ダラ~~ンとたるみました。
アチャ~~!
まさしくニゴイのアタリです。
やっと来たと言うか、たまたま見届けたアタリがニゴイとは・・・・o( _ _ )o ショボーン

それからもこれと言ってする事もなく、久しぶりに仕掛け作りに精を出し、安全在庫を確保していました。
しかし、こんな時にこそノートPCがあれば、多少は会社の仕事が出来るのに・・・・
と思うだけで、実際はしないんでしょうけどね(⌒▽⌒) アハハ!

14:00過ぎ、当初の予定通りここで終了とし、片付け始めました。
そして仕掛けを上げようとした時、ゴミでも掛かってるかのような多少の重みがあり、最後の最後にまたまたニゴイが上がって来ました。
どうせ針に掛かってるんなら、せめてセンサーを鳴らしてくれれば一瞬だけでも期待するのに、ほんと空気の読めない奴ですε-(ーдー) ハァ

この日は夜は結構寒かったものの逆に日中は気温がグングン上昇し、車の中では汗ばむほどでした。
かと言って花粉症の駄目元は、出来るだけ外には出たくないし・・・・ε-(ーдー) ハァ
杉の花粉さえ無ければ、季節は最高なんだけどな(^^ゞポリポリ
まぁ、結局は花粉症に悩まされながらも、釣を優先してしまう駄目元なんですけどね( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

|

2008年3月16日 (日)

淀川 地元なのに・・・・

地元なのに、この時期にして今年初めての釣行です。
いつでも行けると思うと、ついつい・・・・
それよりも相性が悪いから、釣れる気がしないんです。
そう、腕ではなく相性が悪いんです(^^ゞポリポリ
と言う事でボーズでした_(^^;)ツ アハハ

元々はソフトボールだったのが花粉症の影響でキャンセルし、時間が空いたので淀川へ!
釣りならじっとしてるので、まだなんとかなるんです。
深めに帽子をかぶりサングラスに大きなマスク!
駄目元は大柄なだけに、ちょっと見ると危ない人物かな?(^^ゞポリポリ
とにかくしっかりと日焼け止めのクリームを塗って・・・・
直ぐに日焼けをする駄目元は、以前マスクの形をくっきりと付ける大失敗を犯してしまった事があるんですよσ(^_^;)アセアセ...

さてさて、話を釣りの方に戻して・・・・
200803013 いつもの通い慣れた「駄目元の場所」に着いたのは 13:00過ぎ。
久しぶりに来ただけに草がぼうぼうかと思っていたのですが、以外ときれいに刈り込んでありました。
ところが空き缶やビニール袋,コンビニ弁当などのゴミが散乱してるんです。
そんな場所でこれから竿を出すと思うと、なんかウンザリしますねε-(ーдー) ハァ

気を取り直しいつものように3本の竿を出し、ボイリーとイモを付け 14:00前には投げ込みました。
あとはアタリが無いと思いながらも、ただひたすらボォ~~と待つだけです。
本来何もせず、じっと待ってると言うのは苦痛なはずです。
でもこんな事が出来るのも、ただただ鯉釣りが好きだからですね( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

と言う事で、アタリを見る事もなく終わりました。
前日の千丈寺湖は本命ではなくてもアタリがあり、ニゴイが釣れました。
その時は「チェ! またニゴイか」とぼやいてたのですが、今回のように全くアタリがないと、例えニゴイでも遊びに来てほしいですね。
かってなもんですけど(^^ゞポリポリ

さてと・・・・
淀川は地元と言いながら昨年、一昨年と本命の鯉は1本づつ。
今年はその1本を釣る事が出来るかな?

|

2008年3月15日 (土)

千丈寺湖 春限定のポイント

まだ早いと思いながらも、千丈寺湖の春に実績のあるポイントへと行ってきました。
今ならまだ誰も来ないだろうし、その分のんびり出来るし、それでいてボーズ覚悟とは言えあわよくは大物が・・・・
なぁ~~んてな事を考えたりして(^^ゞポリポリ
ところがと言うか当たり前と言うか、そんな妄想も虚しく結果はアタリが5回!
そう、アタリだけはね。
もう想像が付くと思いますが、本命のアタリはありませんでしたσ(^_^;)アセアセ...

200803010 釣り始めたのは 00:30頃。
3本の竿にそれぞれボイリー,イモ,食パンを使い分けました。
紀の川の今までの実績からすると、千丈寺湖に来てもやっぱり食パン無しでは考えられません。
こだわりと言うかアホの一つ覚えと言うか、千丈寺湖ではいまだに食パンでは釣った事がないんですけど(⌒▽⌒) アハハ!

さて仕掛けを投げ入れると、あとは朝までゆっくり寝るだけです。
紀の川だといつアタリが来てもおかしくないだけに、「まだか、まだか」と気になって寝むれないのですが、ここは滅多にアタリの来ない千丈寺湖だけに、全く気にせず寝る事が出来ます。
ところが 04:00過ぎ、突然センサーに起こされました。
この時の心境って、分ってもらえますか?
正直アタリなんか無いと思っていただけに、まさに「やったー!」状態です( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

しかしそんな期待とは裏腹に車から出たところ、全くクリック音が聞こえてきません。
そう、空タリでした。
「あ~~ぁ、せっかくのアタリやのに、残念!」
と、この時はほんとにそう思ってましたσ(^_^;)アセアセ...

06:30頃にエサ替えをして暫くすると本日2回目のセンサーが鳴り、ほとんど抵抗もなくニゴイが上がってきました。
その頃からセンサーのスイッチが入らない、竿先を揺らす程度のアタリが何度となく続きました。
明らかにニゴイの仕業です。
そうなると一気に気が滅入ってしまい、エサ替えも虚しくかってにやってくれ状態です。
かと言って諦めたら鯉は釣れないし・・・・ε-(ーдー) ハァ

とにかくこれだけ雑魚の活性が高いと、食パンはあっと言う間に無くなるはずです。
と言うことで食パンは早々と諦め、ボイリーとイモだけにしました。

その後またにセンサーが鳴っても空アタリかニゴイが続きました。
そして5回目のセンサーの時です。
この時、初めてクリック音を聞いたのです。
「やっと来たか!」
「これや、これや。 これを待ってたんや!」

しかし喜びは一瞬でした。
クリック音は「ジィ~・・・・、ジィ~・・・・」と断続的な弱々しい音です。
「チェ! またニゴイか」
これしきの事で少し期待をしてしまった自分が、情けないって言うか虚しいって言うか・・・・o( _ _ )o ショボーン

しかしこの時期に早くもニゴイに悩まされるとは、思ってもいませんでした。
ただ全くアタリも無く一日過ごす事を思えば、時々センサーが鳴り「ハッ!」とするだけでも有り難いのかな?_(^^;)ツ アハハ
ちなみに浅場では数匹の鯉が群れていました。
もう直ぐシーズン到来ですね。
となると、毎週毎週休日に向けてのカウントダウンに、力がはいりますよ!( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

|

2008年3月10日 (月)

とうとう来てしまった!

あ~~ぁ、ついに花粉症がやって来ました。          
今年は、まだ大丈夫だと思っていた矢先だったのに・・・・                  

実は昨日、紀の川で釣りをしている時から自覚症状はありました。
一日外で過ごしていた時から、鼻がムズムズしていたんです。    
それが夜になってから一気に症状が現れ、鼻がズルズル状態です。
とりあえず薬を飲んで寝ましたが、その副作用でしょうかね?      
朝から体がだるいんです。                                    
眠たいんです。                                              
何もする気力が無く、ただボォ~~としてる常態が続くんです。

本音を言うと休みたいんです。                                 
あ~~ぁ、なんとか花粉症休暇ってやつを認めてくれないやろか? ε-(ーдー) ハァ

|

2008年3月 9日 (日)

紀の川 第10回一本勝負鯉釣り大会

過去2大会が全員ボーズとなり、今回は総勢17名、すなわち17本の竿が並ぶ大会となりました。
と書けばなかなか立派な大会なんですが、またしても全員がボーズ!
もう情けないやら、かっこ悪いやら・・・・
紀州野鯉の会のメンバーって、いったいどんなレベルなの?_(^^;)ツ アハハ

駄目元は大会に先駆けいつものポイントで、景気付けに夜釣りをしたのですがその結果が思わしくなく、不満タラタラの状態での大会となりました(^^ゞポリポリ
200803004 場所は紀の川中流域の「クラダシ」と言う所。
この場所は2年前の同じような時期に大会を開いて以来、駄目元にとっては2度目となる場所です。
それだけにポイントを何処にするのか迷います。
そこで2年前の大会で優勝したIさんのポイントを思い出し、ネットで航空写真を眺め、密かに決めました( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

そして場所決めの抽選の結果、運悪く駄目元は最下位!
全員が場所を決め終わるまでどうする事も出来ないのですが、幸いにも予定していた場所は開いていました。
ラッキ~~!ъ( ゜ー^) イェー♪

では、なぜその場所を選んだのか?
駄目元程度の実力で解説するのはおこがましいので省きます(^^ゞポリポリ
ようは、単純な考えです(⌒▽⌒) アハハ!

まぁ、そんな事よりも、これで駄目元はかなりの確立で優勝すると決め付けていました。
なんたる自己中の考え方か!( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

大会は 08:00 - 17:00まで。
駄目元の大会用のエサは、食パンとボイリーです。
食パンはこの時期、駄目元にとっては絶対に欠かせないエサです。
ただ流れがあるので食パンだけでは心細く、ボイリーとの2本針の袋仕掛けになりました。
あとはアタリが来るのを待つだけです。
そう、ただひたすら待つだけ・・・・
しかし誰の竿にも当たりがありません。
ゴミが掛かったりする以外はσ(^_^;)アセアセ...

結局誰にもアタリは無く、3大会連続の全員がボーズとなりました。
ほんと情けないやら、かっこ悪いやら・・・・
ある人は「紀州野鯉の会」を改め「紀州ノー鯉の会」にすればと、提案していました。
駄目元も晴れて正会員になったばかりだと言うのに、この会の行く末はどうなる事やら_(^^;)ツ アハハ

よぉ~~し!
次の大会では、絶対に釣るぞ!

まぁ、皆がそう思ってるんですけどね(^^ゞポリポリ

|

紀の川 最低条件クリア

紀州野鯉の会恒例「第10回一本勝負鯉釣り大会」が行われるため、せっかく紀の川まで行くのならと、大会の時間までいつものポイントで確実に鯉を釣る事にしました。
とは言うものの結果は58cmが1本だけで、かろうじてボーズを免れた次第です。
こんなはずでは無かったのに・・・・ε-(ーдー) ハァ

いつもの場所に着いたのは、夜中の 23:00頃。
大会の集合場所はここから離れているため、移動時間を考えると余裕をみて 05:00過ぎには片付け始めなければならず、正味6時間ほどの釣りとなります。
それでも紀の川なら、いやいやこの場所なら数本は固いかな?(⌒▽⌒) アハハ!

ところがポイント周辺は浚渫(しゅんせつ)作業の真っ最中です。
さすがに真夜中に工事はしてませんけど、地形はガラッと変わっていました。
浚渫作業自体は遠くの方から序々に近づいて来ていたのですが、まさか駄目元の釣行日に合わせたようにポイント周辺を浚渫していたとは、果たしていつものピンポイントはどうなってる事やら???
いきなり暗雲が立ち込めてきましたε-(ーдー) ハァ

それでもぴトンを打ち込んだ時には流れ込みの所から、驚いて多くの鯉が逃げていったのが分りました。
「良し、良し!」
「鯉はおる、おる!」

この段階で数本は釣れると確信していました_(^^;)ツ アハハ

今回は素早く片付けられるようにと竿は3本にし、エサは絶対的に自身を持つ食パンを付けました。
あとはセンサーが鳴るのを待つだけです。
ところが一向にセンサーは反応せず、まだかまだかと待っているとなかなか寝付く事も出来ず、ゆっっっくりと時間だけが過ぎて行き、つらいつらい夜となりましたε-(ーдー) ハァ

アタリが無いまま時間が経つと、
「さすがに工事中なだけに、今日はボーズかな?」
と弱気になり、ボーズを覚悟しだした 03:20頃、初めてセンサーが反応しました。

「やれやれ、やっと来た!」
「これでボーズは免れた」

ところが竿を持って暫くすると、無情にもラインがフワァ~~と軽くなりました。
痛恨のバラシです。
「千載一遇のチャンスやったのに・・・・」
「これでボーズは決まりや!」

o( _ _ )o ショボーン

04:30頃、時間的にみて最後のエサ替えです。
この時はボーズだと諦めていたので無駄だと思いながらも万が一に望みを託し、3本ともエサを換えました。
そして車に戻った次の瞬間、いきなりセンサーが鳴り出しました。
それはいつものピンポイントに投げ込んでいた竿です。
今度こそ失敗は許されません。
竿を持つと直ぐに小物だと分ります。
しかし相手がどんなに小さくても鯉は鯉です。
200803001 慎重に取り込んで、ようやく最低条件の1本を釣ることが出来ました。
やれやれです(ー。ー) フゥ

その後は予定通り 05:00過ぎには片付け始め、本命の鯉釣り大会の場所へと移動しました。

|

2008年3月 8日 (土)

バイクで千丈寺湖

寒さも少し和らぎ、バイクで走り回るのも随分と楽になりました。
ちょっと前までは寒さに震えながら走ってましたからね。
そこまでして、バイクに乗りたい駄目元なんです_(^^;)ツ アハハ

とは言うものの、そろそろスギ花粉の季節。
花粉症の駄目元は、今のうちにバイクに乗っておかなければなりません。
鼻がズルズル涙がポロポロでは、さすがにバイクには乗れませんから!

そんな訳で今日バイクで走り回ってたついでに、千丈寺湖へと寄ってきました。
残念ながら鯉師の姿はありません。
まぁ、駄目元にすればそんな事はどうでも良いんです。
釣り人が居ないのは、返って好都合ですから(⌒▽⌒) アハハ!

そんな事よりも、想像以上に水位が上がってました。
前回、千丈寺湖へ釣りに行ってから2週間。
その間に50cm以上は上がったかな?
今まで竿を出していた場所は、ほぼ水没していました。
まいったなぁ~~!(ー。ー) フゥ

この春は千丈寺湖をメインと思ってたのに、我侭な駄目元はちょっとした事でトーンダウンしてしまうんです。
さて、どうしたものか?

|

2008年3月 2日 (日)

休日なのに・・・・

食あたりなのか風邪なのか、はたまたノロウィルスか?
金曜の夜にお腹が雷状態になり、おちおち寝る事もままならず!
そんな訳で土曜日は我が家から一歩も外に出る事もなく終わりましたε-(ーдー) ハァ
せっかくの土曜日なのに、なんたる不覚_(^^;)ツ アハハ

その分体調も回復し、、
「日曜日は釣りに行くぞ!」
「今回は、確実に釣れる紀の川や」

と、嫁さんの反対も押し切り寝る事に!(^^ゞポリポリ
ところが・・・・

早朝に目を覚まし釣りに行こうとすると、どうもお腹の具合が・・・・
「やっぱり風邪かな?」
「釣りには行きたい!」
「でも無理して体調を崩し、仕事を休む事になったら・・・・」

と言う訳で大事を取り、釣りを諦めました。
とにかくお腹がゴロゴロでは、トイレの心配がと言うのが本音ですね_(^^;)ツ アハハ

まぁ、来週は紀の川で仲間内の大会があるので、今回は我慢しときます。
しかしせっかくの土日、勿体無いなぁ~~!
と言いながらも、バイクで走り回ったりしてましたけどね(⌒▽⌒) アハハ!

|

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »