« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月25日 (日)

淀川 相変わらずウォーターレタスが

地元でありながら、久しぶりの淀川です。
ウォーターレタス(浮き草)の攻撃が嫌で、長い間敬遠していたんです。
でもそろそろウォーターレタスも減ったかなと思い、出掛けて来ました。
ところが世の中、そんなに甘くはないですね。
相変わらずイライラするぐらい流れて来ます。
そんな中で、結局は空アタリ1回で終わりました_(^^;)ツ アハハ

実は体調がイマイチのため無理をせず、今回は地元の淀川に落ち着いたんです。
前日までの東京出張で風邪でも引いたのか、何となく背中がゾクゾクするんですよ。
だったらゆっくり休んでおけば良いんですけど、天気が良いもんでついつい(^^ゞポリポリ
やっぱり週末には、1回は竿を出しておきたいんです。
もう、病気ですから(⌒▽⌒) アハハ!

そんな訳で今回はのんびりと 10:30頃から出掛けました。
場所はいつもの船着場。
幸いにも予定していた場所が空いていたので、いつものように3本の竿でアタリを待ちました。

その頃はウォーターレタスの影響もほとんど無く、読書で時間を潰すのんびりとした時間帯でした。
そんな時 12:10頃「ジィ~」とラインを引き出すアタリが来ました。
ところがそれは一瞬で終わり、かすかな期待だけを残しました(^^ゞポリポリ

その後はアタリも無く時間だけが過ぎて行ったのですが、13:15頃からわずかに風が吹き出し、気づけばウォーターレタスの大群が襲ってきたのです。
初めは竿を操作しかわしていたのですが、時間と共に無駄な抵抗となり最後にはラインに引っ掛かっていてもほったらかしにしていました。
もう、あほらしくてσ(^_^;)アセアセ...

最後に・・・・
いつも散歩している顔見知りの方に最近の状況を聞くと、結構良い鯉が釣れてるとの事。
そのサイズまでは分からないのですが、釣れてるんなら近いだけに時間つぶしにもってこいですね。
ただウォーターレタスの攻撃さえ無ければ!_(^^;)ツ アハハ

|

2007年11月23日 (金)

おのほりさん報告(笑)

月曜日からの4泊5日の東京出張から、今日ようやく帰って来ました。
とある講習を受けて来たんです。
では早速お仕事の話は一切なしで、おちゃらけの報告を(^^ゞポリポリ

<富士山>
月曜日、今回こそは富士山を見るために窓側の指定を取り、準備は万端!
静岡あたりで目を覚ますと、青空が広がる抜群の天気。
あとは富士山を見るだけ・・・・
ところが肝心の富士山はすそ野だけしか見えません。
そうなんです。
富士山だけが雲の中なんです。
と言う事で、今回もダメでした。
がっくしε-(ーдー) ハァ

<1泊目>
品川Pホテルに宿を取り、一人なので何もする事がなく、とりあえず六本木ヒルズにでも行ってみるか!
と、ホテルの案内図を確かめてJR恵比寿駅へ。
案内では駅前と載っていたのに、そこにあったのは恵比寿ガーデンプレイス。
おかしいなぁ?
どこにも六本木って書いてない!

あとで案内を確かめたところ、地下鉄に乗り換えるって書いてあったのを見落としていましたσ(^_^;)アセアセ...

と言う事で恵比寿ガーデンプレイスをうろついたのですが、おしゃれ過ぎて男が一人で行く場所じゃないですね_(^^;)ツ アハハ

<2泊目>
一人でどこかへ行っても何も面白くないでの、この日は品川Pホテル近辺をあても無く歩いてました。
しかしデカイ!
何がって?
Pホテルの系列ですよ。
品川Pホテルには4棟のビル、直ぐ隣には高輪Pホテルが3棟。
どんな過程であれだけの土地が手に入ったんだろう?
あかん、貧乏人のヒガミだわ(^^ゞポリポリ

<3泊目>
どうせ暇だし、ならばお台場へ行ったろかい!
と言う事で、カップルだらけのお台場へ行って来ました。
ところがカップルはまばら!
それよりも韓国人なのか中国人なのか、団体さんがバスを横付けしてワイワイ・ガヤガヤ!
その数も10数台!
私服で歩いている駄目元は、絶対にその仲間だと思われてるはず(^^ゞポリポリ

しかし、夜景は見事でした。
でも、やっぱり男が一人で行く場所じゃない!σ(^_^;)アセアセ...

<4泊目>
六本木ヒルズに再挑戦!
でも行った所で何もする事もないし・・・・
と言う事で品川から六本木まで、プラプラ1時間ほど歩いて来ました。
2泊目にブラブラ歩いたコースと地図上で比べたら、距離的には以外と近いと言う事で(⌒▽⌒) アハハ!

で、行ってみた所、さすがは六本木。
ガソリンスタンドから出てくる車にクラクションを鳴らされたら、それはなんと真っ白なロールスロイスのリムジン
明らかなおのぼりさん達にまじり、時々みかける「普通そんな服は着ないやろ」と思える、いかにも高そうな服に身を包むセレブらしき人々。
やっぱりヒルズは、駄目元には関係のない所でした(⌒▽⌒) アハハ!

最後に・・・・
やっぱり男が一人だと、行く所がないんですよ!

|

2007年11月18日 (日)

おのぼりさん

明日より金曜日まで東京へ出張です。
まぁ、久しぶりのおのぼりさんです(^^ゞポリポリ
しかし、たった一人で4泊5日はちょっと寂しいなぁ・・・・
一人で飲みに行くのも悲しいし、ホテルでビールを飲んでるのも虚しいしo( _ _ )o ショボーン

何より23日は休日で、おまけに22日は休みを取ってたんですよ!
そう、4連休だったんです!
当然千丈寺湖行きを考えてました。
それなのに、あぁそれなのに、それなのに・・・・
一人寂しく東京ですε-(ーдー) ハァ

さて、どうやって過ごそうかな?
とりあえず、行ってきます。

|

2007年11月17日 (土)

千丈寺湖 お隣さんの竿には・・・・

5週続けての千丈寺湖です。
すっかり一発大物の亡霊に取り付かれています。
そんな形跡は全然ないのに(^^ゞポリポリ
それでいて今回も全くアタリがありません。
いくらボーズに慣れてるって言っても、そろそろセンサーの音を聞きたいもんですσ(^_^;)アセアセ...

予報では夜は随分寒くなると言われても、全く気にせず現地に着いたのは金曜日の 21:30過ぎ。
22:30頃には仕掛けを投げ入れ、あとはいつものように寝て待つだけとなりました。
駄目元的には、夜中に釣れた試しはないんだけど(^^ゞポリポリ

ところで・・・・
準備をしていた頃はそれほど寒くは無かったものの、時間と共に冷えてきて、寒い事、寒い事!
防寒対策ばバッチリやったはずやのに、太もも辺りが冷えてくるんです。
震える程では無かったものの寒さのため直ぐに目が覚め、ほとんど寝ていません。
こんな事なら、毛布を持ってくるんだった!
ちょっと夜の冷え込みを、甘く考えていましたね_(^^;)ツ アハハ

いつものようにアタリの無いまま朝を向かえ、いつものように 06:00頃にはエサを換えました。
この時、手作りイモは無くなっていました。
まだまだ雑魚の活性は高いみたいですね。
それとも解けたのか、仕掛けを上げる時に無くなったのかな?

今回も横でウキ釣りをしながらブッコミの竿を眺めていると、お隣さんのラインがフワフワ動くのが目に入りました。
「あ~あ、ニゴイが突いとる」
と思って見ていると、いきなり「ジィ~~」とラインを引き出し、2~3秒後には止ってしまいました。
「えらい元気のあるニゴイやな!」
ところがこれが50cm前後の鯉だったんです。

「あのライン・フワフワが鯉なんか!」
「先週はあんなん、何回もあったで」
「何で駄目元には掛かれへんねん!」

はい愚痴です、愚痴!
今回は駄目元のブッコミには竿先を揺らすアタリどころか、ラインをフワフワさせるアタリも見ていないと言うのに・・・・
大物に越した事はないんですが、取り合えず鯉を釣りたい駄目元です(^^ゞポリポリ

さて恒例のウキ釣りのほうですが、ブルーギルが随分と減りました。
当然前回のような猛攻が無くなっただけに、時々アタリが出る程度です。
その分、そのアタリに合わせると言う楽しみが増えました。
今回はフナ、ニゴイ、ブルーギルの順に多く釣れました。
まぁ、時間つぶしには持って来いです。
それにやりだすと、結構おもしろいもんですよV(^0^)
しかし鯉が釣れません。
いつ釣れても、おかしくないと思うんだけど・・・・
何故なんでしょうね?

今回は日中は暖かかったものの、夜はこの秋(それとも冬かな)一番の冷え込みとなりました。
もう、泊り込みは止めようかな?
寒い思いをするだけで、結果が出ないし・・・・
はい、軟弱者の駄目元ですから(⌒▽⌒) アハハ!

|

2007年11月11日 (日)

自家製ボイリー

今日は、1年ぶりぐらいかなぁ?
ボイリーを作ってました。
実は自家製ボイリーが結構気にいってるんですよ( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

紀の川に通っている頃は現地で鮎エサを調達するため、ボイリーもダンゴも全く減りませんでした。
ところが最近は千丈寺湖へ通うようになりダンゴはどんどん使うし、自家製ボイリーも見る見る無くなっていくんです。
だからと言って今直ぐに無くなる程ではないんですけど、ちょっと気が向いたもんで(^^ゞポリポリ

実は材料だけは調達しておこうと台所をあさると、全て揃ってたんです。
「だったらついでに作ちゃえ」となった訳ですよ。
それに今回は秘密兵器、ボイリーテーブルも用意していたもんで、思いのほか簡単に出来ました。
毎回毎回ボイリーを丸めるのが大変だったんです。

ちなみに今使っているボイリーは全て人様の食材で作っているため、台所用品を使っても嫁さんもあまりとやかく言わないので助かります。
それに駄目元的には、香りが物凄く気に入ってるんです。
それにボチボチと実績もありますので・・・・

市販のボイリーも使ってるんですが、駄目元程度の腕ではその差が分かりません(^^ゞポリポリ
なんたって運のみの釣りですから(⌒▽⌒) アハハ!
だったら自作して楽しんじゃえってねъ( ゜ー^) イェー♪
まぁ、これも好きな事だから出来る事ですよ(^ー^* ) フフ♪

|

2007年11月10日 (土)

千丈寺湖 夢を追いかけて

今回で4週連続の千丈寺湖です。
前々会に88cmを釣って以来夢中になっているんですけど、今回もまたまたボーズでした_(^^;)ツ アハハ
時々竿先を揺らすアタリはあるんですよ。
でも、おそらくニゴイの仕業でしょうね。
ウキ釣り共々、鯉はそう簡単には釣らしてもらえません(^^ゞポリポリ

千丈寺湖への回数を重ねるたんびに益々気合が入り、今回は会社から速攻で帰り、金曜の夜 21:00前には現地に着きました。
その時には既に先客は居たものの、幸いにも狙っていた場所は空いていました。
その場所とはスバリ前々会に釣った場所。
もう完全に虜になっていますね_(^^;)ツ アハハ
ただもう一つ理由があって、そこはあまり鯉師が来ないから、気兼ねなくウキ釣りが出来るので気に入ってるんです( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

と言う事で 21:30頃にはエサを投げ込み、後は寝て待つだけです。
しかしいつもの事ですが、センサーが鳴る事もなく朝を迎えました。
まぁ「釣れたらラッキー!」と思いながら竿を出しているものの、夜中に釣れたら釣れたで何かとやりにくいだけにアタフタするのが落ちなんですけどね(^^ゞポリポリ

06:00過ぎにはエサ換えを終わり、暫くしてブッコミの横でウキ釣りを始めました。
ウキ釣りをしていてもブッコミは気になる訳で、センサーに任せておけば良いのに、ついつい竿先を眺めています。
すると、今回はほとんど無風状態だったんですが、良くラインがフワフワと動くのです。
その中で、たまに竿先をお辞儀させるアタリがあるんです。
それが鯉ではない事ぐらいは分かってますよ。
でも偶然そんなアタリを見ると、鯉では無いと分かっているにも関わらず、
「行け、行け!」
と心の中で、千丈寺湖の神様に祈ってしまうんですよ。
誰でも同じ思いかな?(⌒▽⌒) アハハ!
結局は一度もラインは引き出されず、センサーも鳴りませんでした。
こうなると、たとえニゴイでもセンサーを鳴らして欲しいもんですσ(^_^;)アセアセ...

一方ウキ釣りの方ですけど、今回は15~20mぐらい投げて深みを狙ったんですけど、結果はブルーギルの猛攻でした。
その中で時々フナやニゴイも掛かって来ました。
不思議なものでブルーギルの猛攻の中、フナやニゴイが掛かると鯉も期待できるだけに、何だか嬉しくなってきます。
たかがニゴイに(^^ゞポリポリ
しかし鯉は全くダメでした。
今回は中国領事館御一行様をはじめ、他の人も鯉を釣ってないみたいですね。

今回のウキ釣りも、釣り始めてから直ぐにアタリがありました。
途中ブッコミのエサ換えなど15分前後時間を開けても、1投目から直ぐにアタリが来ます。
ウキ釣りでそんな状態を目の当たりにしたら、ブッコミのラインがフワフワ動くのを見ると、ニゴイやブルーギルと言うのが直ぐに分かりますね。
困ったもんですε-(ーдー) ハァ

これで2連敗となりました。
何だかんだと、ボーズ癖が付いてきましたね。
でも諦めませんよ!
前々回、あっさりと88cmが釣れただけに虜になってしまい、更なる夢を追い求めています。
でも駄目元が出来る事と言えば、取り合えず竿を出す事です。
何たって運任せですから(⌒▽⌒) アハハ!
常連さんも、
「もう少し寒くなったらチャンスや!」
と言われてるので、これからも毎週のように頑張りますよ(^○^)ふぁいと!!
その一方で、このまま1匹も釣れずに年を越す可能性が大きいんですけどねσ(^_^;)アセアセ...

|

2007年11月 4日 (日)

千丈寺湖 もしかしてターンオーバー?

11/04(土)の夜、ハードスケジュールの海釣りから帰って来て、晩御飯を食べて風呂に入ると、そのまま今度は千丈寺湖へと向かいました。
どんだけ疲れても、どんだけ寝不足でも、趣味だから出来る事!
これが仕事なら絶対に出来ませんて(⌒▽⌒) アハハ!

とにかく、今は千丈寺湖へ行きたいんです。
燃えているんです。
でも結果は付いて来ませんでした(^^ゞポリポリ

前々から海釣りから帰って来たら、千丈寺湖へ行くと決めていました。
それにOKを出してくれた嫁さんと娘達に感謝感謝です。
どこで爆発するのか、ちょっと怖いですけど(^^ゞポリポリ

千丈寺湖までは1時間半ぐらい。
超寝不足の状態でも、竿さえ出せばあとは寝るだけなので、何とかなると思ってました。
御旅橋に着いたのは 23:00過ぎ。
幸いにも先客は3名(3台の車)で竿を出す場所は十分にあり、00:00頃には3本の竿を出し終え、後は寝るだけとなりました。

いつもなら浅い睡眠でウトウトしている事が多いのに、この日はさすがに爆睡したみたいです。
ただ予想以上に冷え込み、寒さで目が覚めてしまいましたけど(^^ゞポリポリ
それでもいつも以上に寝てたのは確かな事。
目覚めた時はすっきりしてましたから(⌒▽⌒) アハハ!

結局夜中にセンサーが鳴る事はなく、05:30頃に起き出しエサを換えました。
それからも一度もアタリを見る事はありませんでした。
前回の時はセンサーが2回、見ている時に穂先を揺らすアタリが3回ありました。
千丈寺湖では前回、前々回と2週続けて鯉が釣れていたのに、紀の川のように必ず釣れると言う訳には行きませんね。
まあ、それが普通なんですけどね_(^^;)ツ アハハ

ところで 12:00頃に片付け始めた時、仕掛けを巻き上げるとゴミでも引っ掛けたのか多少の抵抗があり、気が付けばラインが全然違う方向に伸びていました。
予想通りニゴイです。
しかしどうせ針に掛かるんなら、センサーを鳴らしてくれれば一瞬でも期待が出来るのに・・・・
空気の読めない奴ですわ!(⌒▽⌒) アハハ!

一方、千丈寺湖と言えば駄目元的にはウキ釣りです。
ウキ釣りで鯉が狙えるので、場所さえあれば大抵リールを使ったウキ釣りで楽しんでいます。
200711010 今回も 07:00頃からウキ釣りを始めました。
その時間帯は水温よりも気温が低く、川面から水蒸気が立ち込めていました。
(この写真で分かりますかね?)

前回の時のウキ釣りは3投目にニゴイが釣れ、それからはブルーギルの猛攻だっただけに、それなりの覚悟はしていました。
ところが、いくらエサを打ち返してもウキに反応が現れず、1時間2時間と時間だけが過ぎて行きました。
「これはもしかして、ターンオーバーとか言う奴か」
となると詳しい理由は知りませんが、釣果はほとんど見込み無し。
参ったなぁ、こりゃ!ε-(ーдー) ハァ

そのような状況でも 10:00頃からたまぁ~~にアタリが出るようになり、ピクッとしたアタリを合わせると、ヘラ師が喜ぶような型の良いヘラが上がって来ました。
それからはヘラ,ニゴイ,ブルーギルが退屈しない程度に釣れるようになりました。
そんな時、ウキを持ち上げるアタリを合わせると、今までにないズシッとした手応えで30cm前後の鯉が釣れました。
周りに人が居ないのを良い事に、
「エヘヘ、小さくても鯉は鯉や」
「証拠写真、証拠写真!」

人が居ると写真を撮るには小さ過ぎて、恥ずかしいですからね(^^ゞポリポリ

ところが・・・・
「あれぇ~~」
「ヒゲがないやん」
「フナやんか!」

ちゃん! ちゃん!σ(^_^;)アセアセ...

しかしその直後でした。
竿を引ったくるようなアタリがあり、ラインを引き出しました。
今までとは比べようの無い、間違いのない鯉の引きです。
感覚的には60~70cm台で、Abu 6500 のドラグを少々締めても、止める事が出来ません。
ところが暫くすると、スパッと針が抜けてしまいました。
う~~ん、残念!
スレ針だから仕方が無いと、自分に言い聞かす駄目元です(^^ゞポリポリ

今回で3週連続の千丈寺湖となりましたが、3連勝とは行きませんでした。
特に先週と比べると、雑魚の活性が随分と下がった気がします。
となると、これからが千丈寺湖のシーズン到来じゃないですか。
寒くなるけど、一発大物狙いで頑張るぞ!( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

|

番外編 伊勢志摩のイカダ釣り

11/03(土)、両親と娘を引き連れ、海釣りを楽しんで来ました。

先週88cmを釣ったので、気持ちは当然千丈寺湖へと向かっていたのに、父親からイカダ釣りへのお誘いが・・・・
前回(9/29)の釣果が余りにも悪かったので母親がリベンジに燃え、我が娘も行きたいと言うので仕方なく海釣りとなって訳です。
ところが結果は前回よりも更に悪く、近年まれに見る最悪の状況となってしまいましたε-(ーдー) ハァ

場所は前回同様、三重県は伊勢志摩。
片道4時間弱の行程で我が家を夜中に出発し、現地で1時間ほどの仮眠を取りイカダに渡ったのは 06:30頃。
05:00過ぎからボチボチ準備をしていたものの予想以上の釣り客で、のんびり渡船の順番を待っていたらそんな時間になってしまいましたσ(^_^;)アセアセ...

200711001 イカダに渡り、まずはダンゴを4~5個足元に撒いておきます。
そして釣りの準備ができ、期待を込めて仕掛けを入れました。
大袈裟ながら1投目でアタリがあるかないかで、今日一日が大きく変わりますからね(^^ゞポリポリ
しかし残念ながら何の反応もありません。
「まぁ1投目やから、しゃないわ」
ところが2投目,3投目といくら繰り返しても、状況は全く変わりません。
おまけにいつもなら表層に群れているイワシの姿もありません。
「ひょっとしたら最悪のパターンとちゃうか?」
と、釣り始めて早々にそんな予感がありました(ー。ー) フゥ

結局 12:00近くまで、母親や娘の雑魚釣りの仕掛けにさえアタリはありませんでした。
手持ちのいろんなエサを試しても、狙う棚を変えてみても、エサはずぅぅぅと付いたままです。
こんな時って、イカダの上では何もする事がありません。
自由に別の場所へ移動する、なんて事が出来ませんからね。
あえて出来る事は、寝る事だけです(^^ゞポリポリ
でも鯉釣りと違って、それでは釣りになりませんσ(^_^;)アセアセ...

結局 12:00頃から微かなアタリが出るようになり、何とか合わせて釣り上げたのはボラです。
父親と合わせて3匹。
大きいので50cmを超えていました。
母親は「大きい!」とはしゃいでましたけど、日頃70~80cmの鯉を見ているだけに、なぁ~~んも感じません。
それに、所詮ボラですから・・・・(^^ゞポリポリ

と言いながら、結局そのボラは渡船屋のご主人が、
「騙されたと思って食べてみ」
と言ってさばいてくれたので、持って帰って食べました。
刺身はコリコリとした食感で味は淡白。
煮付け共々とびきり美味しいと言うほどでは無いにしても、あっと言う間になくなりました。
ボラがこんなにいけるなんて、以外でした。
でも、やっぱり新鮮なアジやサヨリやカワハギを食べたかったなぁ!(⌒▽⌒) アハハ!

|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »