« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月28日 (土)

紀の川 惨敗!

紀の川だったら確実と思い、今回は娘二人を引き連れて行ったのに惨敗でした(´ヘ`;)ハァー
スッポ抜けに空アタリが1回づつにナマズが1匹。
こんなはずじゃなかったのに・・・・

 

例の流れ込みに着いたのは 02:00頃。
今回は流れ込みの両脇に1本づつと、下流側に2本の計4本。
そのうち3本は足元狙いと、駄目元の必勝パターンでのぞみました。
エサは1本はボイリーで、残りは鮎エサ!
鮎エサなら間違い無く釣れるので、1本だけボイリーで様子見です。
これも絶対の自信を持つ場所だから出来る、余裕ってやつですよ_(^^;)ツ アハハ

ところが 06:00頃まで一向にアタリが無く、やむなくエサを交換しようとしている時に、知らぬ間にナマズが掛かっていました。
この時は、まだまだ余裕の駄目元です(^^ゞポリポリ

その後明るくなって来ると、何回となく竿先を揺らすアタリを確認する事が出来ます。
しかしなかなか喰い込まず、イライラ状態が続きました。
今回は今までの釣行の中で一番水位が低く、流れも穏やかで風も無く、物凄く釣りやすい状況でした。
その為、流れ込みに寄って来る鯉の姿を簡単に確認する事が出来ます。
「大丈夫、大丈夫! その内に食うさ」
鯉の姿を確認しただけに、更に余裕の駄目元です(^^ゞポリポリ

09:40頃、流れ込みサイドの竿先が2度3度と大きく揺れ、

「よっしゃ! 行け! 行け! 行け!」

と待ち構えていた所で絞り込まれ、センサーがON!
竿を持ち、しっかり合わせると勢い良くラインを引きづりだしたものの、無念のスッポ抜け。
「またか! 多いんやな、これが」(;´д`)トホホ
しかしこのアタリで、完全に自信を取り戻した駄目元です(^^ゞポリポリ

10:00頃、一番下流の竿先が大きく揺れるものの、なかなか喰い込みません。
足元狙いだけにどんな状況か覗いてみたいものの、覗けば鯉が逃げるのでそれもできず、まだ鯉が居るのかどうか、我慢の時間帯でした。
その甲斐があったのか 10:10頃、ついに竿先が絞り込まれ、2回目のセンサーON!
ところがそれっきりの空アタリでした。
この頃になると、まだなんとかなると自分に言い聞かす駄目元でした(ー。ー)フゥ

 

その後は鯉が寄って来るものの、食い気が無いのか、全くアタリがありません。
ただ、昼過ぎから上手に入った3人組は、40~50ぐらいの鯉を吸い込みで釣りあげ、他にもポツポツとアタリがあったようです。
もしかして紀の川の特効エサ、鮎エサがダメだったんでしょうか?
しかし、そんな事は考えられないし・・・・

結局、絶対的に自信を持つポイントで、まさかのボーズです\(゚o゚;)/ウヒャー

信じらんなぁ~~~い

駄目元的には、もう今年の紀の川は終わったかな?_(^^;)ツ アハハ

 

帰りしな、もう一つの流れ込みの様子を見ると、鯉が寄って来ていました。
ここは春に食パンで爆釣りした場所です。
娘にどうすると聞くと「やりたい」と言うので、再び竿を出しました。
但し今回は食パンがありません。
鮎エサも捨ててきました。
仕方なしに、チョコ入りのスナックパンで応用し、20分ほどの間になんとか2本釣り上げた次第です(^^ゞポリポリ

これで一応ボーズは免れたものの、あの場所でボーズだったのはショックです。
リベンジに行くべきか、今年はもう諦めるか、それが問題だ!σ(^_^;)アセアセ...

|

2006年10月25日 (水)

鯉専用竿

昨年12月に鯉専用竿「メーター倶楽部・巨鯉烈火」を買って以来、少しづつその性能に引かれています。
「なるほど、さすが鯉専用に作られてるだけの事があるわ」てな具合に。
しかし使い始めた時は今までの竿とのギャップが大きく、さすがに違和感がありありだったんですよ(^^ゞポリポリ

まず最初に感じたのは、ズッシリと重たい!
それに反発力が強くて、今までの竿と同じように振るとダンゴがライナーで飛んで行ってしまう!
正直「まいったなぁ、こんなつもりやなかったのに」状態でした。
しかし烈火に慣れてくると、逆に最近は今までの竿が物足りなくなってきました_(^^;)ツ アハハ

まず烈火に比べて軽い事が、なんだか頼りないんです。
初めは軽くて良いやと思ってたものの、最近は元々貧弱だったのが、よりいっそう貧弱に思えてしまって・・・・・・(^^ゞポリポリ
特にダンゴを投げる時の頼りなさ!
胴に乗り切らない、あるいは胴が負けてるって感じ???
そんな訳で飛距離が違います。
余裕で飛ばせるのと、ギリギリ飛ばせるのと、この違いは大きいですよ。
別に遠投すれば良いってもんじゃないですけど(^^ゞポリポリ
ただ、力の入れ方の違う竿を同時に使うと、投げる時に思わぬ失敗をしてしまうんです。
これはかなりのデメリットですよ(ー。ー)フゥ

その反面、烈火の穂先の細い事。
ガイドに糸を通す時、気を使いますわ(^^ゞポリポリ
それだけ細かいアタリが取れて、喰い込みも良いって事なんでしょうね。

あと鯉を掛けた時、烈火は驚くほど余裕で対応できますね。
竿を立ててるだけで、勝手に寄って来るみたいな・・・・・・
まだメーター級なんて釣った事がないから、大きな事は言えませんけど(^^ゞポリポリ

まぁ、他の鯉専用竿の事なんて全く知りませんけど、出来れば3本とも烈火に揃えたいです。
でも嫁さんにはこの重要性が分からんだけに、絶対にOKとは言わんやろうな。
それ以上に、我が家計では無理ですわ(ー。ー)フゥ

|

2006年10月22日 (日)

淀川 釣れてるみたいです

約1ヶ月ぶりの淀川です。
ホームグランドと言いながら全く寄り付きもしなかったので、久しぶりに顔を出して来ました。
いつもの事で、そんなに期待はしてません。
まさに「釣れたら超ラッキー!」の心境です。
これも、先週エントリーサイズを釣った余裕ですね(^^ゞポリポリ

 

のんびりしたもんで、ポイントに着いたのは 13:00過ぎ。
いくら淀川でも時期が時期だけに、場所が空いてなかったら帰ろうと思っていたものの、予想に反して先客は一人。
場所が空いてたのは良かったものの、それだけ釣れてないって事でしょ!
何やら嬉しいら寂しいやら、複雑ですね(^^ゞポリポリ

14:00前に全ての準備が出来てエサを投げ入れました。
この時期、心配していたホテイアオイ(水草)は対岸の方へ寄っていて一安心。
あれが大量に流れて来ると、もう釣りになりませんから。
しかし 15:00頃から風が吹き出し、悪い事に対岸のホテイアオイが少しづつこちらに近づいて来るのが分かります。
そして 16:30頃、ついにホテイアオイがこちら側を襲いだしたのをきっかけに、終了としました(ー。ー)フゥ

それでも1回だけ、アタリがあったんですよ。
釣れるに越した事はないですけど、とりあえずアタリがあっただけで十分です_(^^;)ツ アハハ
ここは紀の川とは違いますから!(^^ゞポリポリ

 

片付けている時、散歩中の顔見知りの人から、
「この前、あそこで大きいのん釣れてたで」
と、手を広げて大きさを教えてくれました。
見るからにメータ級なんですが、ここは少し抑えて、おそらく80台が釣れたんでしょう!
今年は淀川へは滅多に来ないのに、来ると必ず大物の話しを聞きます。
ただ話しだけで余り実感はないのですが、淀川も以前よりは釣れるようになってるんでしょうね。
となると、今年の新たな目標!
「今年中に淀川でもう1匹釣るぞ!」( ̄0 ̄)/ オォー!!

|

2006年10月21日 (土)

今日はバイクで三方五湖

先週87cmが釣れたおかげで、インターネット鯉釣り選手権はOK!
もう余裕ですね(^^ゞポリポリ
そんな訳で、今日はバイクで三方五湖へ行って来ました。

鯖街道をビューンと飛ばして、気っ持ちいぃ~~~!
やっぱりバイクも止められません_(^^;)ツ アハハ

釣りの方は、予想に反して地元の方が竿を出してただけでした。
釣れないのかな?
それとも、たまたまかな?
どちらにせよ、9月に見に来た時は一面水草だったのが、ほとんど無くなっていました。
これで竿も出しやすくなりましたよ。
時期的にどうなのかは知りませんが、11月の某日、天候次第では三方五湖をと考えています。
その為の下見を兼ねてました_(^^;)ツ アハハ

帰りは少し遠回りして、千丈寺湖へ!
もしかしたら、水が減ってるかなと思って・・・・・・
でもダメでしたね。
このままだと、駄目元的には千丈寺湖はパスかな?
凄く悩んでいます(ー。ー)フゥ

ついでながら・・・・・・
千丈寺湖へ行く途中、田舎の見通しの良い二車線の直線道路で、ネズミ捕りにやられました。
あんな道、大型バイクでトロトロ走ってられませんよ!
おかげで先週の鯉釣り大会の優勝賞金がパァ~です。
(;´д`)トホホ

|

2006年10月16日 (月)

紀の川 一本勝負鯉釣り大会 優勝!

200610115 200610114 いや~、ついにやりました(^^ゞポリポリ
4回目の大会参加にして、初めての釣果!
それがなんと87cmで優勝ですよ、この駄目元がσ(^_^;)アセアセ...
そりゃあ~~、参加するからには優勝したいって言ってましたけど、まさかね・・・・・・
本来は、インターネット鯉釣り選手権のエントリーサイズをゲットするのが目的だっただけに、

y( ̄ー ̄)yピースピース

さてさて、一本勝負鯉釣り大会とは紀州野鯉の会の仲間内の大会で、今回で5回目となります。
第2回大会から参加させてもらっている駄目元は、今までアタリさえほとんど無く惨敗でした。
大会以外では、紀の川では必ず釣っているのに・・・・・・
そんな駄目元を哀れんでくれたのでしょう!
大会事務局の方々が、駄目元が「ここでしか、よう釣らん!」と公言している場所での開催を決めてくれました(^^ゞポリポリ

しかし、そうなればなったで「よっしゃぁ~~~」なんて喜んでられません。
もう言い訳なんて通用しないですからねσ(^_^;)アセアセ...

 

10/15(日) 場所は、川辺。
大会は文字通り竿は一人一本で、ポイントは抽選。
07:00~17:00 の時間帯で、最終的には総勢13人で行われました。
早速ポイント選びの順番を決める抽選が始まると、何と駄目元は運良く3番!
おかげで一番のお気に入りポイント、流れ込みの右の角に入る事が出来ました。
正直な所、この段階でほぼ100%鯉は釣ったと思いましたね(^^ゞポリポリ

この日の流れはいつもよりも若干速めで、40号のオモリでも余り役にはたちません。
でも良いんです。
駄目元のポイントは足元を狙える場所だけに、少々流れが速くても大丈夫。
足元の水深1m前後のブロックの上に、鮎エサを置きました。
あとはこの流れ込みに、鯉が寄って来るのを待つだけです。

ところがこの日も、あまり鯉の姿を見る事ができません。
となれば、あとは流れ込みの上流から流れて来る鮎エサ(死んだ鮎)に期待するしかなかったのですが、いざ鮎エサが流れて来ても、思ったほど鯉の活性は上がりませんでした。
竿先を揺らすアタリは時々あるものの、一向に喰い込まないんです(ー。ー)フゥ
しかし竿は一人一本。
いつもなら足元狙いと投げ込みと、両方試す事が出来るのに・・・・・・
そんな訳で優柔不断な駄目元は、時には足元、時には投げ込みと、何度となく狙いを切り替えました。
そのような事を繰り返し時間だけが過ぎて行くと、正直な所あれだけ自信があったのに、いつしかポーズを覚悟し始めていました(^^ゞポリポリ

 

13:30頃、流れ込み付近に2~3匹の鯉が寄って来ているのが分かると、足元狙いに徹する事に決めました。
それが狙い通りだっのか 14:00前に始めてセンサーが鳴り、結局は空アタリでしたけど、それだけで「なんとかなる」と言う雰囲気になってきました(^^ゞポリポリ

そして 14:15頃、再びセンサーが鳴りました。
今度は竿を上下に揺らし、ラインがどんどん出て行きます。
正に「してやったり」の状況と共に、ようやく巡り合えたチャンスだけにちょっとした不安も芽生えて来ます。
竿を持ち「スッポ抜けるな!」と祈りながら合わせると、どうやらガッシリと掛かった様子で、まずは一安心。
その時の手応えは以外に重たく感じ、「まさかブロックに引っ掛けてないやろうな!」と次なる不安が芽生えて来る、どこまでも小心者の駄目元です(^^ゞポリポリ

その後は重量感はあるものの思ったほどの抵抗も無く、鯉は直ぐに寄って来ました。
感覚的には何センチ台と言うのは思い浮かばなかったのですが、あまり暴れないだけに返ってゴミでも掛けたかと錯覚するぐらいでした。
それでもズシッとした重量感のまま、ようやく姿を見た瞬間80前後と確信し、思わず後ろで見ているギャラリー達にVサインを送りました。
ギャラリー達も鯉とのやりとりを見ている時は、それほどの大きさとは思ってなかったと言ってました。
これが巨鯉専用竿「メーター倶楽部・巨鯉烈火」の威力なんでしょうか?(^^ゞポリポリ

計測の結果は87cm
足元狙いに徹した後の釣果だけに、喜びは格別です。
それに駄目元自身、足元で釣れる自信はあったものの、これほどの大物は予想もしていませんでした。
多くの方々も、「あんな所で釣れるの?」と思ったはずです。
とにかく全てがズバリ的中し、それまでの記録を10cm以上更新しただけに、この段階でほぼ優勝を確信しました(^^ゞポリポリ

その後も駄目元の竿には時々竿先を揺らすアタリは来るものの、喰い込みアタリは来ませんでした。
結局全体の釣果は60,70台をを中心に10本。
そんな中で先にも書きましたが、4大会目(第3回・紀の川鯉釣り大会を含めると5大会目)にして初めての釣果が87cmで優勝!
「場所が川辺だったら、なんとかなる!」と言って来ただけに、面目躍如と言った所ですね_(^^;)ツ アハハ
しつこいですが、決して優勝を狙ってた訳ではありませんよ。
川辺だったら鯉を釣る自信があったたけで、あとの大きさは運次第!
それがたまたま駄目元に来ただけの事。
もう、最高の一日でした。

|

2006年10月10日 (火)

南紀白浜 アオリイカ & 海上釣掘り

10/07(土)~09(月)と、二泊三日でまたまた南紀白浜で遊んで来ました。
宿泊代がタダなだけに、今年だけで5回目となりました(^^ゞポリポリ

200610016 前回9月に両親を誘った所えらく気に入った様子なので、またまた誘ったわけです。
特に、前回は偶然にも駄目元がアオリイカを釣った事から、母親と娘達が「イカを釣る!」と張り切っていました。
ところが空は晴れていたものの強風波浪注意報の為、軟弱物の駄目元達には魚釣りが出来るような状況ではありませんでした(^^ゞポリポリ
そんな訳で魚釣りに関しては、不完全燃焼のまま帰って来ました(^^ゞポリポリ

★★ 前日まで ★★

前回は台風13号の接近により天候不順や強風のため満足な釣りが出来なかった事もあり、今回は天候が凄く気になっていました。
予報では幸いにも晴れマークの連続で、俗に言う「秋晴れ」を予感させる絶好の行楽日和。
しかも大潮で、満潮は明け方!
数々の好条件が揃う中、当日までは釣り三昧の夢を見ていました(^^ゞポリポリ

 

★★ 一日目 ★★

金曜日の深夜に大阪を出発し、白浜に着いたのは土曜日の 02:00前。
とにかく風が強く、「釣りは無理とちゃうか?」と言いながら宿で寝る事に。
前回の台風接近の時よりも、段違いに強い風でした。
宿はリゾートマンションのため窓を閉めるとほぼ密閉状態になるものの、強風のためまるで集中豪雨のような音が延々と続いてました。
まさか強風波浪注意報が出ていたなんて・・・・・・
元々晴れマークを信じ込んでいた為、余り詳しくは天気予報を見てなかったんです(^^ゞポリポリ

06:00前に起き出し、強風にもめげず取り合えず釣りをする事に。
幸いにもちょっとした風裏の場所なので、なんとかなりそうな気がしたんです。
それに時間帯は丁度満潮からの下げ。
期待しちゃいますよ_(^^;)ツ アハハ

ところが異常潮位と言うんでしょうか、大潮の満潮時と強風による波とで、日頃は座って釣っている護岸が水に浸かり「('ヘ`;まいったなぁ.. 状態です。
それでも下げ潮に入ったからと言う事で、釣り始めました。
釣り以外に、これと言ってする事も無いので(^^ゞポリポリ

駄目元はこの場所でどうしてもチヌ(黒鯛)を釣りたいのでイカ釣りは妹にまかせ、ウキ釣りに専念してました。
イカ釣りをしたいと言っていた娘二人は熟睡中で、母親も簡単なウキ釣りで魚釣りを楽しむみたいです。
父親はイカ釣りのエギングに初挑戦したものの、何の変化も無い事から、
「こんなん面白くない!」
と、こちらもウキ釣りに換えてました(^^ゞポリポリ

結局あれだけ張り切っていたイカ釣りは、妹が一人黙々とエギングをしていたのですが釣る事は出来ませんでした。
ところでイカ釣り初心者の駄目元が後から気付いた事なんですが、この日は他にエギングをしている人がいませんでした。
前回は数人がイカ釣りをしていた場所なんですけど・・・・・・
と言う事は、もしかしてイカ釣りは海が荒れている時はダメなのかな?(^^ゞポリポリ

あとウキ釣りの方も波でアタリが取り辛い所へ小魚が瞬時にエサのオキアミをかすめ取る為、手の施しようがありません。
そこで母親がたまたま持って来ていた貝やイカの切り身を付けてみたものの、オキアミよりはエサ持ちは良かったものの、こちらも思うようには行きませんでした。
そんな訳で夕方に期待し、10:00過ぎには引き上げました。
しかしこの日は夕方になっても風は収まりませんでした(ー。ー)フゥ

 

★★ 二日目 ★★

早朝に目が覚めたものの相変わらずの強風に加え、前夜のアルコールの影響もあり、そのまま二度寝と決め込みました(^^ゞポリポリ
それでもアルコールの影響のない父親は一人、釣りに出掛けてました。
父親は完璧な下戸なので、アルコールなんて関係ないんです(^^ゞポリポリ
結局数名の釣り人がいたらしいのですが、どこもダメだったそうで、早々に引き上げて来ました。

と言う事で、この後どうしようかと家族会議を開いた結果、南紀観光のひとつ「瀞峡めぐり」に行く事になり、行きは熊野街道(世界遺産に登録され一躍有名になった熊野古道のある山越え)、帰りは遠回りながら太平洋に面した和歌山の海岸線沿いを通り帰って来ました。
200610066_2 途中、太地のくじら博物館,串本の橋杭岩に寄り、ついでに周参見漁港に寄って来ました。
時間は 17:00過ぎ。
もしかすればイカが釣れるかな? との希望的観測からです(^^ゞポリポリ
防波堤から海を覗き込みようやくイカを見つけたのですが、結局エギには反応せず、そのまま終わってしまいました(ー。ー)フゥ

夜になり、ビールやら温泉やらと過ごしている内に風も随分収まって来た事もあり、どうしても釣りをしたくなりました。
と言うのも足場が良いだけに、前々からこの場所で夜釣りをしたかったのです。
夜釣りならどんな大物が釣れるのか、期待しちゃいますから_(^^;)ツ アハハ

ところがヘッドライトなどを忘れた為に、月明かりでエサを付けるハメにσ(^_^;)アセアセ...
更に更に、夜釣り用のウキに付ける為に用意していたケミホタル(ポキッと折れば、光るやつ)の光が弱く、注意していなければ直ぐに見失ってしまうんです。
それでも何とかアタリをとらえ上げてくると、昼間にも釣れる口の大きな小魚!
アカムツって言ってたっけ?
暫く続けたのですが、そいつばっかりで、もうガッカリでした(ー。ー)フゥ

 

★★ 三日目(最終日) ★★

最終日のメインは海上釣掘りの小物釣り!
営業時間は 07:00からなので、それまでの早朝のわずかな時間の間、宿の前の岸壁に繰り出しました。
しかし、この時も小魚だけとなりました(^^ゞポリポリ

200610091 さてメインの海上釣掘りなんですけど、08:00過ぎに行くと既に先客が数名。
イケスも1個だけしか開けていなくて、イケスの角っこに入る事は出来ませんでした。
なぜ角っこが良いのか?
やっぱり、いくら海上釣掘りのイケスと言っても、少しでも変化のある所が良いでしょ!
ただ、確信はありません!
要するに何となくですよ、なんとなく_(^^;)ツ アハハ

釣り始めると、前回同様なかなかエサに飛び付いて来ません。
小さい当たりで、エサが無くなってしまうのです。
う~ん、困ったもんだ!
その小さい当たりで合わせるのか、食い込むまで辛抱するのか?
この日のパターンをつかむのに苦労しました。
結局はパターンをつかむ事が出来ず、そのつど臨機応変に!
要は自分が此処ぞと思うタイミングですよ_(^^;)ツ アハハ

そんな中で、ある一箇所の角っこに陣取った親子が次々とタイを釣り上げていました。
後で聞いた話では10匹。
同じイケスで釣ってるんですけど、その日の潮の流れ、干潮,満潮などの時間帯でタイの寄り付く場所があるんですね。

駄目元達はと言うと、3本の竿でアジばかりを90匹。
イマイチの感じだったんですが、それでも釣掘りの人が言うには、良く釣ってるとの事でした。
でも、やっぱりタイが釣れなかったのが残念でした。
実は駄目元達の時間が終わる15分程前に、タイを放流していたのです。
あと30分から1時間ほどあれば、タイを釣る可能性が高かったのに・・・・・・

|

2006年10月 3日 (火)

ブカブカのズボン

体脂肪率,内蔵脂肪,メタボリックシンドローム・・・・・・
何かと気にはなってたものの、だからと言って今までは何かをする訳でもなく・・・・・・

 

1ヶ月ほど前に体脂肪を測れる体重計を買ってきたら、衝撃の事実が!
なんと嫁さんよりも数値が悪いんです。
見た目は嫁さんの方がプヨプヨしてるのに σ(^_^;)アセアセ...

そこで一大決心をし、エアロバイクを買いました。
以来、毎日欠かさずペダルをコキコキ!
決して汗水たらして頑張っている訳ではないんですよ。
TVを見ながら、マイペースでやってます。
結果的には汗をかいてますけど_(^^;)ツ アハハ

 

2週間ほど経つと、少し数値が変わってきました。
しかし、思ったほど体系は変わらないんです。

(´△`) えっ?
マイペースではダメなんかぁ?
もっと運動量を増やすべきなんかなぁ?

それが1ヶ月ほど経つと、明らかに体系が変わってきました。
ちっょと大袈裟かな_(^^;)ツ アハハ
でもね、お腹周りが全然違うんですよ、全然!
おかげでピチピチ過ぎて履けなかったズボンが、履けるんです。
捨てるには勿体無くて、ずっとタンスの肥やしになってたズボンがv(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪

もう一つ、ほっぺたも少しスリムになりました。
机の上で頬杖を突いた時に実感できるんです。
それに同僚からも、
「痩せたな! どこか悪いのか?」
と、心配してもらってますσ(^_^;)アセアセ...

とにかく今は体脂肪を落とす時。
一段落したら、次は筋力アップに挑戦ですv(*'-^*)ブイッ♪

|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »