« 紀の川 鯉釣り大会 | トップページ | 南紀白浜 渋滞と温泉と海釣りと »

2006年5月 1日 (月)

琵琶湖 大物を求めて

前回メータークラスが泳いでいるのを見た琵琶湖の穴場へと、またまた行って来たのですが・・・・・・・・
今回は今までで一番多くの鯉が入って来ていたものの、あえなくボーズでした。
この場所はこれで3連続ボーズです。
こんな事を続けていて、果たして穴場と言えるんでしょうか?(^^ゞポリポリ

 

前日までの紀の川で、インターネット鯉釣り選手権のエントリーサイズをゲット出来なかったものの、是非とも大物をと思い、琵琶湖のいつものポイントへと行って来ました。
その場所は穴場中の穴場で誰もいないと確信しているので、着いたのが 8:30頃とのんびりしたもんです_(^^;)ツ アハハ
今回は田植えの水が流れ込み濁っていたものの、多くの鯉が入って来ているのが確認出来ました。
その数、ざっと20~30匹ほど。
確認出来るのがこのぐらいなので、もっと多くの鯉が入っているはずです。
但し60~70cmクラスと型が揃っており、メータークラスの大物は確認出来ませんでした。

 

今回は欲を出し3本の竿を出しました。
1本は本命の食パンによるウキ釣り、残り2本は亀対策の効果のありそうなボイリーのブッコミです。
前回ボイリーでは亀を釣っていませんので、亀対策としてはちょっとだけ自信がありました_(^^;)ツ アハハ

釣り始めて間もなく、鯉太郎さんが朝の散歩にやって来られました。
駄目元が9連休である事を知り羨ましがっていましたが、鯉太郎さんも釣りをしたくてウズウズしていたと思います。
ただ鯉太郎さんにしても、田植えの濁りがどう影響するかは分からないとの事でした。

ところがその影響がもろに出たのか、14:00過ぎまで全くアタリがありませんでした。
あの入れ食いの亀でさえ、1匹も釣れません。
目の前では、いくらでも鯉が寄って来ると言うのに・・・・・・・・

 

14:00過ぎに今日始めてのアタリがあり、それからポツポツとアタリが出るようになりました。
ウキの周りでも泡付けがあり、ますます期待が高まります。
その頃からたまに亀が釣れるようになっていた時、リールのクリック音を響かせブッコミのラインが引き出されました。
間違いなく鯉のアタリです。
しかし・・・・・・・・見事に空振りでした(;´д`)トホホ

その後、序々に亀の入れ食い状態となり、この日は終わりました。
鯉太郎さんや農家の人の話しでは今年はまだ全然バシャバシャせず、2~3週間ほど遅れてるのかも知れないとの事です。
その言葉を信じ、田植えが一段落した頃を見計らって、再度挑戦するつもりです。

しかし見えてる魚を釣るのって、ほんとに難しいですね。

|

« 紀の川 鯉釣り大会 | トップページ | 南紀白浜 渋滞と温泉と海釣りと »