« 千丈寺湖 Yさんとの再会 | トップページ | ソフトボールでε-(ーдー)ハァ »

2006年5月27日 (土)

紀の川 今までが釣れ過ぎた!

紀の川専用のボイリー、その名も「紀の川スペシャル」(^^ゞポリポリを作ったので、早速試し釣りに行って来ました。
場所はテストをするにはもって来いの爆釣りポイントの田井ノ瀬です。
ところが・・・・・・・・
朝の内は群れていた鯉が、どんどん姿を消して行ったのです。
これではテストが出来ません(;_;)シクシク・・・
今までが、余りにも釣れ過ぎたんですけどね。

 

5:00過ぎに田井ノ瀬に着くと、珍しく先客(仮にAさん)の親子連れが竿を出していました。
その為、いつもの爆釣りポイントには入れないので、「これでは数釣りは、ちょっと難しいな」と思いながらも準備をしていると、先ほどのAさんが、
「おはようございます」
と挨拶に来られた次の瞬間、
「あっ! ホームページの人ですよね」

「えっ、えぇ、 そうです・・・・・・・・」
いや~~~、嬉しいんだけど、なんだか照れくさくて・・・・・・・・
「まいったなぁ~」
「変な事でけへんぞ」
「何とか見てる前で釣れたら、格好がつくねんけどな」
と、勝手にプレッシャーを感じる駄目元でした_(^^;)ツ アハハ

 

元々今回は鮎エサとボイリーを比較しようと言う事だったんですが、こうなればとりあえず見ている前で1匹は釣りたいとの思いから、食パンで軽く足元に投げ込んでおきました。
いつもの如く、直ぐに穂先を揺らすアタリが来ます。
そして5分も経たない内に、ちょうど道具などを整理していた時、「ジ~~~~」とラインが引き出されるアタリが来ました。
しかしこれはすっぽ抜け!
その後直ぐに本日の第1号68cmが釣れたので、後は余裕でAさんと話し込んでいました。
ところがその後はアタリも無く、暫くすると群れていた鯉がほとんどいなくなり、ならば「鮎エサの本家本元の川辺でテスト」と決めました。

 

8:00頃川辺に移動すると、流れ込みの部分に数多くの鯉が群れていました。
「よし、実験開始や!」
まずはボイリーでの「プチ鮎プカ」から。
(プチ鮎プカに関しては、2005年の10,11月頃の Report に詳細が書かれてあります)
ところがアタリはあるものの、なかなか針には乗りません。
次に鮎エサに換えた所いきなりラインが引き出され、69cmが釣れました。
恐るべし鮎エサ!

その後はボイリーと鮎エサを交互に使ったのですが擦れアタリばかりが続き、そうこうしている内に、ようやくボイリーで70cmが釣れました。
結局川辺ではこの2匹しか釣れず、鮎エサとボイリーを比較する事は出来ませんでした。C= (-。- ) フゥー

14:00頃、帰る途中で田井ノ瀬に立ち寄った所、数は少ないものの鯉が見え隠れしているので1時間ほど釣る事にしました。
その時、偶然にもAさんが来られ、Aさんにとっては初めての鮎エサでの釣りを目の前でお見せする事になったのですが・・・・・・・・
結局ラインを引き出すアタリはあったものの、針には乗りませんでした。
それでも娘と共に食パンで4匹釣り上げ、それで終了としました。

|

« 千丈寺湖 Yさんとの再会 | トップページ | ソフトボールでε-(ーдー)ハァ »