« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

紀の川 鯉釣り大会

29(土)より二日間、第3回紀の川鯉釣り大会に参加してきました。
今までの一本釣り大会にはゲストとして参加していたのですが、今回は準会員としての参加になってるみたいなんですけど、いつの間に昇格したんでしょうか?。
まぁ、嫌な気はしないんですけど_(^^;)ツ アハハ

大会の方は「紀の川野鯉の会」の新記録となるF氏の94cmが優勝し、駄目元達の隣で竿を出していたS氏夫妻の80cm,77cmが2位,3位となり、参加者の大半が鯉を釣り上げる中、駄目元はいつものようにボーズとなってしまいました。
これで○○大会と名の付く大会は3連敗です。
紀の川では大会以外では必ず釣っているのに、何故大会になると釣れないのでしょうか?
理由は明白です。
いつもは、誰でも釣れる場所で釣ってるからなんです。
しかし大会はその場所は範囲外となり、駄目元は手も足も出ません。
それが駄目元の実力なんですよ(^^ゞポリポリ

元々駄目元は紀の川のごくごく一部しか知らず、さかもりさん達に新しい場所を教えてもらえるのが楽しみでした。
そんな訳で今回は初日,二日目と場所を変え、また一つ、紀の川のポイントを覚えました。
まだ限られたポイントしか知りませんが、紀の川はほんの少し車で移動すると全く様相が変わり、いかにも釣れそうな雰囲気が漂い、興味が尽きない川です。
だからと言って鯉が釣れるとは限りませんけど・・・・・・・・
腕が悪いのは棚に上げて(^^ゞポリポリ

とにかく紀州野鯉の会の準会員としては、これからも紀の川で楽しませてもらいます。

|

2006年4月25日 (火)

琵琶湖 誰でも亀釣り名人

我がままですけど、会社を休んでまで琵琶湖に行って来ました。
当然ですが、正式に届は出してますよ(^^ゞポリポリ
それほど魅力的なんです。
それに天気の安定している時と言う事もあって・・・・・・・・
でも釣れるのは、またまた亀、亀、亀、亀!
ここでは誰でも亀釣り名人になれます_(^^;)ツ アハハ

GWまでに絶対1回は行くぞと心に決め、滋賀県の天気予報を眺めていると、火曜日は晴れ、水曜日は曇り、木曜日は雨・・・・・・・・
と言う事で、決行日は今日の火曜日と決まりました。
ところが、のんびりと 9:00前に琵琶湖に着くと、なんと曇ってるじゃないですか!
それに、風も強くて意外と寒いんです。
いきなりどんより雲が心を覆ってきました。
しかし「今日は夕方まで粘るぞ」と心に決めて来た駄目元です(^^ゞポリポリ

と言う事で、まずは状況調査から・・・・・・・・
いる! いるいる!
数は少ないものの、鯉が寄ってます。
心を覆っていたどんより雲が、どこかへ吹き飛びました(⌒▽⌒)アハハ!

そこに鯉太郎さんが散歩がてらにやって来て、あれこれ話しをしたあと、早速釣りの開始です。
(鯉太郎さんは仕事のため、帰られました)
(ご苦労さまです)
(なのに駄目元は仕事を休んでまで・・・・・・・・)

今回の仕掛けは、いつもの大物仕掛けにウキを取り付けました。
これでメーターが来ても大丈夫!
それに、針も大きいから簡単には亀に食われる事はないはずです。
それは駄目元的亀対策のつもりでした。
ところが、あっさり失敗しました(^^ゞポリポリ
口よりも、スレで掛かって来るもんなぁ!
良く良く考えれば、分かる事でしたね_(^^;)ツ アハハ

結局鯉がいるものの、先に亀が飛びついて来るので、どうしようもありません。
亀さえいなかったら・・・・・・・・

そんな中で、メータークラスの鯉を見つけました。
良く見る鯉の大きさは60~70cmぐらい。
少し離れていたんですけど、他の鯉の倍近くあったので間違いないと思います。
あんなのを見ると、またチャレンジしたくなりますよね。
でも、亀対策はどうしたら良いのやら( ̄ヘ ̄;)ウーン

|

2006年4月22日 (土)

琵琶湖 悪い予感が的中

早朝から、滋賀県の鯉太郎さんに教えてもらった穴場へ出かけてきたんですけど、この所の天候不順が気になっていた事が見事に当たってしまいました(;>_<;)ビェェン
始めは物凄く気合が入っていたんですが、木曜・金曜と天候不順が続き気合も薄れていきました。
でも、かすかに期待をしてたんですけど・・・・・・・・
鯉が全くいないんです。
1時間以上、竿も出さずに見ていたんですが諦めて帰りました。
ガックリです(_ _。)・・・シュン

元々浅い場所なんですが、先週よりもニゴリが取れていた為、ボンヤリと底が見えるんです。
そんな状態なので鯉がいるかどうかなど、一目で分かります。
いないと分かれば、竿を出そうとも思いませんよね。
一度見かけたのは30cmほどのフナだけでした。

先週はちらほら鯉を見かけ、水曜日のさかもりさん達の報告に物凄く気合が入ってただけに、アカンと分かっても直ぐには諦めがつかず、じっと水面を睨んでいました。
そんな姿って、たんなる変質者ですよね_(^^;)ツ アハハ
とにかく車から距離があるだけに、帰りの荷物が物凄く重たく感じました(^^ゞポリポリ

ひょっとして、もう少し粘ってた方が良かったかな?
まぁ、鯉太郎さんから情報が入って来るやろうし、また次回にチャレンジですね。

|

2006年4月20日 (木)

欲望が渦巻く、のっこみシーズン

先日の日曜日、滋賀の鯉太郎さんに穴場を案内してもらって以来、鯉太郎さんが別の掲示板に書き込む情報が気になって仕方がありません。
通りすがりですが実際にポイント近辺を見て来ただけに、その情報が頭の中でよりリアルに展開されます(^^ゞポリポリ
それに、今はまさにのっこみの時期!
わずか一日でも状況が変わるだけに、週末まで待つのが苦痛で苦痛で(^^ゞポリポリ
必ず釣れるとは限りませんが、数少ないチャンスを物にしようと、欲望が渦巻いています(⌒▽⌒)アハハ!

更に昨日、和歌山のさかもりさん一行が釣行してきた結果、針に掛けても上げられない大物がゴロゴロしてたとか。
欲望を更に掻き立ててくれちゃってます。
って言うか、もう釣った気になってるんですけど(⌒▽⌒)アハハ!
この週末が楽しみです。

|

2006年4月16日 (日)

琵琶湖 晴れ男の亀釣り大会

10何年ぶりかの琵琶湖遠征です。
今回は、滋賀県は鯉太郎さんの穴場へと案内してもらいました。
その場所は、昨年鯉太郎さんが90台を釣り上げた場所です。
そこでは時折目の前を鯉が通り過ぎ、中には80前後の鯉を見る事ができ、俄然テンションが上がりました。
しかし・・・・・・・・
釣れるのは亀、 亀、亀、
どうやらここは亀の縄張りだったようです(^^ゞポリポリ

 

前日までの予報では雨だったものの、最近は晴れ男を自称するようになった駄目元です。
その力が発揮されたのか見事に雨雲を蹴散らし、7:00頃に鯉太郎さんちにお邪魔したあと、今日の場所へと向かいました。
その場所は典型的な春のポイントで、いかにも浅そうな所です。
しかも水面下にやたらと枯草(あるいは藻かな?)があり、駄目元の余り経験した事のない環境です。
( ̄~ ̄;) ウーン 前途多難!

まずは鯉太郎さんからポイントを教わり、釣りの準備です。
鯉太郎さんは延べ竿でのウキ釣り、駄目元は自信がないのでリールを使ったウキ釣りです。
で、早速ウキ下を合わせると、やっぱり浅い!
駄目元も最近は浅場に慣れてきたと言うものの、一人では竿を出すのをためらうような、とにかく浅い場所です。
しかし鯉太郎さんのお墨付きがあるので、安心して釣りが出来ます(⌒▽⌒)アハハ!

もう一つ、鯉太郎さんの話では、やたらと亀が釣れるとの事。
その言葉通り、釣り始めてしばらくすると鯉太郎さんから、
「あ~~、亀や」
と気落ちした声が聞こえ、しっかりと亀が上がってきました。
その後も亀、亀、亀、亀!
ほんと、周りを見渡せばいたる所で亀を見ることができます。
ε- ( ̄、 ̄A) フゥー

 

さて肝心の鯉ですが、前日までの雨で水温が下がった影響でしょうか、思ったほど姿を見る事ができませんでした。
それでもたまに姿を見ると、やる気が湧くと言うものです。
ただカラまわりばかりでしたけど(^^ゞポリポリ

16:00過ぎには「釣りは止めろ!」と言わんばかりに急に雨が降り出し、そこで終了となりました。
その後鯉太郎さんちに寄り、あれこれ話しをしている中で80前後のを見たと言うと、
「そんなところや無い」
「去年釣った90が小さかってんで」
「もっとデカイのがゴロゴロしてた」
「最盛期を見せてあげたいわ」

との事。
もう、この言葉で決まりました。
何がって?
インターネット鯉釣り選手権用のポイントがですよ(⌒▽⌒)アハハ!

|

2006年4月13日 (木)

ボイリー

今日、マルキューからボイリーが発売されたようです。
発売予定日が今日なもんで・・・・・・・・
まだ現物を見てないので、定かではないですが(^^ゞポリポリ

ただボイリーと言っても、ベースとなる粉だけです。
完成品(ダンゴそのもの)ではありません。
雑誌等で知ってはいたのですが、出来れば完成品を出して欲しかった。
ボイリーを作る事自体は簡単なんですが、丸めるのが結構面倒なんですよ。
それに台所用品を使うと、嫁さんが余り良い顔をしないもんで(⌒▽⌒)アハハ!

さて、今我が家の冷凍庫に眠っているボイリーが無くなったら、何かと混ぜて試してみます。
それに、実は今ポップアップ用にするにはどうしたら良いか悩んでいるんですよ。
材料が違うんでしょうね(ーΩー )ウゥーン

ところで・・・・・・・・
ボイリーはマルキューの登録商標ですって書いてるけど????
申請の早い者勝ちって事ですか?
( ̄~ ̄;) ウーン
なんか、わだかまりを感じて仕方のない駄目元です。
気にし過ぎなんかな?

|

2006年4月10日 (月)

1時間のズレ

昨日の事です。
ソフトボールの集合時間が 14:30、場所は原付で我が家から20分前後の所です。
で、天気も良いし久しぶりに大型バイクを走らそうと思い、余裕を持って 13:30頃には我が家を出発し、遠回りして行きました。
途中大阪万博跡の外周道路で花見の渋滞に巻き込まれながらも、14:30ぐらいには現地の近くまで来ていました。
その時、ふとバイクに取り付けている時計が気になり、良~~く見てみると・・・・・・・・
時刻は13:30
もう一度確認しても、やっぱり 13:30
今まで 14:30だと思っていたのに、実際は 13:30
「あれ~~~????」
「1時間、間違ってた」
「アホやな」

と言う事で1時間もボーと待ってるのも嫌なので、とりあえずは我が家に帰り、原付に乗り換えて来る事にしました。

我が家での会話(駄:駄目元 チ:チームメイト)

「ただいま~~!」
 「着いたら 14:30や思ってたのに、まだ 13:30やってん」
 「1時間もまちごうてたから、帰って来た」
 「また直ぐに行かなあかんけど、1時間ボーと待ってるのも嫌やし」
 「もうボケてるわ」

  (⌒▽⌒)アハハ!
嫁、娘ともども、しばらくの沈黙のあと、
「・・・・・・・・もう 15:00やで!」
  (大丈夫か? と言うような声で)
「そんな冗談言わんでも、ええって」
  (娘はすぐに冗談を言うんです)
またまた少しの沈黙のあと、
「何か話がかみ合わへんけど、ほんまに 15:00やで」

「えっ・・・・・・・・」
どうやら冗談でもないし、何かがおかしい????
とにかく時計を見ると、
「うわぁ~~!」
 「ほんまや!」

慌てて携帯を持った所へ、連絡が入ってきました。

「ごめん! 時間まちごうてた」
「ええ~~、今どこ?」
「家」
「い・・・・家?」
 「どれぐらいで、来れるの?」

「20~30分」
「今からでも、とにかく来て!」

バイクの時計を見ると、やっぱり14:00なんです。
ちょうど1時間ほどズレていました。
これが15分や30分のズレなら、おかしいと気付いたと思います。
それがちょうど1時間のズレ
もう、勘弁して~~~!(^^ゞポリポリ

|

2006年4月 8日 (土)

紀の川 リベンジ!

先週のリベンジに燃え、再び紀の川へ行って来ました。
結果は悪戦苦闘の末、なんとか60cm前後を7匹でした。
これではリベンジになったのかどうか(^^ゞポリポリ

いつもよりも早く 5:00過ぎに紀の川へ着くと、あの驚きの光景がありました。
「よっしゃ! 今日は数釣りの記録でも作ったろか」
と意気込みながらも、その前にちょっと試したい事があったので、実験開始です。
ところがこれが大失敗。
あれだけ群れているのに、ピクリともアタリません(T▽T)アハハ!
と言う事で、恥ずかしいから内容は伏せときます(^^ゞポリポリ

1時間ほど実験のために我慢していたのですが、アタリが無いので辛抱しきれず、いつものようにボイリーに変えました。
ところがボイリーでもアタリがありません。
こうなれば、前々回入れ食いになった食パンの登場です。
と言う事で自身を持って食パンの仕掛けを投げ入れると、いきなりアタリが来ました。

恐るべし食パンの威力!

でも、なかなか針には乗りません。
その後頻繁にアタリがあったものの、結局は 9:00ぐらいまでに6匹釣ってからは、アタリも遠のきました。
前回同様、あれだけの鯉の群れが消えてしまったのです。
前々回は雨模様だったので、ずっと群れていたのでしょうか?
どうもここの鯉は、太陽が苦手なような気がします。
( ̄△ ̄;)エッ・・? 本当?

しかし前回と違ったのは、少数ながら時折群れが戻って来ました。
これならまだチャンスがあると思ったものの、10:00 頃に流れ込みの上流で工事が始まり、ドロ水が流れ込んで来ました。
もう、完全にやる気なし!
((( ̄へ ̄井) フンッ
ただこのまま帰るのもなんなので、川辺の流れ込みへと移動しました。

幸いにも、川辺でも流れ込みに鯉が群れていました。
早速、自身満々に食パンを付けて釣りの再開です。
ところが全くアタリがありません。
当然のようにボイリーにもアタリはありません。
ここは紀の川名物「鮎エサ」の本家本元の場所。
それだけに、鮎じゃなければダメなのかな?

結局 12:00過ぎには諦めて、帰る事にしました。
ところが、帰りしなに田井ノ瀬の流れ込みを覗くと濁りが消えており、鯉の姿もチラホラ見えるじゃありませんか。
当然のように、迷う事も無く釣りを再開したのは言うまでもありません(⌒▽⌒)アハハ!

しかし相変わらず渋いアタリばかりで、1匹釣るのが精一杯でした。
その後、またまた上流で工事が始まったのかドロ水が流れ込んで来たのを最後に、帰る事にしました。
結局9時間ほどで7匹。
これでも十分と言えば十分なのですが、不完全燃焼です。
やっぱり紀の川ですからね(^^ゞポリポリ
今となっては、あの時の入れ食い状態が懐かしいです。

|

2006年4月 6日 (木)

新たな悩み

最近、紀の川がお気にです(⌒▽⌒)アハハ!
ただ難点は、車で約1時間のガソリン代に高速代。
毎週のようになると、嫁さんがいつ爆発するか気になって気になって(^^ゞポリポリ

しかし地元の淀川では、1匹釣るのが奇跡みたいなもんやし、千丈寺湖はと言えば、最近の水位はどうなってるのか?????
今度、バイクを飛ばして見に行こうとは思ってますけど。

とにかく駄目元だけが楽しんでるのは悪いと思い、今度は家族揃ってピクニック気分でもと思ってみたものの・・・・・・・・
ところが嫁さんにしてみれば、

「釣りの間、何してたらいいの?」

( ̄ヘ ̄)ウーン 確かにそうやけど。
嫁さんは元々日焼けに弱く、アウトドアが苦手なんです。
それに子供も、特に長女(中3)とは最近なかなか時間が合わないし・・・・・・・・
ε~( ̄、 ̄;)ゞフー 困った困った。

駄目元の単なる我がままだとは重々承知しているんですけど、やっぱり釣りに行きたい!
そして、出来れば釣りたい(⌒▽⌒)アハハ!
要は地元の淀川が、以前のようにポツポツ釣れれば問題は解決するんですけどね。
今年もやっぱり、期待は出来ないやろうな(^^ゞポリポリ

|

2006年4月 1日 (土)

紀の川 突然消えた鯉

大阪でも雪がちらついた今回の季節はずれの寒波。
その影響を気にしながらも、前回入れ食い状態となった紀の川へ再び行って来ました。
さすがに今回は冷え込んだため入れ食いは期待していませんけど、そこは紀の川の事、ポツポツ釣れるやろうと思っていました。
で、釣り始めた時は期待通りアタリが連発していたのですが・・・・・・・・
気が付けば鯉の群れは目の前から消えてしまいました。
自然を相手にしていると、思い通りには行きませんね(^^ゞポリポリ

 

6:00過ぎに紀の川に着くと前回よりも数は減っているものの、相変わらず鯉は群れていました。
ホッと一安心です(〃´o`)=3 フゥ
今回は2種類の自家製ボイリーの内、前回釣れなかったボイリーで狙ってみました。
前回釣れなかったのが、エサなのかポイントなのかを見極める為です。
紀の川は、駄目元でもこう言う事が簡単に確かめられるから、有難い川です。

前回の状況からすると、エサはボイリー1個だけで十分で、団子は必要ないと考えました。
で、早速仕掛けを投げ入れると、いきなりアタッて来ます。
「よし! 今回も入れ食いや」
しかし食い渋っているのか、なかなか針には乗ってくれません。
「まぁええ!」
「いざとなったら、食パンがあるさ」

前回は食パンで入れ食いになっただけに、余裕です(⌒▽⌒)アハハ!

 

釣り始めて1時間程の間に何度かセンサーが鳴るものの、空アタリが続きました。
そしてようやく釣れたのが65cmでした。
20060402  
「よし! このボイリーでも釣れる」
「やっぱりポイントやな」

と、ひとつの結論が出ました。
余り大した事ではないかもしれませんが、駄目元にとっては実際に釣れるまでは
「こっちのボイリーでも、本当に釣れるのか?」
と不安で不安で(^^ゞポリポリ

さて、ようやく1匹釣れた事でもあり、
「さぁ、これからや」
と、暫く車の中から見ていると、ある異変に気づきました。
始めは何も思わなかったのですが、後から考えるとその兆候がはっきりと出ていたんですね。

それは跳ねやモジリの場所です。
最初は流れ込みの直ぐ近くで跳ねたりモジッたりしていたので、そこにエサを投げ込んでいました。
ところが、離れた場所で跳ねるようになったのです。
最初に見つけた時は「あそこでも跳ねてる」程度にしか思わなかったのですが、時間と共に跳ねる場所が遠ざかっていきました。
暫くして気が付けば、あれだけ群れていた鯉がいなくなりました。
付近一帯を探索したのですが、全く気配がありません。

いったい、どこに消えたんや!

これはあくまでも想像ですが、前日までの冷え込みの影響かなと思います。
その冷え込みで水温の下がった水が、運悪く入って来たのかなと・・・・・・・・
時合が過ぎて鯉が散ったと考えられなくもないのですが、この場所はそんな場所ではありません。
地元の方々も
「今日は、何かおかしい」
と話をしていました。
ちなみに少し上流の川辺の流れ込みを見に行っても、状況は同じでした。
この流れ込みで鯉の姿が無いのは、何かおかしいはずです。

結局は65cm1匹で終わってしまいました。
前回は釣れ過ぎて嫌になり、今回は釣れなくて不満タラタラ。
全く持って、身勝手な駄目元です(^^ゞポリポリ

|

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »