« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月22日 (日)

千丈寺湖

5/21(土)、いつもなら夜中から釣り始めるのだが、最近では珍しく 5:00頃より釣り始めた。
場所は96cmを釣った場所。
水位は若干下がっている。

付近ではあちこちで魚がモジッており、時折大物の鯉も跳ねている。
ただ鯉が跳ねているのは遥か前方のブッシュに囲まれてた中。
期待は十分ではあるが、場所が悪い。
そこまで届かないし、仮に届いてもブッシュの中だけに根掛かりは確実。
思うようには行かないものだ。
結局はアタリが無いまま 13:00頃に終了。

今回手作りイモは1時間も持たない状態。
あとはボイリーに頑張ってもらうしかないかな。

あと、今回も隣でウキ釣りをしていたが、こちらは頻繁にアタリがある。
釣れたのはフナが多く、あとはブルーギルにガメラ(亀ですよ)。
しかし何故か鯉は釣れなかった。

|

2005年5月15日 (日)

千丈寺湖 & 淀川大堰上流

★ 5/14(土) 千丈寺湖 ★
春のポイントも、もう終りかなと思いつつ千丈寺湖へ
狙いは今年96cmを釣った場所
結果は40弱の鯉とニゴイ。
先週あれだけ泳いでいた鯉も、全く見当たりません。
もうあの場所は終わったって感じ。
かえる時グルッと回ってみると、御旅橋で一人だけ鯉師を見ました。


★ 5/15(日) 淀川大堰上流 ★
夕方狙いで淀川のいつものポイントへ。
先客は一人、相変わらずのんびりした所です(笑)
3本の竿を出し終え、隣でウキ釣りを始めようとした所へ顔見知りの常連さんがやって来て、
「釣れないけど、竿を出さないと始まらない」
など、あれこれと雑談。

30分ほどした時にアタリがあったが、鈴が鳴っただけでラインは出て行かない。
結局アタリはこの1回だけ。
目の前で60前後の鯉が2回姿を見せたのが、せめてもの救い。
一昨年に比べると鯉の数はグッと減ったけど、全くいない訳でもない。
そんな訳で、3時間前後の時間潰しには絶好の場所だ。
但し駄目元にとってはね(笑)

|

2005年5月 5日 (木)

ボイリー第1号

ようやくボイリーでの第1号が釣れました。
78cm、絶不調の地元淀川での快挙です。

5/04(水)、夕方狙いでいつもの淀川へ行ったものの撃沈!
予想通り、いつもの事いつもの事(笑)
ところが話をしていたバサーが、
「鯉が良く泳いでますよ」
と教えてくれた。
場所は今年になり竿を出し始めた柴島ゴルフ場横の、やたら根掛かりする所。
しかし当日は、去年まで良く竿を出していた船着場(コンクリート護岸)
ウ~ン、ポイントを間違えたかな?


5/05(木)、またまた夕方狙いで淀川へ。
「鯉が泳いでいる」と聞かされると、我慢が出来ない(笑)
で、ゴルフ場横に行くと随分水位が下がっていて、沈めてあるブロックがやたらと目に付く。
「エッ! あんなに前まで沈めてあるの」
「こりゃアカンわ」
「仮に釣れても、取り込めないわ」
と、意気消沈!
仕方なく船着場へ。

そこでまたまたバサーから、
「向こう(ゴルフ場横)で鯉が良く泳いでいるよ」
と教えてもらったが、
「でも、根掛かりが酷いからね」
と答えるしかなかった(悩)

今回もボイリー、大豆、手作りイモの3種類のエサで釣り始めた。
あとはいつものように時間だけが過ぎて行く。
17:00頃、突然ラインが引き出された。
間違いなく鯉のアタリ!
正直、期待していなかっただけに驚いた(笑)
まずはラインを出し、あとはゆっくりゆっくり寄せて来るだけ。
手応えからして70前後と想像がつく。
その時気が付いた。
「エッ! ボイリーやんか」
「ついにボイリーに来たで」
「ヤッター!」
てな具合に(笑)

今回、初めてダンゴにきな粉を混ぜてみた。
ボイリーの匂いに合わせるため。
行き成りその効果が出たのかな?(笑)

それにしても、絶不調の淀川。
バサーを除けば駄目元以外ほとんど釣りをしていない。
今年になり、バサー以外の釣り人を見たのは1回だけ。
それほどまでに釣れないのに、近いからと言うだけで通ってしまう。
これも鯉バカの成せる技(笑)
そんな状況で、良くぞボイリーに掛かってくれた。
大豆を使い始めた時もそうであったが、初めて使うエサは1匹目を釣るまでは不安だらけ。
しかし、これでボイリーも自信を持って使う事が出来る。
それにしても駄目元にとっては予想以上に早い、ボイリーでの第1号だった。

|

2005年5月 3日 (火)

千丈寺湖 夢よ、もう一度

GW前半は家族サービスに費やし、5/2(月)の夕方から千丈寺湖へ。
当然「夢よ、もう一度」と期待してたのに・・・・

千丈寺湖へ向かっている間、いつもの場所は空いているかと心配になる。
ましてやGWの真っ只中!
空いてなければどうしよう?(悩)
ところが千丈寺湖に着くと、見かけた鯉師は一人だけ。
とりあえず平日だからなのか、それとも釣れていないのか?
前回の1匹は、たまたまだったのか?

今回の場所はYさんお気に入りの場所にするか、前回の場所にするか迷った。
ただ前回の場所はやたらとバサーがいたので、バサーの少ないYさんの場所にした。
まずは、少しでも釣り易くする為に笹や草刈り。
全ては鯉釣りの為だから出来る事(笑)

18:00頃、準備も終わりエサの投入。
雨が降った翌日だったので期待していたが、その後はいつものように朝まで音沙汰なし。
もう、馴れっこさ!(笑)

翌朝5:00頃、エサを代えたついでに辺りをブラブラ見て回った。
今回は折りたたみ自転車(借り物)を積んで来たので、楽チン楽チン(笑)
我が家も折りたたみ自転車を買わなければ!
これも鯉釣りの為に(笑)
朝方は分からなかったが、昼頃になるとやや上手で60~70クラスの鯉が多数泳いでいる。
と言うより浮いていると言った方が正しいかも。
その場所はブッシュだらけで竿が出せない所。
残念!

結局は鯉のアタリを見る事もなく終了。
但し、センサーも鳴らないフワフワしたアタリが何回もあり、30cm前後のフナが数匹釣れた。
何故フナなんだ!
1匹でも良いから鯉だったら、それで救われたのに・・・・(涙)
世の中、そんなに甘くありませんでした(涙)


PS.その①
ボイリーがどうもブルーギルにやられているみたいな気がする。
アタリも分からない内にボイリーが無くなっているので。
ボイリーはギル対策にはならないのかな?
困ったもんだ。
とにかくボイリーで1匹釣るぞ!

PS.その②
帰りに前回の場所を覗きに行くと、駐車場の隅っこがゴミの山。
BBQ禁止なのに残骸などで、腹が立つと言うか、気が滅入ると言うか・・・・
自分の出したゴミぐらい持ち帰れ!
それが出来ないなら来るな!
一部の者の行動で立ち入り禁止になったらどうする?
元々は釣りも禁止で、後ろめたい気持ちがあるのに・・・・

|

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »