2022年11月19日 (土)

三方五湖 目的はソロキャンプ(笑)

年中行事のひとつ、秋の三方五湖遠征。
お気に入りの場所を陣取り、洋酒でチビチビとホロ酔い状態。
ソロキャンプみたいな雰囲気で最高だぁ~~~
でも結果がね ヾ(--;)オィオィ

20221119_081042

この週末は天気が良いと分かると、無性に行きたくなった秋の三方五湖。
今の状況なんて気にしない。
どうせ駄目元は運任せ。
とにかくベストの時期は過ぎたと思っているので、お気に入りの場所が空いている確率は高いはず。
いや、絶対に空いている。
そのように決めつけて急遽金曜日に休みを取っての釣行。
好きな事を我慢して、あとで後悔するのも嫌だから _(^^;)ツ アハハ


現地には17日・木曜日の 19:30頃に到着。
運良くお気に入りの場所が空いていて、それだけである意味満足・満足。
だってここは一発大物が狙えるし、一人で独占出来るだけに、駄目元の性格上最高の場所。
ありがたや、ありがたや V(^0^)

早速準備に取り掛かったもののゆっくりとしたもので、4本の竿で釣り始めたのは 21:00頃。
だってね、時間はたっぷりあるんだから。
急いだからって釣れるもんでもないしさ _(^^;)ツ アハハ

それからはプチ・ソロキャンプみたいな雰囲気を味わいながら、洋酒をチビチビ。
夜空を見上げると星空が綺麗なこと。
オリオン座に昴(すばる)に冬の大三角形シリウス、ベテルギウス、プロキオン。
あっ、シリウスはまだ見えてなかった。
でも大阪ではこれだけの星は見えませんよ。
あとは天の川がくっきりと見れたら、最高なんだけどなぁ~~~ ヾ(--;)オィオィ

20221117_211238

てな具合で楽しんでいると事件が発生。
今まで点いていたヘッドライトが突然点かなくなった。
電池以外の問題だけに、もはやお手上げ。
一応予備のライトはある。
だけど手元を照らす程度の、オモチャみたいなライト。
それだけに不安だらけ。
まぁ、その時はその時さ。
その前に、アタリは来るのかな ヾ(--;)オィオィ

20221118_101449

結局アタリが無いまま金曜日の朝。
風も無く、陽が差し込むと身体がホコホコと気持が良い。
でもこれって釣り人にとっては有り難いけど、大物狙いにはチョットね。
それでいて特に何もする事が無い。
だったら飲むしかないでしょう。
てな具合にずぅ~~~とホロ酔い状態。
そんなところへ漁協の会長さんが遊漁料の集金。
話しによるとメーターはたったの2本。
どうやら80台で御の字のような感じ。
詳しくは聞かなかったけど、秋のシーズンで2本だけだとかなり寂しい。
でもこれが現実か。
そんな気がしていたんだけど、駄目元の記憶にあるあの三方五湖はいったい何処へ行ってしまったんだ (_ _。)・・・シュン


てなわけで相変わらずアタリが無いまま夜となり、オモチャ・ライトの出番がないまま土曜日の朝。
この日も風がなく、ホコホコと暖かいお天気。
だったらこの日も朝から洋酒をチビチビと・・・・・・ ヾ(--;)オィオィ

ダメ・ダメ!。
この日で撤収するためアルコールは禁止。
大人しく映画でも見てようと。
すると時間と共に風が吹き出し、なんか良い感じ。
日曜日に野暮用さえ無ければ延長も考えたんだけど・・・・・・
そんな時にまたまた会長さんが集金にやって来て、良い風が吹いてきたなぁ~~て。
でも帰らなきゃ!
ちなみにこの日に鯉釣りをしているのは駄目元だけらしい。
以前のあの賑わいはどうしたんだ。
三方五湖も普通の湖になってしまったのか。
逆の見方をすれば、だからいつもお気に入りの場所が空いているんだよな、きっと _(^^;)ツ アハハ


結局はプチ・ソロキャンプを楽しんで終わり。
何だか遠征の目的がすり替わってる感じ。
まぁいいや、ほんとに楽しみの一つだったんだから。
それにしても以前のような三方五湖は、もう望めないのかな。
と嘆いていても、また春になったらに行くさ、絶対に _(^^;)ツ アハハ

| | コメント (4)

2022年11月13日 (日)

紀の川 第64回一本勝負鯉釣り大会

64回目を迎えた紀州野鯉の会恒例、一本勝負鯉釣り大会。
今回も参加人数は4名と少数ながら、いつものように宴会がメインで和気藹々と。
それでいて釣果もあり、楽しい大会となりました (^ー^* ) フフ♪

20221113_075637

大会の日程は12日・土曜日の 10:00から13日・日曜日の 12:00まで。
場所はおなじみの通称クラダシ。
ここでは狙いたいポイントが2か所あり、一つは宴会場所から遠く離れるのがネック。
だったら大会が始まるまで竿を出してやれとばかりに 6:00過ぎには現地入り。
そして流行りのアウトドア・ブームに乗って優雅なひと時を。
これで釣果があれば言う事なしなんだけどな _(^^;)ツ アハハ

20221112_074812

これでこのポイントに未練はなくなり、大会へと突入。
そして場所決めの結果、運良くもう一つの狙いたいポイントを確保。
あとは宴会を楽しむだけさ (^ー^* ) フフ♪

20221113_080016


この大会もいつしか "一泊二日の日程で竿も3本まで" で開催されることが多くなったせいか、全員揃ってのボーズというのは長らくありません。
今回も 11:30頃にセンサーの第一報が!
当たったのはF川会長。
「まさかな
 ニゴイやで」
などと茶化されるなかを上がってきたのは本命の62cm
逃げ切るには難しいサイズながらも、3年越しの優勝に向かってまずは一歩リードです <(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

20221112_113101

ところがその余韻に浸る間もなく、11:45頃にS司さんのセンサーが反応。
注目のなかで上がってきたのは64.5cm
F川会長の天下は、わずか15分で終わりました ┐(-。ー;)┌ ヤレヤレ

20221112_114626

ところが直ぐにS司さんを脅かすセンサーが!
12:20頃に来たのは、なんと駄目元。
その手応えから70台を確信。
しかし無念のスッポ抜け。
あ~~あ、絶対に逆転してたよ、あれは (_ _。)・・・シュン


ところが紀の川の神様は、駄目元を見放さなかった。
15:30頃に再びセンサーが反応。
というよりもクリック音に反応したのが正直なところ。
今回の手応えも先ほどとほぼ同じで、上がってきたのは71cm
よっしゃぁぁぁ~~~
ついに駄目元がトップに躍り出ましたよ。
ところでセンサーって鳴ってたっけ? ヾ(--;)オィオィ

20221112_152442

それからはアタリが無くなり、ひたすら宴会モード。
そのまま 23:00近くになり宴会もお開きとなり、各自就寝タイムに突入。
すると日付けが変わって 2:30頃に、センサーに叩き起こされる駄目元。
車の中にまで聞こえる心地よいクリック音。
嬉しい反面寝ぼけた足取りで竿へと向かっていると、隣の方でF川会長が何やらゴソゴソとやっているような・・・・・・
気のせいかな ( ̄へ ̄|||) ウーム

そんな事にはお構いもなく竿を持つと、今回一番の手応え。
ここは足元が極端に浅く、取り込むには移動しなければ難しい。
しかしそこへF川会長がやって来てくれたので、移動するのを忘れてそのままやりとり。
強引に超浅場へと寄せてきて何とかネットイン。
その時は80台に見えたものの結果は77cm
それでも優勝の確率がグ~~ンとアップしましたよ (^ー^* ) フフ♪

20221113_023122

ところでこんな時間に、偶然にもF川会長が起きていて大助かり。
夜中に浅場での取り込みなんて、一人だと絶対に苦労していたはず。
明るくなってから改めて確認すると、よくあんな浅い所へと寄せてきたもんだ。
それに現認者となってもらったおかげでキープの必要もなく、これまた大助かり。
キープとなると、何かと手間でしょ。
F川会長、有難う御座いました m(__)m ペコリ

20221113_075608

大会二日目の天気は雨の予報。
駄目元的には終了時刻を変更して、雨が降る前に終わって欲しいんだけどな ヾ(--;)オィオィ

そんな我がままが通るわけがない。
しかし結局はアタリが無いまま終了。
そして駄目元の9回目の優勝が決定。
ちなみに数もサイズもトップの二冠を達成。
これでまた前人未到の4連覇に向けて、再スタートだ! (^ー^* ) フフ♪

| | コメント (0)

2022年11月 3日 (木)

淀川 くわばら、くわばら

3日・木曜日は、11月に入り最初の休日。
天気もいい!
と言う事で当然のように某鉄橋へ。
竿を出したのはまだ薄暗い 5:40頃。
それでも駄目元にすれば、随分とゆっくりしたもの。
いやいや、これからはもっと遅くなるわ。
絶対に! _(^^;)ツ アハハ

20221103_065358

ところで今回は、現地に着いた時に嫌な風景が。
なんと駄目元の定位置、通称 "離れ" にブルーシートによる簡易テント。
最初は先日のマラソン大会の荷物が残っていると思ったものの、真横に自転車が停めてある。
という事は、中に人が居るはず。
もしかして野宿者か?
勘弁してくれ ┐(-。ー;)┌ ヤレヤレ

この時真っ先に思ったのが、このまま定住されたら厄介だ。
さっさと移動してもらおう。
という事で意を決して、
「お~~い、誰かおるんか?
 釣りの邪魔やねん」
すると中から出てきたのは二人のアジア系外国人。
彼らは寝ぼけたままシートなどを片付け、どこかえと去っていきました。
やれやれです (^。^;)ホッ!

でも冷静に考えると、彼らを追い出す権利や理由は無い。
それは駄目元のかってな言い分。
ましてや立場が逆で、寝ているところを起こされたうえに文句を言われたらどう思う。
よくぞ逆ギレされなかったもんだ。
くわばら、くわばら σ(^_^;)アセアセ...


結局鯉は時々顔を出してくれるものの、アタリは全く無く昼前には撤収。
それにしても最近は釣れなくなった。
元々ガンガン釣れる場所ではないものの、1本ぐらいは見込めたんだけどな。
まぁいいや、またこんど _(^^;)ツ アハハ

 

| | コメント (2)

2022年10月23日 (日)

紀の川 第63回一本勝負鯉釣り大会

63回目を迎えた紀州野鯉の会恒例、一本勝負鯉釣り大会。
今回は長い歴史の中で、大会史上始めてとなる駄目元の4連覇のかかった大会。
はたしてその結果は (^ー^* ) フフ♪

20221022_084255

コロナの影響で延び延びとなっていた今回の大会は実に4ヶ月ぶり。
そして紀の川遠征も3ヶ月ぶり。
それだけに絶対に釣りたいと思い、一人先行して竿を出すことに。
ただし以前のような一人前夜祭はやめて早朝から。
歳相応にあまり無茶をすると、後がこたえるので ヾ(--;)オィオィ


大会は23日・日曜日の 10:00から24日・土曜日の 12:00まで。
場所は通称クラダシ。
現地に着いたのはまだ薄暗い 5:30頃。
早速様子をうかがうと、今回も川岸が変化している。
そのため狙っていた場所のひとつはアウト。
その分逆に迷いもなくなり、もう一つの場所で竿を出したのは 6:30頃。
後は睡眠不足を補うために寝るだけさ _(^^;)ツ アハハ

すると 7:30頃、睡眠の邪魔をするかのようにセンサーが反応。
ところが喜んで竿を持ったものの、ゴミのように無抵抗。
挙げ句に初めて見た魚体は、なんだかスマート。
あ~~あ、ニゴイだわ (▼⊿▼) ケッ!
と思ってはみたものの、ニゴイにしては抵抗してくる。
えっ、もしかして本命?
それからは適度に楽しみながら取り込んだのは60cmの小物。
サイズは別にして、狙い通りに本命を釣ったぜ V(^0^)

20221022_073341

その後 9:00 過ぎにS司さんが到着し、まずは二人だけで大会がスタート。
そして少しずつ宴会モードに。
すると 11:45頃、S司さんが駄目元の竿先がユラユラしているのを発見。
しかし一向に絞り込まれる気配がない、まどろこしい状態。
参ったな、どうしよう ( ̄へ ̄|||) ウーム

その時突然駄目元のセンサーが反応。
しかも当たったのは別の竿。
その竿を持つと明らかに本命。
ただしサイズ的には先程と同程度。
その取り込み中にF会川長が到着。
二人が見守る中で上がったのは62cm
このサイズでは逃げ切れないものの、とりあえず4連覇に向けてスタートはきった。
やったぜぃ! ъ( ゜ー^) イェー♪

20221022_114806

さてここで問題が。
それは空気を読まないF会川長の存在。
これまで駄目元が釣った直後に、よく逆転するんですよ。
そんな話題が出るなか、13:00頃にそのF会川長のセンサーがピピピピ!
えっ、まさかね。
あ~~あ、今回もやられちゃった。
と思ったものの何事もなく終了。
良かったよぉぉ~~~ _(^^;)ツ アハハ

20221022_164805
20221022_174127

その後I上さんも加わり、宴会モードは急ピッチ。
そして 19:20頃、S司さんのセンサーが反応。
ライトに照らし出されたS司さんを見守ると、それは明らかに本命とのやりとり。
しかもその様子からすると、明らかにサイズアップ。
さらには初めて見た時には80cm級を思わせる魚体。
比べるまでもなく勝負あり。
しかし実際のところは75cm
やっぱり62では逃げ切れなかった _(^^;)ツ アハハ

20221022_192635

その後 23:00頃には宴会もお開きとなり、各自の車で就寝。
そのまま誰一人アタリがなく、大会は二日目に突入。
駄目元は明るくなるまで待って、6:15頃にようやくエサ替え。
その時センサーからラインが外れ、大きく移動しているのを発見。
そんなに大きなゴミが引っ掛かったのか?
それにしても何故センサーが鳴らない?
もしかしてセットのし忘れ?
そういう事にしておこう。
あ~~~やだやだ、酔っ払いは _(^^;)ツ アハハ

ところがゴミだと思いラインを巻くと、微かな動き。
何か釣れているとメンバー達に知らせたあと、上がって来たのは50cmのおチビちゃん。
まさかこんな形で本命を追加する事になるとは。
しかしサイズアップもなく、なんだかなぁぁ~~~ ヾ(--;)オィオィ

20221023_093852

その後も誰一人アタリがなく、このままS司さんの優勝が決まるのか。
みすみす4連覇を見逃すのも嫌だ。
何とかしなければ。
そこで一か八かの賭けに出る駄目元。
上の写真では見ずらいものの本流の流れが対岸に当り、その流れが回り込んでヨレている所に60~70cm級の鯉が数本。
見える魚は釣れないとは言うけれど、もうそれに賭けるしかない!
場所はテントから200m以上離れているものの、何とかなるだろう。
しかしそんな心配をよそにアタリが無いま終了時刻。
これで駄目元の4連覇は露と消え、S司さんの6度目の優勝が決定。
悔しいよぉぉ~~~ _(^^;)ツ アハハ

でもね、駄目元は合計3本の釣果。
ちょっとおチビちゃんが揃ってしまったけど、本命が釣れたんだ。
それで充分さ V(^0^)

| | コメント (2)

2022年10月16日 (日)

淀川 待ってたよ!

この週末も例によって地元の某鉄橋。
そこでは前回まで2週続けてのアメリカナマズ。
そんな外道に邪魔をされようとも、どれだけ裏切られようとも、時期が時期だけに絶対に釣れるはず。
そうですよ、はっきり言って片思い。
それがようやく実りました V(^0^)

20221015_053337

思い起こせば2ヶ月近く本命に巡り合っていない。
流石に心が折れそう。
この時期なのに、このまま釣れなければどうしよう。
その先にあるのは引退の二文字か。
なぁぁ~~~んてね _(^^;)ツ アハハ


15日・土曜日。
いつもの如く暗いうちに現地に到着し、3本の竿を出したのは 5:00前。
前回は直後にアタリがあっただけに今回も。
なんて事は起きるはずもなく、ダラダラ・ダラダラ時間を潰すだけ。
ちなみに前回ほど寒くはないものの、重ね着をしての日向ぼっこ。
さすがに早朝は寒いっす _(^^;)ツ アハハ

8:00前。
何事もないまま時間が過ぎ、エサ替えのためにダンゴをニギニギ。
そして3個のダンゴを作り終えると同時にセンサーが反応。
クリック音もジャァァァ~~~~!
よっしゃぁぁぁ~~~~
神さま、頼むからお願いね ヾ(--;)オィオィ

当たったのは通称 "離れ" の1本。
その時には既に横走りをしていたようで、竿を持った時のラインは川岸とほぼ平行。
そして悪い事にその先は、川面に張り出した木の枝に隠れて見えない。
それだけにこれ以上岸に近付くと、垂れ下がった枝に引っ掛かるかも。
この状況に早くもヒヤヒヤ。
この時には既に本命と断定しているだけに、ヤバイよ・ヤバイよ! (/・_・\)アチャ・・

横への移動が出来ないだけに、どうすれば良いのやら。
こうなりゃ運任せ。
幸いな事にそれ以上川岸に近付く事もなく、そのまま足元まで誘導。
あとは無理をせず、余裕を持ってネットインしたのは63cm
期待していたサイズには程遠いものの、本命は本命だ V(^0^)

20221015_080019

ようやく巡り合えた本命に気を良くし、あとは2本目に期待。
その頃からは寒さも和らぎ、逆に気温はグングン上昇。
気付けば鉄橋の日陰に避難するほど。
寒暖の差が激しぎる ┐(-。ー;)┌ ヤレヤレ

一方でそれ以降アタリは無く、あの1本のみで終了。
それでも 11:00頃には気分良く撤収。
さぁ、また次の週末に釣るぞ! V(^0^)

| | コメント (2)

2022年10月10日 (月)

淀川 嫌いなんじゃ

先週に続いての某鉄橋。
ここはお気に入りの場所なんだけど、長らく本命には巡り合っていない。
それだけに、もはや神頼み。
今回こそはをお願いしますよ _(^^;)ツ アハハ

20221009_055425

9日・日曜日。
例の如く夜明け前から現地入り。
そして3本の竿を並べ、仕掛けを投げ入れたのは 5:00前。
それからタモの準備をし、イスに座ろうとしたまさにその時に突然のセンサー!
そして少し間が開いてから心地良いクリック音。
よっしゃゃゃ~~~! (= ̄▽ ̄=)V ヤッタネ

当たったのは眼の前、通称 "母屋"。
喜んで竿を持つと幸いにも根掛かりとは無縁のようで、どうやら最大の難関は突破した模様。
しかし手応えからすると、そんなに大きくはない。
いやそれよりも、少し様子が変だぞ。
ひょっとして・・・・・
悪い予感は良く当たるもので、上がって来たのは先週に続いてのアメリカナマズ。
やめてくれぇぇぇ~~~~ (_ _。)・・・シュン

もはや写真を撮る気もなし。
それよりもナマズが釣れると、あのおヒゲが嫌なんだ。
針を外す時、どうしても手にチョロチョロと触れるのが気持ち悪くて。
困ったもんだ ε-(ーдー) ハァ

ところで今回の "アメマ" も60cm級。
以前に比べると、明かに釣れるサイズが大きくなっている。
しかもお腹はボッテリ。
いったいどれだけのものが犠牲になっているのか?
あ~~~あ、嘆かわしい ε-(ーдー) ハァ


と、落ち込んでいても仕方がない。
本命ではないけど "サカナ" が釣れたんだ。
ここは前向きにとらえよう。
時間はタップリある。
一方で予想以上の寒さ。
しかも昼からは雨の予報。
てなわけで 10:00頃にはさっさと撤収。
さてさて、本命はいつになることやら _(^^;)ツ アハハ

| | コメント (2)

2022年10月 2日 (日)

淀川 またお前か!

早くも10月となり、気合十分に地元の某鉄橋へ。
今回も例の如く夜明け前からの現地入り。
前回に草刈りを済ましているだけに、気持ちよくセッティング。
あとはセンサーが鳴るのを待つだけ。
淀川の神さま、よろしくお願いしますよ V(^0^)

20221002_053955

仕掛けの投入は 5:00過ぎ。
それからはスマホのゲームで時間潰し。
すると 5:30頃に突然センサーが反応。
しかしクリック音は無し。
アララと思いながらも、取りあえずタモを手に当たり竿へ。
するとまさにその時、クリック音がジィィィ~~~!
やったぜい V(^0^)

竿を持つとどうやら根掛かりは回避しているようで、まずは一安心。
手応えからすると、おそらく60前後。
そんな相手でも決して無理をせず、ゆっくりゆっくりと。
この時間帯はようやく明るくなり始めた頃。
ライトは必要ないものの、姿は足元に寄せて来るまで全く見えない。
ただ適度な手応えだけ。
そしてようやく姿を確認すると、正体はなんと60前後のアメリカナマズ。
エェェェ~~~~、なんでやねん (▼⊿▼) ケッ!

20221002_053519

その一方で、鯉は時々バシャ~~ンと姿を見せてくれる。
でもアメマ以降、全くアタリなし。
結局そのまま 10:30頃には撤収開始。
今回もまたダメだった。
よし、次回こそは (^○^)ファイト!!

| | コメント (2)

2022年9月25日 (日)

淀川 ジンクス

24日は早くも9月最後の土曜日。
それなのに9月になってからの初釣行。
決して釣りへの情熱が冷めているわけではないのに、最近はほぼ月いちのペース。
何故か週末の巡り合わせが悪いんだよな。
駄目元的七不思議ってとこか?
今回も台風でダメかも。
と思っていたところ、ほとんど影響なし。
だったら行くぞ! (^○^)ファイト!!

20220924_083347

ということで今回も暗いうちに現地に到着。
思った通りに草ボウボウ。
あ~~~あ、分かってはいても気が滅入る。
それよりも問題なのは、通称「離れ」の方で木の枝が大きく張り出していること。
「離れ」ではいつも2本の竿を並べるのに、この状況だと大物が掛かった時に苦労するのが目に見えている。
結局「母屋」と「離れ」それぞれ1本ずつの計2本で釣ることに。
まぁ正直なところ、竿が2本でも3本でもほとんど関係ないしね _(^^;)ツ アハハ


川の状況は気になる程度に流れが強い。
それでもたまにはバシャ~~ンと顔を見せてくれる。
でも全くアタリなし。
結局何事もなく 10:00頃には撤収。
予想通りでした _(^^;)ツ アハハ

実は今回、嫌な予感がしていたんです。
それは地震。
我が家で用意をしていた時に揺れを感じて・・・・・・
こりゃダメだ!
地震のあとに釣れた試しなし。
これ、駄目元的ジンクス。
だから釣れなくて当たり前。
ということで、次の週末も釣りに行けますように ヾ(--;)オィオィ

| | コメント (0)

2022年8月28日 (日)

淀川 久々の釣果

3週間振りとなる釣行。
場所はここしか頭にない地元の某鉄橋。
結果は久々の釣果があったものの、実は・・・・・・
まぁ、それでも善しとするか _(^^;)ツ アハハ

20220827_045249

先週は増水で断念しただけに、待ちに待ったこの週末。
絶対に行くぞ!
というわけで27日・土曜日。
例の如く暗いうちに現地に到着。
川の状況は良好で、あちこちで鯉がポチャン・ポチャン。
早速3本の竿を用意し、仕掛けを投げ入れたのは 5:00前。
それからは薄暗い中で恒例の草刈り。
実はメインはこちらだったりして (^^ゞポリポリ


さすがに8月も後半になると猛暑の頃とは違い、若干過ごしやすくなった感じ。
それでも直ぐに汗ポタになるので、休み休みの作業。
すると 5:00過ぎに突然のセンサー!
しかしクリック音はそれほど響かず。
半信半疑で竿を持つと抵抗はしてくるものの、どうも本命の引きとは違う。
ただフナにしたら大き過ぎるんだけど・・・・・・
?マークのまま寄せて来ると、その正体は60cmほどのアメリカナマズ。
う~~ん、まぁ一応これで釣果はありましたよ、釣果は。
でも全然嬉しくありません _(^^;)ツ アハハ

20220827_050820

久々の釣果が"アメマ"とはね。
それでも釣れないよりはマシかな。
てなことを思っていると、6:00過ぎに偶然目の前の竿先がグングン。
でもそれ以上は続かず終わり。
まぁ、所詮はこんなもんさ _(^^;)ツ アハハ

それからは顔見知りの人達に、久々の挨拶ついでに釣果の報告。
すると 7:15頃、いつものメンバー達が真後ろで休憩をしている時にセンサーが反応。
でも今回も、クリック音はそれほども響かない。
喜びも半分で竿を持つと、やっぱり小さいな。
結局上がってきたのは40cmほどの本命。
たしかに"アメマ"よりは良いけど、ちょっとね ヾ(--;)オィオィ

20220827_071836

結局は本命が釣れましたよ、本命が。
小さいけど。
さてと・・・・・・
これからは猛暑も過ぎたことだし、またちょくちょく通うとするか。
とりあえず80台を目指して V(^0^)

| | コメント (2)

2022年8月21日 (日)

これは想定外だ

20日・土曜日。
久々に気合が入り、夜明け前からいつもの某鉄橋へ。
しかし現地に着くと、暗い中でも感じ取れる強い流れ。
この場所でこれだけ流れが強ければ、確実に仕掛けを失うだけ。
そういえばこのところ、毎日のように淀川水域のどこかでゲリラ豪雨。
まさかこんな状況になってたとはね ε-(ーдー) ハァ

これは全くの想定外。
ということで気分屋の駄目元は一気にやる気を失い、我が家へとUターン。
結局はお盆休みの続きでゲームですわ _(^^;)ツ アハハ

| | コメント (0)

«1週間の自宅待機(笑)