2019年4月15日 (月)

Jリーグ初観戦

週末の釣りはまたまたボーズだったので、今回はJリーグ初観戦のお話を(^^ゞポリポリ
 
20190418

娘の仕事の関係で時々手に入るガンバ大阪の本拠地、パソニックスタジアムのチケット。
ただ駄目元は他を優先していたため、これまで行く機会がなかったのです。
しかし今回は早くから予定にいれ、ようやく訪れた初観戦の日。
予報は下り坂で、試合の時間帯はあいにくの雨。
嫌だなぁ~~、どうしよう・・・・・・( ̄へ ̄|||) ウーム
 
これが甲子園(プロ野球)なら間違いなく中止。
しかしサッカーが中止になるなんて、まず有り得ないこと。
だから雨具を用意して・・・・・・
と、ここまでは心の準備が出来ているんです。
ただね、いくら雨具があっても、釣りじゃあるまいし・・・・・・
それが本音 _(^^;)ツ アハハ
 
実は大いに悩ますのが座席位置。
当日の座席はコーナーキックが直ぐ目の前になる、前から3列目。
スタジアムには屋根があるものの、この前から3列目という場所は、果たして雨は大丈夫なのか?
そんな不安を胸に、いざスタジアムへ V(^0^)
 
201904013

スタジアムに入ると、まずは座席の状況(雨の濡れ具合)を確認。
1列目は完全にアウトで2列目は微妙。
そして我が3列目はギリギリセーフ (= ̄▽ ̄=)V ヤッタネ
それが分かれば安心して、早速ビールやら食い物の調達です_(^^;)ツ アハハ
 

ビールを片手に戻ってくると、試合前からゴール裏ではチャント(応援)の大絶叫。
甲子園とは全く違う雰囲気と迫力。
ヽ(*゜O゜)ノ スゴイッ!!! これがサッカー観戦か。
でも何を叫んでいるのか、あまり分かりましぇ~~ん_(^^;)ツ アハハ

201904006

さぁ~~て、いよいよ試合開始。
ラインぎわを全速力でこちらへと向かって来るあの迫力。
選手同士のぶつかる音。
それが直ぐ目の前で。
一方ゴール裏では最初から総立ちで、相変わらずチャントの大絶叫。
TVでは絶対に味わえない生の迫力。
すごぉぉぉ~~~~い!
 
201904009

そしてコーナーキックではあの遠藤が、あのレジェンドが直ぐ目の前に。
これが一番の楽しみだった駄目元。
うんうん良い席だ、実に良い席だ _(^^;)ツ アハハ
 
結局ガンバは負けてしまったものの、観戦そのものは大満足。
早速娘には、次のチケット入手をお願い。
次回が楽しみです(^ー^* ) フフ♪
 

| | コメント (2)

2019年4月 8日 (月)

淀川 何かとストレスが

久しぶりの鉄橋。
そこは昨年の秋、木を切り倒して釣り場を作った例の場所。
激しい根掛かりが気になるものの、秘密基地よりは期待値は上。
しかしこの場所は、何かとストレスが溜まるんです。
だから今回は、愚痴に明け暮れていますヾ(--;)オィオィ
 
201904001

ポカポカ陽気となった週末は、久しぶりの自転車釣行。
目指す鉄橋は、我が家から15分ほど。
おそらく誰も居ないはずと決めつけて、現地に着いたのは 8:00過ぎ。
これまでの駄目元なら、まだ薄暗いうちから行くんですけどね。
9:00オープンの河川敷公園のパターンにすっかり慣れてしまい、ゆっくりとしたもんです。
それに、ゴールデンタイム(釣れる時間帯)は昼からだし。
ヾ(--;)オィオィ それは河川敷公園のパターンなんですけど_(^^;)ツ アハハ
 
この場所も竿は2本。
エサは定番となったダンゴに、大豆とイモのくわせ。
それらを少しでも根掛かりが少ない場所へとコントロール。
あとは防犯ブザーをセットして、ピュル・ピュル・ピュルと鳴るのを待つだけ。
それまではの~~んびりと過ごします。
と言いたいものの、それが出来なくなってしまったんです<(; ^ ー^) マイッタマイッタ...
 
 
実はこの鉄橋、これまでは貨物専用線だったので、たま~~~にガタン・ゴトンとゆっくりと貨物が通り過ぎる程度。
それが3月からは新しい路線として営業運転が始まり、電車が頻繁に通るようになったんです。
しかもスピードがあるから、ガガ・ガガ・ガガ・ガガと音が響いて煩い煩い。
ひょっとすると鯉さん達も嫌がって、どこかに引っ越したのかもしれませんね( ̄へ ̄|||) ウーム
 
というのも跳ねやもじりが無いんです。
昨年の秋は、そこそこあったのに・・・・・・
それとも早朝だったらあったのかな?
ただはっきりしていることは、ここは決して春のポイントではないってこと。
もしかして鯉さん達は、早くも春の舞踏会会場へと出掛けてしまったのかな? _(^^;)ツ アハハ
 
 
そんなわけで土日とも4~5時間ほど竿を出していたものの、アタリを見ることもなくボーズ。
多少は期待していただけに、ちょっとガッカリ。
ただボーズそのものは、大して気にしていません。
何たってボーズ常習犯ですから_(^^;)ツ アハハ
 
それよりも、ここは河川敷に入って直ぐのお散歩コース。
それだけに人の行き来が多く、小さなストレスが次から次へと襲って来て早くもめげそう。
覚悟はしていたはずなのに、極め付けは思わず怒鳴りつけることもあって・・・・・・
あ~~~あ、やだ、やだ! ε-(ーдー) ハァ
 

| | コメント (2)

2019年4月 1日 (月)

紀の川 ダービーを目指して

週末は天候不順のなか、2018年度のダービー(紀の川の仲間内の年間大物賞)を目指して、久々に夜釣りを決行。
さらには4月末に行われる、豪華景品付きの本大会のための下調べを兼ねて。
その結果ボーズは免れたものの、さて、本大会はどうしたものか( ̄へ ̄|||) ウーム
 
201903057 

2018年度のダービーを狙うには、この週末がラストチャンス。
そこで選んだのは、何年か前まで駄目元にとっては鬼門と呼んでいた場所。
そこは本大会用に何箇所か絞り込んでいる場所の中で、今現在、駄目元にとっては最も状況のわからない場所。
となれば今回はこの場所で、駄目元的情報収集! なぁ~~~んてね_(^^;)ツ アハハ
 
 
30日・土曜日、13:00過ぎには現地に到着。
今回は欲張って4本の竿を並べ、1本は久しぶりにボイリー。
2本は今最も信頼を寄せている、ダンゴに大豆とイモ。
そして残りの1本は、駄目元的絶滅危惧種の食パンを、超久しぶりに。
それもこれも "釣れたらラッキー!" のなせる業(わざ)です_(^^;)ツ アハハ
 
201903056  

この場所は手前は浅場が続き、流芯は対岸近く。
そのため流芯近くの、少し深い場所を狙ってチョイ遠投。
何年か前は絶対に届かなかったのに、河原の地形がコロッと変わったおかげで、今では楽勝です。
でもね、この場所は少しの増水でもモロに影響を受けるため、本大会までの天気が気掛かりなんです。
何たって駄目元は、早い流れが大っっっっ嫌い! ヾ(--;)オィオィ
 
14:00頃に仕掛けを投げ入れたあと、15:00頃には早くも雨がポツポツと。
それからは降ったり止んだり、時には本格的に。
おまけに時折強風が吹き抜け、遠くの方ではカミナリまで。
わかっていた事とはいえ、先週は釣りに行っていないし・・・・・・
釣りに行きたい病が騒ぐし・・・・・・
でもね、いざ釣り始めると、正直気分はド~~ンヨリです ヾ(--;)オィオィ
 
 
一度だけ鯉のもじりを確認したあとは、鳥以外の生命反応は皆無。
当然アタリがないまま夜へ。
夜釣りなんて、何か月ぶりなんだろう?
期待はするものの、出来れば雨が降っている時は避けて欲しいんだけど。
ちなみに車から出るのはエサ換えの時だけ。
それも気が向いた時。
食パンはともかく、エサはいつまでも針に付いたまま。
それだけに、わざわざ雨の中でエサ換えをしなくても、ねぇ!
駄目元は、どこまでも我儘(わがまま)なんです_(^^;)ツ アハハ
 
 
知らず知らずいつしか眠りにつき、日付が変わって 2:00頃。
ようやく緊急出動命令が発令!
ドアを開け、クリック音を確認すると、シィ~~~ン。
┐(-。ー;)┌ ヤレヤレ
ただ幸いだったのは、雨が止んでいたこと。
寝起きでゴロゴロした石に足を取られながら、ようやく竿を手にすると・・・・・・
「なんか重たい!
 あ~~あ、ゴミだわ」
と思ったのもつかの間、しばらくすると上流へ向かって動きだし、鯉であって欲しいと願う駄目元。
最後の最後にどんでん返しを何度も味わっているだけに、姿を見るまでは半信半疑。
でも手に伝わる感覚は、絶対に鯉のはずなんだけど ヾ(--;)オィオィ
 
ここは浅場が広がるだけに、鯉もとことん抵抗。
なかなか手前まで寄せることが出来ず、プチ悪戦苦闘。
そして川の中に入れる所まで入り、ようやくタモに納めたのは69cm
ダービーには程遠いものの、今年の紀の川での第1号。
ちなみに掛かったのは、ダンゴに大豆の仕掛けです V(^0^)
  
201903058  

ようやくボーズを免れ証拠写真を撮り、改めて仕掛けを投げ入れた頃には再び雨がボツボツ。
そのまま寝たり起きたりを繰り返しながら、朝。
そして 7:00頃だったかな?
車の中でボォ~~としていた時に、紀の川の仲間Tみさんからの電話。
「駄目元さん、いま紀の川で釣りしてるでしょう」
(゜∇゜;)エッ!? (゜∇゜;)エッ!? (゜∇゜;)エッ!?
何で分かるの、誰にも言ってないよσ(^_^;)アセアセ...
「土手の方を見て
 車が止まってるでしょう」
ほんとだ!
まさかこんな所で見つかるとは、怖いなぁ~~_(^^;)ツ アハハ
 
そんなブログ・ネタを追加しただけで、結局アタリはあの1回のみ。
ということで 12:00頃から撤収作業に取り掛かり、残念ながら2018年度のダービーは終了。
それでもボーズを免れたから、まぁ良いか! _(^^;)ツ アハハ
 
 
さぁ~~てと・・・・・・
本大会まであと1ヶ月。
今回の釣果が参考にならないのは重々承知。
それでも80台が釣れていれば、最有力候補になっていたのに。
場所をどこにするか、迷うんですよね ( ̄へ ̄|||) ウーム
 

| | コメント (2)

2019年3月25日 (月)

乗り鉄デビュー(笑)

この週末は久々に釣りには行かなかったので、代わりに乗り鉄デビューのお話を。
まず "乗り鉄" とは、とにかく電車に乗って旅をするのが好きなマニアのこと。
その点駄目元は乗り鉄という訳ではないのですが、日曜日、ほぼ半日電車に乗りまくっていたので_(^^;)ツ アハハ
 
ことの発端は釣りに行こうにも寒いので、行くのなら例の河川敷公園。
となると、釣れても釣れなくても毎週同じことの繰り返し。
そんなことに多少嫌気がさし、代わりにJRの "大回り" を楽しむことにしたのです。
この大回りとは、隣駅までのたった一区間の切符で、物凄い距離を乗ることができること。
詳細については、ネットで "JR 大回り" などで調べてみて下さい V(^0^)
 
では早速・・・・・・
9:00過ぎに大阪駅を出発し、奈良県を通過して三重県入り。
その間に、初めて電車のワンマンカーなるものを体験。
バスのように整理券の発券機やら料金入れがあり、ちょっとした驚き。
そこらは無人駅で改札がなく、運転手が駅員の代わりをするもの。
TV等で見聞きはしているものの、そのようなローカル線がこんな所にあるとはね。
プチ感動です_(^^;)ツ アハハ
 
12:00頃には三重県を出発し、一路滋賀県へ。
そこから反時計回りで、大きく琵琶湖をほぼ一周。
その間、琵琶湖で爆釣したのはあの辺りや!
あの辺りが有名な場所のはず。
余呉湖のあそこで竿を出した。
などなど、ついつい鯉釣り目線になる駄目元。
性(さが)ですね_(^^;)ツ アハハ
 
途中、最後の電車に乗り換え湖岸を走っていた時、どこぞの人身事故の影響により、その電車は運転取り止め。
別の電車に乗り換え予定が大幅に狂いながらも、無事に新大阪駅に到着。
でもね、途中で改札を出る羽目になっていたらどうなるのかな?
キセルではなく "大回り" をしていると言えば、分かってくれるのかな?
とにかく、えらいオチが付きました。
本来そんなブログ・ネタは、遠慮したいんだけど_(^^;)ツ アハハ
 
結局は10時間近くの旅。
大阪~新大阪駅間、料金は 160円。
それで2府3県を回ったなんて、ね!
但し、ネックになるのが改札から出られないこと。
特にローカルの駅には、何もないので要注意!
まぁ、これが大回りのルールだから仕方がないか_(^^;)ツ アハハ
 
ところで今回、嫁さんに行くかと聞くと行くとの返事。
元々駄目元が大回り自体を迷っていたのに、冗談で誘ったのが決定打。
この返事が一番の驚きでした_(^^;)ツ アハハ
 

| | コメント (2)

2019年3月18日 (月)

淀川 よりによって

週末の16日・土曜日は、朝から激しい通り雨。
予報ではその後の天気も不安定とのことなので、鉄橋への自転車釣行は眼中になし。
ということで、例によって例の如くいつもの河川敷公園へ。
この場所はそろそろお開きといいながら、またまた来ちゃいました_(^^;)ツ アハハ

201903007

出発前まで降っていた雨も止み、駐車場へは一番のり。
まぁ、当然といえば当然かな?
こんな状況でのこのこやって来る物好きは、おそらく駄目元ぐらいでしょう_(^^;)ツ アハハ

早速釣り場の状況を見に行くと、流れはいつもより若干強め。
ひょっとすると、ゆっくり仕掛けが流されるかもしれない微妙なところ。
それが気になるものの、いつものポイントへ向かってフルキャスト。
あとは車での~~~んびり待機。
早くもこの時点で、
「今日は天気がいまいちだし、1本釣れたらさっさと帰ろうかな」
なぁ~~んて自問自答。
釣りに行きたい病にしてみれば、既にある程度の満足感があるのです_(^^;)ツ アハハ


予報通りコロコロ天気が変わるなか、期待する 14:00前後のゴールデン・タイムが過ぎ去ると、頭の中は帰ることばかり。
もはやボーズは確定済。
それでもズルズル粘っていると、15:30頃から急に強い通り雨。
時間も時間だし、これで踏ん切りがつきました。
この雨が止んだら帰ることにして、あとはもう、ただただ雨が通り過ぎるのを待つばかり。
ところがそんな時に限って、まさかまさかの緊急出動命令!
ゴアテックス仕様の服だから別に問題はないものの、よりによって、なんで今なの? ヾ(--;)オィオィ

車から出ると雨音に邪魔をされ、クリックは聞こえず仕舞い。
正直なところ、参ったなぁ~~状態で釣り場へと急ぐ駄目元。
そして釣り場に着くと・・・・・・
しぃぃ~~~~ん。
お分かりですね。
結果は無情なまでの空アタリ。
えぇ~~~、なんでやねん! (▼⊿▼) ケッ!

それでも一応、ブログネタが出来たことに喜ぶべきなのか。
また一方では最後の最後に雨でタモが濡れてしまい、くさいし臭うし( ̄へ ̄|||) ウーム
あ~~あ、参った・参った_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月11日 (月)

淀川 いまいちの喜び

今年の鯉釣りは幸先の良いスタートを切ったものの、気が付けば2ヶ月近くのボーズ。
その間ほぼ毎週のように出かけているものの、まぁ、ボーズ常習犯としては当たり前のこと。
だから全く意に介さず、"釣りに行きたい病" は今週も出掛けるのです_(^^;)ツ アハハ

201903005

9日・土曜日は例に漏れず、いつもの河川敷公園へ。
ただこの日は暖かくなるとの予報のため、だったら自転車釣行のあの鉄橋も候補のひとつ。
そこでまずは河川敷公園へ行くだけ行ってみると、幸いにも無人状態。
ありがたくいつものポイントへ向かってフルキャスト!
あとは 14:00前後のゴールデンタイムになるまで、の~~~んびり車で待機です(^ー^* ) フフ♪

この日の明け方はそれなりに寒かったものの、釣り始めた頃からはポカポカ陽気。
おかげで車のドアを開け、着ている服も減らし、もはや完全な春の雰囲気。
一方では花粉症の悩みが・・・・・・
この時期はマスクが必須なうえに、駄目元は直ぐに日焼けするタイプ。
なので日焼けによるマスクの痕型を残さないためにも、極力車の影に避難です。
はい! そこまでしてでも "釣りに行きたい病" なんです_(^^;)ツ アハハ


今回のエサ換えは2時間おき。
その間隔には特に根拠はなく、その日の気分次第でまずは 11:30頃に1回目のエサ換え。
その後ゴールデンタイムまでには少し時間があるので、のんびりとお昼寝タイム。
すると 12:15頃、昼寝の邪魔をする、嬉しい嬉しい緊急出動命令!
センサーに起こされ我に返ると、釣り場の方から聞こえてくるリールのクリック音。
やったぁ~~~とばかりにダッシュ、ダッシュ、ダッシュ! ( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

竿を持った時には、ラインは既に100m以上。
ゆっくり竿を立てると、ズッシリと来るその重量感。
感覚では、おそらく70後半。
あとは針が外れないことを祈りながらのやりとり。
まさに至福のひと時です(^ー^* ) フフ♪

そんな時、ふと釣り場の片隅でランチ中のカップルを発見。
すると心の中で、
「どお?
 デッカイのが掛かってるよ
 凄いでしょう!」

とギャラリーの存在に、さらにウキウキする駄目元。
ほんと、困った性格です(^^ゞポリポリ


手元まで寄せてくると口切れ防止のため、緩めのドラグをさらに緩める駄目元。
最後の最後で取り逃がしたくはないでしょう。
まぁ、根っからの小心者なんです。
だからタモ入れには少し時間がかるものの、一発でネット・イン!
それは予想したよりは若干大きめの83cm (= ̄▽ ̄=)V ヤッタネ

201903006

この時間帯で1本となると、ゴールデンタイムはさらに期待するというもの。
しかしその後は沈黙の世界が続き、残念ながらそのまま時間切れ。
結局は1本のみとなったものの、実にほぼ2ヶ月ぶりの釣果。
しかもそれは80オーバーの大物。
いやぁ~~~、良かった、良かった! (^ー^* ) フフ♪



ところで、一方では贅沢な悩みが・・・・・・
80オーバーは嬉しいサイズ。
でもこの場所なら、以外と釣れるサイズ。
それだけに心の底からの喜びがないのです。
それって、ただただ贅沢になっただけなのか。
それとも老化に伴う感受性の衰退かヾ(--;)オィオィ

いずれにせよこの場所も、そろそろお開き間近。
なんたって元々は駄目元的冬季限定場所。
だから暖かくなってきたら、あの鉄橋を中心に通うつもり。
そこではどのような結果が待ち受けているのか。
はっきりしているのは、秘密基地よりは期待しているってこと_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月 4日 (月)

紀の川 第50回一本勝負鯉釣り大会

年に3~4回開催される、紀州野鯉の会恒例の一本勝負鯉釣り大会。
今回は記念すべき50回目ということで、メンバー達は気合を入れて参加。
なぁ~~んて嘘・嘘。
50回目だなんて、だぁ~~れも気付いていませんよヾ(--;)オィオィ

201903002

3日・日曜日は、今年2回目となる紀の川遠征。
場所は、駄目元的には鬼門と呼んでいた通称クラダシ。
その鬼門も既に克服したつもりでいるものの、昨年は一度も訪れることはなく、今回は実に1年半ぶり。
その間に近くの護岸工事の影響で、河原の様相は一変。
いろいろと状況は聞いていたものの、果たして釣り場としてはどうなのか?
今回はある目的のための、下調べを兼ねているんです(^ー^* ) フフ♪


大会は 8:00から。
その時点で集まっていたメンバーによる抽選の結果、なんと駄目元が一番クジ。
でもね、絶対に此処という場所がわからないため、とりあえず集合場所の近くに決定。
はい、いつものように安易な選択です_(^^;)ツ アハハ

この大会はその名の通り、竿は各自一本。
だから今一番信頼しているエサ、ダンゴに大豆で遠投。
なぜなら手前は浅くてあまり流れがなく、おまけに鯉の姿は全くなし。
だからゆったりと流れている流芯の深場を狙って。
それが良いのか悪いのか。
あとはボーズ常習犯に、奇跡が起きることを待ちわびるのみ_(^^;)ツ アハハ


またこの大会は "一本釣ったら優勝" と野次られるほど、釣果に乏しいのがいつものお決まりパターン。
今回もそのパターン通り誰一人としてアタリがなく、何もすることがありません。
となると、この時期恒例の火遊びの始まり、始まり_(^^;)ツ アハハ

201903004

この日は前日のポカポカ陽気とは打って変わって冷え冷え。
おまけに今にも雨粒が落ちてきそうな曇り空に、風もヒュ~~!
ねっ! たき火は当然でしょ_(^^;)ツ アハハ

結局たき火を囲み、他愛もない話しで時間を潰すだけ。
もはや誰もが釣りの方は諦めています。
すると 15:00頃、誰かの携帯の呼び出し音!
駄目元は最初、本当に携帯だと思ったのですヾ(--;)オィオィ

それはI上さんのセンサー音。
遠くの竿を見ると、どうやら本命が掛かっている様子。
急ぎ足で竿へと向かい、大きく竿が曲がった時には誰もが本命と確信。
しかし次の瞬間、 "あっ!" と言うメンバー達の声。
I上さん曰く、姿まで見えていたのに外れてしまったそうです。
あ~~あ、残念。
でも駄目元的には良かった、良かった。
だって、ようやくブログネタが出来たんだから_(^^;)ツ アハハ


結局動きがあったのはこの1回だけで、そのまま大会は終了。
悪い予感が当たってしまいました。
でも駄目元的には、久しぶりにこの場所の下見が出来たので、まぁ、良いか!
ちょっとした下調べは出来たので(^ー^* ) フフ♪

それはゴールデンウィークに開催される、豪華景品が付く本大会のため。
駄目元的には場所は3か所を考えているものの、この場所の様子がわからなかったのでね。
ここを通ってあそこまで車を入れて来て、狙うはあそこ・・・・・・
まだまだ先なのに、今から妄想が尽きません_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月25日 (月)

淀川 目標に向かって

今年は運よく、淀川では初めてとなる1月に鯉が釣れた年。
だったら折角なので、このまま毎月淀川の鯉をゲットするという密かな目標をたてた駄目元。
そして2月分を未だにクリアできないまま迎えた最後の週末。
当然ラストチャンスに賭けるしかないでしょう_(^^;)ツ アハハ


23日・土曜日、幸いにも今回も河川敷公園へ一番のり。
早速家族へ、場所が空いていたので釣りをするとのメール。
そして車から出ようとしたまさにその時、真横に一台の自転車が。
それは時々お会いする常連さん。
うわぁぁぁ~~~~~、ほんのちょっとの差。
でも、先に来たのは駄目元だからね!
間一髪セーフ、危ない危ない_(^^;)ツ アハハ

するとその常連さん、
「するんか?
 しゃ~~ない、譲ったるわ!」

だって。
駄目元は "すいませんね" と笑顔で返しながらも、
「はぁ~~~・・・・
 譲ったるって?
 なんやその上から目線は」

と、内心ではその些細な一言に引っ掛かっていました(▼⊿▼) ケッ!

そんな嫌な気分も直ぐに消え去り、9:30頃にはスタート。
前回は昼前にアタリがあったものの、やはり期待するのは 14:00前後のゴールデン・タイム。
とにかくセンサーが反応してくれるのを心待ちにしながら、ひたすら車の中で待機です(^ー^* ) フフ♪

この日は曇り空のうえ強めの風が吹き、車の中でも足元はひんやり。
そんな状況でもあの常連さん、ずっと竿の横にへばりついているんだから凄いよな!
軟弱者の駄目元には、到底真似はできません。
だから車に待機できるこの場所は、駄目元的冬季限定場所なのです_(^^;)ツ アハハ


さて釣りの方ですが・・・・・・
昼前、前回はアタリが来たよなぁ~~と何となく期待するものの、何事もなくスル-!
13:00頃、ゴールデン・タイムに合わせてエサ換え。
そして、いよいよ期待が高まるゴールデン・タイムへ。
しかし何事もなくスル-され、時間が経つとともに諦めムード。
結局何も起こらず、そのまま終了。
そして今年は2月に鯉を釣ることができず、早くも目標は砕け散ってしまいました_(^^;)ツ アハハ

まぁ良いさ!
これがボーズ常習犯の本来の姿。
この冬は駄目元らしからぬ釣果に、少しばかり浮かれていたんですよ_(^^;)ツ アハハ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

淀川 またしても・・・・

先週釣りに行かなかった分 "釣りに行きたい病" が悪化してしまい、週末は当然の如く淀川へ。
場所は例によって例の如く河川敷公園。
但し先客が居れば、今度こそ寒くてもあの鉄橋へ行くと心に決めて。
なぜなら、やっぱり2月にも鯉を釣りたいがための悪あがきです_(^^;)ツ アハハ


16日・土曜日、幸いにも例の河川敷公園にて釣り場を確保。
この段階で2月の鯉は、ほぼ手中にしたようなもの。
そんなポジティブ思考全開で、いつものように 9:30過ぎには2本の竿でスタート。
この冬のパターンでは 14:00前後にセンサーが反応するはずだから、それまではの~~んびりと。
もはや駄目元は余裕・余裕!
それほど最近の駄目元は、この場所との相性が良いのです( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ

この日は前日までの冷え込みが嘘のような暖かさ。
やわらかな日差しのおかげで、車のドアを開けていてもホコホコするほど。
この状況だと鉄橋への自転車釣行も、それほど寒くはなかったはず。
そんな日に限って河川敷公園が空いているんだから!
一度は冬場の鉄橋を試してみたいと思っているのに・・・・・・
おぉぉ~~~い、いったい何を愚痴ってるんだか?
罰が当たるぞ! _(^^;)ツ アハハ


この冬からエサ換えは、それまで90分おきだったものを2時間おきに延長。
それでも最近は、エサはしっかりと針に残ったまま。
だったら今回から、さらに3時間おきへと延長。
それもこれもエサが残っているなら大丈夫! との考えから。
要するに、横着者の本領発揮ってとこですよ。
何たって "釣れたらラッキー!" でやってますから_(^^;)ツ アハハ

一方で時間を逆算すると・・・・・・
3時間おきのエサ換えなら、1回目のエサ換えは 13:00前。
どうですか!
これだと 14:00前後のゴールデン・タイムにピッタリでしょう(^ー^* ) フフ♪

ところが今回は予想が良い方に裏切られ、11:40頃には早くもセンサーが反応。
聞き耳を立てると遠くから聞こえてくるリールのクリック音。
駄目元は駆け足で釣り場へ。
当然ですよね (^ー^* ) フフ♪


竿から伝わる感触では70前後。
今年も2月に鯉が釣れたと、もはや ( ̄∇ ̄*)ゞ エヘヘ 状態の駄目元。
あとはゆっくりゆっくり確実に!
すると危険地帯の方へと向かっていく鯉。
その方向には底に何らかの掛かりがあり、これまで何度か苦労しただけに少しばかり不安。
案の定、全くラインが巻けなくなりました(/・_・\)アチャ・・

さぁ、ここからは真剣勝負。
決して焦らず、掛かりから外すためにあれやこれや。
すると突然スッと軽くなって終了。
それはラインブレイクではなく、どうやら針掛かりが浅かったようですね。
仕掛けだけが上がってきましたo( _ _ )o ショボーン

「まぁ、良いさ!
 このあとゴールデン・タイムがやって来る。
 絶対に釣れるさ!」

はい、まだまだ余裕の駄目元です。
だって、前回までがそうだからヾ(--;)オィオィ


しか~~し・・・・・・
そのゴールデン・タイムの頃から空は曇りだし、風が吹き初めおまけに時々細かい雨まで。
今までのホコホコが嘘のように一気に寒々と。
┐(-。ー;)┌ ヤレヤレ 自転車釣行じゃなくて、良かった良かった! _(^^;)ツ アハハ

結局その後にアタリはなく、これで2連敗。
それでも前回の一瞬の重みを感じただけで終わった時と比べれば、今回は数十秒のやりとりがあったたげマシなのかな?
負け惜しみですけど_(^^;)ツ アハハ

さて、次回は早くも2月最後の週末。
いよいよ2月の鯉は難しくなりました。
それでも河川敷公園が空いてさえいれば、期待は出来るんだけど( ̄へ ̄|||) ウーム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

余裕なのかな(笑)

この3連休、どこか1日ぐらいは釣りに行くつもりだったのに、結局は行かずじまい。
既に初鯉を手にしている余裕なのかな?
釣りに行きたい病に、免疫が出来たのかもしれません_(^^;)ツ アハハ

まず土曜日は前夜の飲み会のあと、朝帰りでグッタリ・モード。
続いて日曜日は家でゴロゴロ。
その時は月曜日に行くと決めていたので、あえてパスしたんですヾ(--;)オィオィ
なぜなら月曜日の予報は、一時的に雨がパラつくあいにくの天気。
しかし駄目元にとっては有難い日。
だってそんな日に、わざわざ河川敷公園に来る人は居ないでしょう。
ということは絶対に釣り場は空いているはず。
駄目元としては誰にも邪魔されず、アタリがあるまで車の中で待機していれば良いだけのこと。
元々雨や寒波なんて気にしていないしね_(^^;)ツ アハハ

ところが当日は嫁さんから買い物へのお誘い。
そこで優柔不断な駄目元が悩むわけです。
1本釣れるかどうかなのに、わざわざ雨の日に行かなくても・・・・・・
ましてや既に初鯉は手にしているし・・・・・・
それも90オーバーを・・・・・・
というわけで余裕があるせいかそれらが抗体となり、釣りに行きたい病の症状が軽くなったんですヾ(--;)オィオィ
 

ただね、これが驕り(おごり)にならなければ良いんだけど。
気が付けば2月はボーズだった、なぁ~~んてね_(^^;)ツ アハハ
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«フィッシングショー大阪 2019