2022年9月25日 (日)

淀川 ジンクス

24日は早くも9月最後の土曜日。
それなのに9月になってからの初釣行。
決して釣りへの情熱が冷めているわけではないのに、最近はほぼ月いちのペース。
何故か週末の巡り合わせが悪いんだよな。
駄目元的七不思議ってとこか?
今回も台風でダメかも。
と思っていたところ、ほとんど影響なし。
だったら行くぞ! (^○^)ファイト!!

20220924_083347

ということで今回も暗いうちに現地に到着。
思った通りに草ボウボウ。
あ~~~あ、分かってはいても気が滅入る。
それよりも問題なのは、通称「離れ」の方で木の枝が大きく張り出していること。
「離れ」ではいつも2本の竿を並べるのに、この状況だと大物が掛かった時に苦労するのが目に見えている。
結局「母屋」と「離れ」それぞれ1本ずつの計2本で釣ることに。
まぁ正直なところ、竿が2本でも3本でもほとんど関係ないしね _(^^;)ツ アハハ


川の状況は気になる程度に流れが強い。
それでもたまにはバシャ~~ンと顔を見せてくれる。
でも全くアタリなし。
結局何事もなく 10:00頃には撤収。
予想通りでした _(^^;)ツ アハハ

実は今回、嫌な予感がしていたんです。
それは地震。
我が家で用意をしていた時に揺れを感じて・・・・・・
こりゃダメだ!
地震のあとに釣れた試しなし。
これ、駄目元的ジンクス。
だから釣れなくて当たり前。
ということで、次の週末も釣りに行けますように ヾ(--;)オィオィ

| | コメント (0)

2022年8月28日 (日)

淀川 久々の釣果

3週間振りとなる釣行。
場所はここしか頭にない地元の某鉄橋。
結果は久々の釣果があったものの、実は・・・・・・
まぁ、それでも善しとするか _(^^;)ツ アハハ

20220827_045249

先週は増水で断念しただけに、待ちに待ったこの週末。
絶対に行くぞ!
というわけで27日・土曜日。
例の如く暗いうちに現地に到着。
川の状況は良好で、あちこちで鯉がポチャン・ポチャン。
早速3本の竿を用意し、仕掛けを投げ入れたのは 5:00前。
それからは薄暗い中で恒例の草刈り。
実はメインはこちらだったりして (^^ゞポリポリ


さすがに8月も後半になると猛暑の頃とは違い、若干過ごしやすくなった感じ。
それでも直ぐに汗ポタになるので、休み休みの作業。
すると 5:00過ぎに突然のセンサー!
しかしクリック音はそれほど響かず。
半信半疑で竿を持つと抵抗はしてくるものの、どうも本命の引きとは違う。
ただフナにしたら大き過ぎるんだけど・・・・・・
?マークのまま寄せて来ると、その正体は60cmほどのアメリカナマズ。
う~~ん、まぁ一応これで釣果はありましたよ、釣果は。
でも全然嬉しくありません _(^^;)ツ アハハ

20220827_050820

久々の釣果が"アメマ"とはね。
それでも釣れないよりはマシかな。
てなことを思っていると、6:00過ぎに偶然目の前の竿先がグングン。
でもそれ以上は続かず終わり。
まぁ、所詮はこんなもんさ _(^^;)ツ アハハ

それからは顔見知りの人達に、久々の挨拶ついでに釣果の報告。
すると 7:15頃、いつものメンバー達が真後ろで休憩をしている時にセンサーが反応。
でも今回も、クリック音はそれほども響かない。
喜びも半分で竿を持つと、やっぱり小さいな。
結局上がってきたのは40cmほどの本命。
たしかに"アメマ"よりは良いけど、ちょっとね ヾ(--;)オィオィ

20220827_071836

結局は本命が釣れましたよ、本命が。
小さいけど。
さてと・・・・・・
これからは猛暑も過ぎたことだし、またちょくちょく通うとするか。
とりあえず80台を目指して V(^0^)

| | コメント (2)

2022年8月21日 (日)

これは想定外だ

20日・土曜日。
久々に気合が入り、夜明け前からいつもの某鉄橋へ。
しかし現地に着くと、暗い中でも感じ取れる強い流れ。
この場所でこれだけ流れが強ければ、確実に仕掛けを失うだけ。
そういえばこのところ、毎日のように淀川水域のどこかでゲリラ豪雨。
まさかこんな状況になってたとはね ε-(ーдー) ハァ

これは全くの想定外。
ということで気分屋の駄目元は一気にやる気を失い、我が家へとUターン。
結局はお盆休みの続きでゲームですわ _(^^;)ツ アハハ

| | コメント (0)

2022年8月16日 (火)

1週間の自宅待機(笑)

今日で1週間のお盆休みが終わり。
予定が無ければ某鉄橋に行く気はあったものの、結局は行かず仕舞い。
実はゲームにはまってしまって。
ほぼ毎日、クーラーで涼みながらのゲーム。
当然のようにチビチビ飲みながら。
もう完全なグ~~タラ。
さぁ~~て、明日からの社会復帰は出来るのかな(笑)

| | コメント (0)

2022年8月 7日 (日)

淀川 またまた草刈り(笑)

2週間ぶりとなる地元の某鉄橋。
クソ暑いのを避けて、早朝からの短時間。
結局は釣り場の整備だけ。
でもね、一応釣れましたよ、一応! (^^ゞポリポリ

20220807_080938

おそらく行ったところで、あんまり期待はできないはず。
それでもこのクソ暑いなか、わざわざ出向くのは何故か?
理由のひとつは釣り場の整備。
そう、草刈りです草刈り。
この時期、ちょっと油断をすると草ボーボー。
それが嫌でね。
ほんと、困った性格だ _(^^;)ツ アハハ


7日・日曜日。
例の如く暗いうちに現地に到着。
さっさと準備をし、仕掛けを投げ入れたのは 4:30過ぎ。
それからは予定通りの草刈り。
この時間帯は適度な風が吹いていたので助かった。
それでも結局は汗ポタでTシャツはぐっしょり。
分かっている事とはいえ、我ながらよくやるわ _(^^;)ツ アハハ

それからは顔見知りの人達と、簡単な挨拶を繰り返すだけ。
そして 8:00過ぎには早くも撤収作業を開始。
いくら鉄橋の日陰とはいえ、この時間になるとさすがに暑くてね。
すると30cmほどのフナが上がってきました。
だから一応は釣れましたよ、一応は。
さすがに写真には撮ってませんけど _(^^;)ツ アハハ

| | コメント (2)

2022年7月24日 (日)

淀川 久々なのに・・・・・・

約2か月振りとなる地元の某鉄橋。
アタリはあったものの、例の如くプッツン。
これさえ無ければ良い場所なのにな (^^ゞポリポリ


23日・土曜日。
6月の頭に釣行して以来、雨やら所用やらついでに寝坊やらと、何かとタイミングが合わずにズルズルと約2ヶ月。
今回こそはと決意をし、例の如く夜明け前に現地入り。
案の定草ボウボウの中、仕掛けを投げ入れたのは 5:00頃。
それからは予定通りの草刈り。
この場所は釣りをしている痕跡が、何となくあるんだけどな・・・・・・
誰も草を刈る者はおらんのかぁ~~い ヾ(--;)オィオィ

そんな時に何かを踏んづけてしまい、全く取れる気配なし。
その正体はルアー!
靴だから何ともなかったものの、草履だったら下手したらケガするぞ。
落とし物なのか、とにかく危ねぇよなぁぁ~~~ (▼⊿▼) ケッ!


草刈りのあとは久しぶりの釣行だけに、顔見知りの人達とお決まりの挨拶の繰り返し。
「久しぶりやな
 どうしてたんや」
などなど。
すると 6:40頃に突然のセンサー!
当たったのは目の前の竿。
心地良いクリック音を鳴らしながら、竿先は大きなお辞儀の繰り返し。
来たぞぉぉ~~~!
と喜びながら竿を持つと、掛かりに擦れるあの嫌なゴリゴリ感。
ヤバいなと思った次の瞬間、10号ラインがいとも簡単にプッツン。
久しぶりなのに、いきなり洗礼を受けてしまった o( _ _ )o ショボーン

これまで何度も何度も繰り返しているこの悪夢。
こんな場所だと分かってはいるものの、やっぱり落ち込むんだよな。
だからといってこの場所を、離れる気はサラサラ無し。
我ながら困った性格だ _(^^;)ツ アハハ


結局はあのプッツンだけ。
それでもアタリがあったたげ、善しとするか! V(^0^)

| | コメント (4)

2022年7月 9日 (土)

紀の川 ダービー宣言

急に思い立った紀の川釣行。
これまた急にダービー(紀の川での仲間内の年間大物賞)を狙いたくなって。
何故ならダービーが狙えるお気に入りのポイントで、再び釣りが出来るようになったから。
そうなると居ても立っても居られない。
仕方がないですね、病気なんだから _(^^;)ツ アハハ

20220709_064956

場所は小田井の堰。
護岸工事で長い間立ち入り禁止だったこの場所も、ようやく以前のように釣りが出来るようになった。
そうなれば元々好きな場所だけに、機会があればダービー狙いで夜釣りに行くぞ!
そんなところで急に思い立った8日・金曜日。
所要で休みを取っていたものの、早くに用が済んで昼過ぎからはフリー!
だったら行くぞとなったわけですよ _(^^;)ツ アハハ

20220708_165637

現地には 17:00頃に到着。
早速仲間達に突然遠征して来たことが分かるように、場所が特定出来る上の写真を送信。
ついでにダービー狙いも宣言。
そして4本の竿を出し終えたのが 18:00前。
この頃は心地良い風が吹き、以外と涼しくてまさにアルコールタイム。
今回は久しぶりに洋酒で。
これも一つの楽しみなんですよね _(^^;)ツ アハハ

20220708_180918

そんなところにF川会長がひょっこりと陣中見舞。
わざわざ気まぐれに付き合ってもらって有難う御座います。
でも本音は、今や、今掛かってくれ!
なんちゃって _(^^;)ツ アハハ


暫くしてF川会長と分かれた後は、やっぱり一人でチビチビとアルコールタイム。
すると 19:30過ぎに突然のセンサー!
来たどぉー! (^ー^* ) フフ♪

周りは若干薄暗くなってきているものの、まだまだ視界は良好。
それでも念の為にライトを装着してアタリ竿へ。
心地良いクリック音が鳴り響くなか竿を持つと、そこそこの手応え。
これはひょっとして80前後かな?
それでもここは余り根掛りを気にする必要がないので、余裕・余裕。
一方で僅かな時間の間に周りが一気に見えにくくなりライトを点灯。
準備をしていて良かった・良かった V(^0^)

鯉のパワーを十分に楽しんでゲットしたのは82cm
残念ながらダービーには届かなかったものの、幸先の良い80台。
これだけで来た甲斐があったというもんですよ (^ー^* ) フフ♪

20220708_194039 

幸先の良いスタートに気を良くし、この後2~3本は釣れるかもと妄想だらけ。
しかし残念ながらその後にアタリはなく、翌日の 8:00頃には早くも撤収作業を開始。
だってね、80台が釣れたんだから十分ですよ。
何よりダービー狙いを宣言した手前、このサイズなら一応面目が立つでしょう。
だから暑くなる前にさっさとね _(^^;)ツ アハハ

とにかく好きな場所で竿を出し、結果も付いて来たとなると言うことなし。
紀の川まで遠征した甲斐があったというもんです。
さてと、またその内にダービーを狙って遠征しますよ。
きっと! _(^^;)ツ アハハ

| | コメント (0)

2022年6月19日 (日)

紀の川 第62回一本勝負鯉釣り大会

62回目を迎えた紀州野鯉の会恒例の一本勝負鯉釣り大会。
今回も一泊二日の日程だけに、どうしても宴会がメインになってしまうんですよね。
でも釣果はありましたよ。
だって鯉釣り大会ですから _(^^;)ツ アハハ

20220619_045042

大会の日程は18日・土曜日の 8:00から19日・日曜日の 12:00まで。
場所は長らく護岸工事のために立入禁止となっていた小田井の堰。
この場所はお気に入りの一つでよく通っていたものの、今回は約3年振りとなる釣行。
「それだけにあのポイントならば!」
と密かに期待していたんです (^ー^* ) フフ♪


今回の参加者は5人。
その中で2番くじを引いた駄目元は、迷わず最下流のポイントへ。
しかしいざ準備に取り掛かると、急に悩み事が。
理由は宴会場所から200m以上も離れていること。
以前はそれほど気にはならなかったものの、今回はやたらと遠くに感じたんです。
これも歳のせいなのかな? _(^^;)ツ アハハ

結構悩んだものの悔いを残さないためにも初心貫徹。
何だかんだと 9:00頃には仕掛けを投げ入れ、それからは一度寝ることに。
睡眠不足なんでしょうね、少し頭が痛いんです。
でもいざ寝ようとしてもなかなか寝れません。
そんなところへ突然のセンサー
誰のや!
勘弁してくれ、寝たいのに ヾ(--;)オィオィ


時刻は 9:30頃で、当たったのはF川会長。
掛かっているのは間違いなく本命の鯉。
こうなると気になるのはそのサイズ。
そして足元まで寄せて来ると思っていた以上に大きく、サイズは81cm
あ~~あ、いきなり大会が終わってしまった。
ほんと、相変わらず空気の読めない人ですわ <(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

20220618_093617

それからは改めて寝ることに。
ふて寝じゃ、ふて寝。
しかし余り寝ることも出来ずに 10:30頃には宴会場所へ。
そこで少しずつ宴会モードに入ろうとしていると、11:00頃に誰かのセンサーが鳴ったような・・・・・・
それはTみさんのセンサー。
Tみさんがエサ替えをしようとしたまさにその時にアタリがあったらしく、ピピッとセンサーが鳴ったのです。
しかし掛かってきたのは小さなヘラ。
残念でしたね _(^^;)ツ アハハ


次に当たったのは 12:00頃でI上さん。
メンバー達が注目する中で姿を表したのはF川会長と同サイズ。
しかし検寸の結果は79cmで逆転はならず。
ただこの時トップのF川会長は所要でこの場にはいなかったので、サイズは伏せて写真だけを送りました。
さて、どんな反応をするのか楽しみだ _(^^;)ツ アハハ

20220618_120433

続いてのアタリは何と駄目元。
14:30頃にセンサーが反応し、持ち込んだ自転車でダッシュ・ダッシュ・ダッシュ!
それでも竿を持った時には相当ラインを出されたあと。
ただ手応えからは70前後を予想。
それだけに焦る事もなくゆっくりと寄せて来ると以外や以外、80を超えているのでは?
これはひょっとして・・・・・・
注目の倹寸結果は82.5cm
まさかまさか、トップに躍り出るとはね ъ( ゜ー^) イェー♪

20220618_144600

その後 15:00過ぎにI上さんに68が来たあとはアタリが無くなり、完全な宴会モードに突入。
居酒屋を営むF井さんから鰹のタタキの差し入れもあり、いつになくアルコールが進む・進む。
結局足りなくなって改めて買い出しに行くほど。
皆さん、飲み過ぎには注意しましょうね (^0^)/ ギャハハ

20220618_131042
20220618_150833

22:30頃になると睡眠不足の駄目元はいち早く就寝タイム。
ところが 0:00過ぎには目が覚めてボォーとしていると、突然F川会長のセンサー音。
こうなったら見に行くしかないか。
メンバー達に遅れながら付いて行くと、
「これは大きいかも」
とのF川会長の声。
しかし直後に「アッ!」という声。
残念ながらスッポ抜けてしまったようです。
その瞬間、駄目元は心の中でガッツポーズ!
良かったよぉ~~~ ヾ(--;)オィオィ


そのまま何事もなく夜が明けて、大会二日目最終日。
しかし誰一人としてアタリがないまま終了時刻となり駄目元が優勝。
そして二人目となる大会3連覇を達成。
次回は前人未到の4連覇へ挑戦。
楽しみだ! V(^0^)

| | コメント (2)

2022年6月 5日 (日)

淀川 忘れていた悪夢

目下のところ地元の淀川は連戦連勝。
この勢いでこの週末も当然某鉄橋。
ところが待っていたのはあの悪夢。
そうだった!
すっかり忘れてたわ (_ _。)・・・シュン

20220605_091430

5日・日曜日。
明るくなり始めた 4:30過ぎには仕掛けを投入。
これまでの状況からすると、アタリが来るのは 7:00前後。
それまでは顔見知りの人達と軽く挨拶を交わしながら待機。
すると 6:45頃に突然のセンサーと強烈なクリック音。
やっぱりこの時間帯だ! V(^0^)

竿を持ちゆっくりとドラグを締めるものの、一向に止まる気配のないライン。
この手応えは絶対に80オーバー。
ただ何となく感じる、何かをこするゴリゴリ感がちょっとした不安。
だから決して無理をせず・・・・・・

ところが突然ラインがプッツン。
そう、スッポ抜けではなく明らかに切れた感触。
この場所は根掛かりを前提として7号の先糸を付けているにもかかわらず、結果は10号ラインがいとも簡単に。
そうだよな。
ここは無茶苦茶な場所だった _(^^;)ツ アハハ

これまではある試みで6連続の取り込みに成功。
だから最近は根掛かりの事が余り気にならなかったのに・・・・・・
今回は運が悪かったのか、今までが良すぎたのか。
結局はこのプッツンのみ。
あ~~~あ、絶対に80オーバーだったのにな _(^^;)ツ アハハ

| | コメント (2)

2022年5月29日 (日)

淀川 この時期は鉄橋だな(笑)

前回の紀の川のリベンジを果たすべく、いつもの某鉄橋へ。
今ならおそらく釣れるだろう。
そして予想通りの結果。
駄目元にとってこの時期は、某鉄橋が最高だな V(^0^)

20220528_051532

28日・土曜日。
今は某鉄橋にとって最高の時期。
それだけに90台を夢見て、夜明け前から某鉄橋へ。
いつものように3本の竿で釣り始めたのは 5:00前。
それから暫くは草刈りでポイントの整備。
面倒でもこれからの季節、手を抜くと後々大変なので _(^^;)ツ アハハ


何人かの顔見知りと挨拶を交わしたあと 7:00過ぎにやって来た御一行が、いつものように駄目元の真後ろで休憩。
その中の一人が前々から、
「センサーが鳴るところを見たい」
と言われるものの、そんなにタイミング良くアタリが来るわけがない。
と思っていると来たんですよ。
ついに! (^ー^* ) フフ♪

7:20頃、突然のセンサーと心地良いクリック音。
タモを手に竿へと急ぐ駄目元。
その後ろで大騒ぎの御一行達。
当然ですよね _(^^;)ツ アハハ

竿を持ちドラグを締めると、ラインが真っすぐ前方へと伸びて浮かんでくる。
これは鯉がある程度底を切り、根掛かりとは無縁の状態でまずは一安心。
「そんなに大きくはないな!」
など、御一行達と雑談しながらの対応。
駄目元は余裕です _(^^;)ツ アハハ

この鯉はスプリンターのように走り、時には方向チェンジ。
そして運悪く、隣の遊動ウキの向う側を通過。
ブッコミでラインを張っている状態ならば難なく対応できるものの、遊動ウキをかわすのは神頼み。
案の定隣のラインを引きずりながらのやりとりに、一気に余裕が無くなる駄目元。
ちょっとマズイかも ( ̄へ ̄|||) ウーム

それでも何とか足元まで寄せて来ると、御一行の中の一人がタモ入れのアシスト。
これが何だか危なっかしい。
すくいあげるために、タモで鯉を追いかけるんですよ。
「動かさないで
 こっちから入れるから」
とか何とかで無事にネットイン。
でも今度はタモを水平に持ち上げようとするもんだから、
「無理・無理
 折れてしまう」
とこれまたヒヤ・ヒヤ!
でも本人は、
「俺がすくったんやぞ!」
とプチ自慢。
何はともあれ良かった・良かった V(^0^)

20220528_072933

釣り上げたのは74cm
正直なところサイズ的には不満があるものの、釣れた事には満足。
その辺りを良く理解している御一行は、
「大きいな!
 でも、もっと大きいのが釣れるんよな」
と、駄目元の心を代弁。
連続ボーズの時期や奇跡的な90台など、駄目元の釣果のほとんどを知っているだけの事はある。
さすがです! _(^^;)ツ アハハ


結局はこの1本のみ。
それで充分。
それよりも嬉しい事に、これで6連続の取り込み成功。
これまでは激しい根掛かりで半数近くが取り込めなかった事を思うと、これは奇跡的なこと。
その裏にはちょっとした試みが。
その成果が出ているのかな?
一方ではそのために不本意な事も。
でも今のところ結果オーライだから、まぁ、良いか! V(^0^)

| | コメント (2)

«紀の川 第19回紀の川鯉釣り大会